マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 12:白石 知己(群馬) vs. 栗原 伸豪(東京)

Round 12:白石 知己(群馬) vs. 栗原 伸豪(東京)

By Daisuke Kawasaki

 日本選手権には相性がいい、という栗原 伸豪(東京)は、順調に勝ち星を挙げ、今大会のフィーチャリング回数では一番なのではないかというくらいにフィーチャリングされている。

 もはや、栗原とマッチアップされる=フィーチャリングされるという法則が成り立っているといっても過言では無いだろう。

 そんな栗原とこのラウンドでマッチアップされたのが白石 知己(群馬)である。

白石 「群馬からだと、板橋が近いので、よく五竜杯に参加させてもらってましたね」

 たね?

白石 「今年から社会人になったこともあって、板橋への遠征の回数が減っているんですよ」

Game 1

b 先手の栗原は、マリガンスタートから、なおかつ1ターン目のセット《苔汁の橋/Mosswort Bridge》の秘匿の内容も《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》か《遺産のドルイド/Heritage Druid》の2択というふるわない展開。

 やっと栗原が2ターン目に《献身のドルイド/Devoted Druid》をキャストした返しで、すでに白石の戦場には《遺産のドルイド/Heritage Druid》《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》《献身のドルイド/Devoted Druid》が並んでしまう。

 ここで栗原は《献身のドルイド/Devoted Druid》の能力を使用して、5マナを捻出し《原初の命令/Primal Command》をキャスト、白石の土地をライブラリーのトップに積み込むとともに《威厳の魔力/Regal Force》をサーチする。

 これにお返しとばかりに白石も《原初の命令/Primal Command》。白石は栗原の《苔汁の橋/Mosswort Bridge》をライブラリーのトップに戻し、《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》をサーチ、《遺産のドルイド/Heritage Druid》のおかげで、この《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》が即戦場に出される。

 栗原にとって見れば、《苔汁の橋/Mosswort Bridge》に秘匿されていた《遺産のドルイド/Heritage Druid》をもう一度別のカードに変化させるチャンスを得たことが、大惨事の中で、本当に、本当に小さな幸せといったところか。

 ここで今度は《原初の命令/Primal Command》を秘匿した栗原。だが、白石の2枚目の《原初の命令/Primal Command》によって、これもまたキャンセルされてしまう。

a 白石は《威厳の魔力/Regal Force》をサーチ。《遺産のドルイド/Heritage Druid》と《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》からのマナで《威厳の魔力/Regal Force》をキャストする。

 ここで6枚のカードがドローされるのを見ると、栗原は白石がターンを終了するよりも先にゲームを終了させることを選択した。

白石 1-0 栗原

Game 2

 先手の栗原はまたもマリガン。

 《苔汁の橋/Mosswort Bridge》を2枚セットし、やっと《遺産のドルイド/Heritage Druid》キャストという、上々とはお世辞にも言えない立ち上がり。

 一方の白石は《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》2枚に《献身のドルイド/Devoted Druid》と、十分にマナを確保できる展開。

 栗原は《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》をキャストするのだが、返しのターンで《原初の命令/Primal Command》をキャストされたことで、投了を余儀なくされるのであった。

白石 2-0 栗原

白石 「社会人になった、ってのもあるんですけど、遠征の回数が減った理由、もうひとつあるんですよ」

 冒頭のインタビューの後に、白石は言葉を重ねた。

白石 「もともとブックスナガシマってお店でマジックやっていたんですけど、最近はブックスナガシマとも提携した大会として髭杯っていう大会が群馬で開催されるようになって、大会自体が群馬で増えたんですよ。おかげで遠征の回数が減りましたね」

 日本選手権の資格を獲得した白石の為に、調整を手伝い、Tシャツまで作ってくれた髭杯を運営する有志たち。

 彼らに勇姿を見せ、そして恩に報いるためにも、来年の日本選手権は群馬でやりたいですね、と白石は力強く語った。

 白石、トップ8入賞確定。

前の記事: Round 11:浅原 晃(神奈川) vs. 三田村 和弥(千葉) | 次の記事: Deck Tech:黒田 正城「親和エルフ」(Video)
イベントカバレージ/日本選手権09 一覧に戻る

イベントカバレージ