マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝:藤本 太一(東京) vs. 塩田 有真(岡山)

準々決勝:藤本 太一(東京) vs. 塩田 有真(岡山)

By Tomohiro Kaji

 ついに始まった決勝ラウンド。
日曜日の全ての試合3本先取となっており、普段よりもサイドボードがとても重要な対戦になっている。
そして、上位4名が日本代表のとして世界選手権に招待されるため、非常に大きなものの懸った準々決勝が始まった。

ks

 塩田のプレイするデッキは、今大会で最も活躍している新アーキタイプの親和エルフ。
対する藤本は{R}{B}Blightningと、メインは藤本が有利だが、サイドボード後は不利になるため、1ゲーム目の結果がマッチの結果を大きく左右しそうだ。

Game 1

 軽く二つのダイスを振った塩田は2のゾロ目。
fujimoto
 対して藤本は、1つ目のダイスで1を出し、おどけながら2つ目のダイス振ると6の目が。
 ちょっと笑顔になった藤本はもちろん、先攻を選んだ。

 しかし、その藤本の初手は、《運命の大立者/Figure of Destiny》と2枚の《地獄火花の精霊/Hellspark Elemental》に、土地4枚。

 先攻とはいえ、こんな中途半端なハンドでは勝てないと判断し、マリガンを宣言する。

 だが藤本は、キープできるハンドに恵まれず、マリンガンに続くマリガンで、先攻4枚というとても寂しいキープハンドとなってしまう。

 《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》《山/Mountain》と、土地をプレイするのみの藤本に対し、塩田は《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》《エルフの幻想家/Elvish Visionary》と、順調にクリーチャーを展開しダメージを稼ぐ。

 塩田は戦場に《遺産のドルイド/Heritage Druid》を追加しようとすると、藤本はマナを増やさせないために《マグマのしぶき/Magma Spray》を対応して《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》を除去。《献身のドルイド/Devoted Druid》対応して《稲妻/Lightning Bolt》を《遺産のドルイド/Heritage Druid》へと、一貫して5マナへの到達を防ごうとするカードのやり取りが続く。

 だが、藤本にとってトリプルマリガンの壁は厚く、1対1交換を続けてもゲームには勝てない。

 さらに、塩田の伸びたマナから《原初の命令/Primal Command》をキャストされ、土地を戻しつつの《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》をサーチと、さらにアドバンテージの格差を作られてしまう。

 この優位を生かし、塩田は《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》から2体のエルフを探し出すと、《威厳の魔力/Regal Force》を戦場に加え、一気にゲームを終わらせにかかる。

 その間、ドローゴーしかできない藤本は、さらに追加された《威厳の魔力/Regal Force》を前に《呪詛術士/Anathemancer》を出してはみるが、塩田に《苔汁の橋/Mosswort Bridge》から《流刑への道/Path to Exile》をキャストされた時点で投了した。

塩田 1-0 藤本

Game2

 初戦に敗れた藤本は、先攻でゲームを始めるのではなく、後手を選択した。
shiota
 なぜなら、このマッチアップはお互い軽いカードが多く入っており、除去とクリーチャー1対1交換がたくさん起こることから、《運命の大立者/Figure of Destiny》や《地獄火花の精霊/Hellspark Elemental》をサイドアウトし、《死の印/Deathmark》《叫び大口/Shriekmaw》を投入してBlightningコントロールに変形サイドボードしたからだ。

 そして、そのプランに追い風となる塩田のダブルマリガンで、ゲームが始まる前から立場が逆転した。

 塩田のプレイした最初の土地は《樹木茂る砦/Wooded Bastion》2枚と、怪しい立ち上がり。対する藤本は、《野蛮な地/Savage Lands》から順調に《山/Mountain》を並べると、案の定、塩田は土地が止まってしまう。

 塩田は、ドローゴーしている間にマナを伸ばし続けていた藤本に《復讐の亜神/Demigod of Revenge》をキャストされ、《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》から《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》を探して時間を稼ごうとするも、追い打ちの《復讐の亜神/Demigod of Revenge》の登場で、藤本は塩田のライフを削りきった。

塩田 1-1 藤本

Game 3

 ここでなんと、塩田も今度は後手を選択。

 藤本のゲームプランは、カードアドバンテージがカギを握ることに気付き、塩田もプランを変えてきたようだ。そしてこのマッチ初めての、お互い7枚の手札をキープしてのゲームが始まった。

 《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》に《稲妻/Lightning Bolt》。

 《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》は、《炎の投げ槍/Flame Javelin》。

 2枚目の《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》には2枚目の《稲妻/Lightning Bolt》と、5マナにたどり着きたい塩田と、それを防ぐ藤本の攻防が続く。

 気づけば塩田は土地だけで5枚並べられたのだが、《原初の命令/Primal Command》をもっていなかったようで、3枚目の《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》をキャストするに止まる。

 藤本は、《火山の流弾/Volcanic Fallout》を抱えているが、《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》以外にもクリーチャーを巻き込みたいので、少し様子を見ることいした。

 すると、召喚酔いが解けても塩田はアタックしないでターンを終えた。

 いやーな予感。

 もちろん予感は的中し、《雲打ち/Cloudthresher》が登場すると黒除去を持たない藤本は《復讐の亜神/Demigod of Revenge》でダメージレースをしてみるが、間に合うことはなかった。

塩田 2-1 藤本


Game 4

 もう後のない藤本は、再度後手を選択。

 塩田は《平地/Plains》から《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》、さらに《避難所の印/Mark of Asylum》と、強力なサイドボードカードを展開する。

 それに対して、ターン終了時に藤本は対象のなくなった《稲妻/Lightning Bolt》をプレイヤーに打ち込み、自ターンでは《荒廃稲妻/Blightning》とライフを直接攻め立てる。

 ここで3枚目の土地の止まってしまった塩田は、緑マナ不足もありエルフの展開が思うようにはいかない。

 この間にフィニッシャーでゲームをさっさと終わらせたい藤本だが、引いてくるカードは《叫び大口/Shriekmaw》ではなく《死の印/Deathmark》。

 悪くないカードだが、藤本がマナを余らせている間に、塩田はマナトラブルを解消されてしまう。

 その間の塩田のキャストするクリーチャーも、《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》、《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》と1/1しか現れない。
何か1枚引ければ藤本は逆転ができる状態なのだが、どんな小さなダメージクロックも十分なターンさえあればゲームに勝てるわけで。

藤本 「1本目取って、自然に後手取りたかったな」

塩田 3-1 藤本

前の記事: 準々決勝:津村 健志(広島) vs. 白石 知己(群馬) | 次の記事: 準々決勝:中村 修平(大阪) vs. 坂口尚紀(愛知)
イベントカバレージ/日本選手権09 一覧に戻る

イベントカバレージ