マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝:渡辺 雄也(神奈川) vs. 石川 錬(神奈川)

準々決勝:渡辺 雄也(神奈川) vs. 石川 錬(神奈川)

by Akira Asahara

 日本選手権も3日目に入り、あとは選ばれたものから、日本代表、そして、日本王者を決めるのみとなった。そして、ここに神奈川から2人、同郷対決である。

 渡辺は昨年度のルーキーオブザイヤーにも輝いた関東でも屈指の若手プレイヤーで堅実なプレイングに定評がある。関東の大会に通っているものなら、彼の名を知らない人はいないだろう。日頃から哲学と人生について研究を重ねていることでも知られる努力家だ。

 そして、対するは石川 錬(神奈川)。IRや石川"ベレ"錬の愛称で呼ばれているプレイヤー。デッキに《ジェイス・ベレレン》は必要ない。何故なら、俺自身が《ジェイス・ベレレン》だからだ。と言ったかは定かではないが、関東のデッキビルダー"ラッシュ"こと高橋純也を支持するラッシュ四天王という集団のひとりである。

 使用するデッキは共にフェアリー。日本選手権の準々決勝は奇妙な組み合わせになっていて、トップ8に残ったデッキの内の3卓がアーキタイプ的には同型対決になっている。よく、マジックでは同型対決は運の要素が強いなどと言われるが、それはデッキタイプによって異なる。

 準々決勝では、クイックントーストと呼ばれる5色コントロールと親和エルフ、フェアリーがそれぞれ同型対決を行っておち、クイックントーストのような重度のコントロールなら、サイドボードも含めたデッキ構成が勝敗の大半を左右するし、親和エルフは相手に干渉する要素が少ないので先にコンボを決めた方が勝つので運の要素が強い。個人的にはフェアリーは展開によって差があり、《苦花》ゲーなどとも呼ばれるが、基本的にはプレイングの要素が強いように思えるがどうだろうか。

 これを長い間フェアリーデッキを愛用している渡辺に尋ねてみると

渡辺 「かぶりものですね」

 と心地よく答えてくれた。まったく意味不明である。

渡辺 「今日は、PWC(関東の大会、プレインズウォーカーカップ)のTシャツを着てきました。みんなの魂をしょっている、つまりかぶっているんですよ。」

 つまり、フェアリーの強さはかぶっているものの強さということだろうか、にわには信じられないが...石川?の登場で場内が一気にざわついた。

uma

 馬である。

 渡辺の対戦相手は実は馬だった...というわけではなく、これは多分かぶりものであろう。

 早くも緊迫した空気があたりに立ちこめる。

 これからの展開は予想もつかないが、間違いない事実が一つ判明した。フェアリーの同型対決の鍵はかぶりものなのだろう。

Game 1

 ということで第1ゲームがスタート

 先手は渡辺でマリガンチェック。

 渡辺は《島》《島》《苦花》《呪文づまりのスプライト》《コショウ煙》《霧縛りの徒党》《誘惑蒔き》の手札を見るなり、

渡辺 「やばい、飲まれてる」

 とつぶやく。黒マナさえあればという手札だが、これをマリガン。石川もマリガンし、お互い1回ずつマリガンしてゲームスタート。

ir 最初に動いたのは渡辺、《ジェイス・ベレレン》を唱えてこれが通って戦場へ。お互いのデッキの主な違いは渡辺はメインから《ジェイス・ベレレン》を入れているのに対し、石川はサイドにも1枚も取っていない点だろう。石川は返しのターンに《ヴェンディリオン三人衆》を戦場へ送り、渡辺の手札の《苦花》をライブラリーへ戻す。

 フェアリー同型にはいくつかのゲームパターンがあるが、《苦花》と《ジェイス・ベレレン》といったキーカードの特徴として、片方だけが戦場に出ている時間があり、その間が長ければ一方的にアドバンテージを取れる。フェアリー同型がワンサイドゲームになりやすいのはそういった部分が強いからで、場とライフ、手札と干渉する要素は違うが、《ジェイス・ベレレン》が出てしまった以上、後は守るかそれを崩すかのゲームに変わっていく。

 渡辺は返しのターンに《誘惑蒔き》で《ヴェンディリオン三人衆》のコントロールを得る。石川も返しに《苦悶のねじれ/Agony Warp》で除去するが、渡辺は再び《誘惑蒔き》。次のターン、石川は渡辺のターンのエンドに《謎めいた命令》を《誘惑蒔き》にバウンスドローで打つも、《砕けた野望》X=2で弾かれる。

 この攻防で渡辺は大きく得をする。結局のところターンの経過が石川にとっては致命傷であるということは、石川は何らかのアクションをしなくてはいけない、ゆっくりできなかった結果がこれである。《ジェイス・ベレレン》によって、手札の供給が常にある渡辺はターンの経過そのものが天秤を有利な方向へと傾けていく。

 最終的には石川の引きが芳しくなかったこともあり、最後の《コショウ煙》を3連発するものの、《ウーナの末裔》と《謎めいた命令》でかわされてしまい、煙も立たずにゲームセット。

石川 「コショウだけ3枚引いたんだけど」

石川

イン

3《思考囲い》
1《コショウ煙》
2《対抗突風》

アウト

3《ヴェンディリオン三人衆》
1《霧縛りの徒党》
2《苦悶のねじれ》

渡辺

イン

3《思考囲い》
1《ジェイス・ベレレン》
1《コショウ煙》
1《誘惑蒔き》

アウト

3《霧縛りの徒党》
2《砕けた野望》
1《ヴェンディリオン三人衆》


渡辺 1-0 石川

Game 2

今度は石川が先手。

 《島/Island》《変わり谷/Mutavault》《苦花/Bitterblossom》×2《コショウ煙/Peppersmoke》×2《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》の手札をマリガン。1ゲーム目の渡辺と同じく、黒マナの出ない手札をマリガンする。その時、山札の上を見て、

石川 「やらなくてよかったー」

渡辺 「そういうのみない方がいいよ、後悔するだけだし」

石川 「いや後悔しても絶対見る、運の流れを感じるんだよね」

渡辺 「!?!?」

といった微笑ましいトークが行われている。プレイヤーにもいろいろなタイプがあるということだろう。
お互いに1マリガンしてゲームスタート。

 お互い《苦花》もなく、3ターン目に石川が《変わり谷/Mutavault》で攻撃するものの、あとのターンはアクションも無くひたすら土地を置き続ける両者。そして、勝負が動きだしたのが、お互い8枚の土地が並んだとき。石川のターンエンドに、渡辺は《ウーナの末裔》を唱え、それを石川が《謎めいた命令》でカウンターする。

 このように土地が伸びる展開になった場合に重要なのはマナの使い方、使わせ方だ。お互いに手札多くカウンター呪文を抱えているため、自分のターンに呪文を唱えても、カウンターによって1対1交換でしかなく、しかも、対戦相手のターンに隙が出来てしまう。

 つまり、相手のエンドに相手に何かマナを使わせる行動が出来れば、そこからメインへと繋げることができる。渡辺ももちろん《ウーナの末裔》が通るとは思っていない、ここで、軽い除去でなく、《謎めいた命令》を打たせたことがこの試合の大きなポイントになった。

 これによって、渡辺のメインでの使えるマナが渡辺8マナ、石川が4マナ。このマナ差によって、渡辺は《ジェイス・ベレレン》を戦場へ送り出すことに成功する。石川はこれを通し、エンドに《ウーナの末裔》を出すが、これは《苦悶のねじれ》で墓地へ。ここから、再び《ジェイス・ベレレン》を廻った攻防が行われる。石川も返しで2体の《変わり谷》でアタックし忠誠度を1まで減らすも、+2の能力を持つ《ジェイス・ベレレン》はそこからが遠い。お互いドローを繰り返し、しぶとく生き残る渡辺の《ジェイス・ベレレン》。

 さらに、渡辺の戦場に《ガーゴイルの城》からのガーゴイルトークンも加わり場は膠着の方向へ進んでいく。こうなるとスーパージェイスタイムの始まりだ。

 ドロー。ドロー。お互いドローを1セットとして継続し、アドバンテージを稼いでいく《ジェイス・ベレレン》。渡辺の手札は通常ドローに加えて、9枚まで膨れ上がる。そこから《思考囲い》で仕掛ける渡辺。そのターンの石川はそれを《呪文づまりのスプライト》で退けるが、次のターンも、同じような形で《思考囲い》。

 ここで、石川は《謎めいた命令》をカウンター、バウンス(対象をガーゴイルトークンに)指定して、一気に盤面を有利にもっていく作戦に出る。石川の場には《呪文づまりのスプライト》が2枚、同じ行動の先のターンに《謎めいた命令》を使わなかったのは、フェアリーの数が足りなかったからだ。渡辺は《謎めいた命令》で、石川の《謎めいた命令》を打ち消そうとするが、石川は手札から3枚目の《呪文づまりのスプライト》を出し、《変わり谷》をクリーチャー化するといった動作をとる。これによって、前のターンになった《呪文づまりのスプライト》が布石となって、渡辺の《謎めいた命令》をケアしている形になっているのだ。

 しかし、ここで問題が発生する。石川の宣言の仕方が、《呪文づまりのスプライト》をキャストしてから《変わり谷》をクリーチャー化するといったものだったのだが、一回《呪文づまりのスプライト》をキャストした際の宣言の仕方が、優先権を放棄したものとしてみなされてしまったのだ。現在のフロアルールでは、まず、連続してスタックを乗せることを宣言してから《呪文づまりのスプライト》をプレイするべきであるというのが、基本的になっており、それを怠ったという裁定が下ってしまう。

ir

 つまり、《呪文づまりのスプライト》は《謎めいた命令》を対象に取れないことになってしまう。石川はやむなく《思考囲い》をカウンターするが、《謎めいた命令》を通さなければ、返しで渡辺の《ジェイス・ベレレン》を破壊できただけに、一気にパワーバランスは渡辺に傾いた。

 皮肉にも、その後は渡辺のガーゴイルトークンが石川を攻撃しつづけ、致命傷を与えることになった。

石川「でっかい最悪だ!」
 
渡辺 2-0 石川

Game 3

先手、石川。

s お互いキープするが、石川はため息をつく。《水没した地下墓地》をセットしてターンを返すと、渡辺は《思考囲い》。石川の手札には《思考囲い》と《苦花》が、ため息の理由は、1ターン目に打てない《思考囲い》ということだろう。それ以外は申し分ない手札である。今のフェアリーは基本的に今までは《地底の大河》だった部分が、《水没した地下墓地》になっており、1ターン目に黒マナが出る確率は低い。
 これを考えると、石川の動きが普通であり、そして、渡辺はついている。ベストなタイミングでの《思考囲い》に勢いというものを感じるなら、すでに1ターン目に勝負の衰勢は決まっているとさえ思える。それほどまでにこの1ターンは大きいのだ。

 逆に石川も《思考囲い》で返し、渡辺の手札は《コショウ煙》×2、《苦悶のねじれ》《誘惑蒔き》《沼》《変わり谷》から、《誘惑蒔き》を落とす。

石川 「びみょーな手札しやがって」

 自分の手札に比べてというのが本音かもしれない。そこからはセットランドから、お互いゴーの展開になる。しかし、石川は土地が5枚で止まってしまい、渡辺は順調に土地を伸ばしていく。ついには、石川はディスカードを開始してしまい、一気に戦況は渡辺側へ傾く。

 マナの差は行動の差だ。渡辺は《変わり谷》で攻撃しつつ十分なマナを残している。石川は手札を使いたくても使えない。この状態で、じりじりと石川はライフを削られていく。

 そして、石川 ライフ8、渡辺 ライフ18。

 ここで石川は《思考囲い》で《謎めいた命令》を落とすも、ライフ6。返しのターンで《変わり谷》の攻撃は《変わり谷》で相うちを取る。渡辺の手札にカウンター呪文を確認しており、逆転の望みを掛けて、《霧縛りの徒党》をメインで覇権するも...。

渡辺 「《誘惑蒔き》デース」

石川 「どないせいっちゅーねん」

渡辺 3-0 石川

uma

前の記事: 準々決勝:中村 修平(大阪) vs. 坂口尚紀(愛知) | 次の記事: 準決勝:中村 修平(大阪) vs. 塩田 有真(岡山)
イベントカバレージ/日本選手権09 一覧に戻る

イベントカバレージ