マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準決勝:中村 修平(大阪) vs. 塩田 有真(岡山)

準決勝:中村 修平(大阪) vs. 塩田 有真(岡山)

By Tomohiro Kaji

ks

 世界選手権の権利は確定した両名。

 しかし、ここで勝てば日本代表戦に参加できるので、特に追加のプロポイントを1点でも欲しい中村はこの対戦には是非とも勝ちたいところ。

 中村のプレイするデッキはQuickenToastで、メインボードに入っている《火山の流弾/Volcanic Fallout》と《神聖なる埋葬/Hallowed Burial》という2大全体除去が、塩田のプレイするエルフには劇的に効くのだが、サイドボード後の《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》や《大貂皮鹿/Great Sable Stag》が3本先取という決勝ラウンドにどう影響するのだろうか。

Game 1
 
 中村の先行、塩田のマリガンからゲームがスタートする。

 塩田の《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》から《エルフの幻想家/Elvish Visionary》に対し、中村は《火山の流弾/Volcanic Fallout》をキャストし、場を流す。負けじと《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》、《遺産のドルイド/Heritage Druid》を塩田が戦場に出せば、中村は《神聖なる埋葬/Hallowed Burial》で、盤面をきれいに保つ。

 まさにコントロール対ビートダウンな応酬に、《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》をキャストした返しで、ストレートに伸びた7マナから中村は《残酷な根本原理/Cruel Ultimatum》をキャストする。

 一気に優位を築いた中村に対し、塩田は手札0もクリーチャー0。

 ここから塩田は《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》を引き込み、2枚の《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》を追加するも、またも《火山の流弾/Volcanic Fallout》。

 次のターンも、《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》を引き込み、《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》を呼び出すが、三度《火山の流弾/Volcanic Fallout》。

 さすがに塩田はドローゴーするしかなくなると、中村は再度《残酷な根本原理/Cruel Ultimatum》をキャストした。

中村 1-0 塩田

Game 2

s またもマリガンスタートとなった塩田は、《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》と、《エルフの幻想家/Elvish Visionary》と、1ゲーム目と全く同じスタートを切る。
中村は中村で、鮮烈土地を並べる展開。

 塩田は3ターン目に《大貂皮鹿/Great Sable Stag》を戦場に追加すると、中村は軽くため息。このクリーチャーは、一回場に出てしまうと2色のプロテクションに守られており、全く触れることができないために、対処するのがとても困難だからだ。

 中村は《羽毛覆い/Plumeveil》を呼びだしたはいいが、壁は青く、しかも手札は黒除去ばかりと、《大貂皮鹿/Great Sable Stag》の止まる気配はない。

 塩田の追加する《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》や《原初の命令/Primal Command》にはしっかり対処できるのだが、《大貂皮鹿/Great Sable Stag》のクロックは止まらず、そのままこの1枚のカードに殴りきられてしまった。

中村 1-1 塩田

Game 3

 3度キープの中村に対し、対照的に3度マリガンの塩田。

 だが、2ゲーム目を見る限り、カードの枚数が重要ではないようだ。

 塩田は《苔汁の橋/Mosswort Bridge》でカードを秘匿するスタートを切り、《エルフの幻想家/Elvish Visionary》から、先ほど活躍した《大貂皮鹿/Great Sable Stag》につなぐ。

 いつ戦場に現れるかわからない《羽毛覆い/Plumeveil》のために、塩田はエルフ達の攻撃は止まったのだが、そんなことお構いなしと《大貂皮鹿/Great Sable Stag》は戦闘に向かう。

 塩田のキャストした《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》に対し、中村はノータイムで《破滅の刃/Doom Blade》と、塩田のマナを伸ばさないためにマナクリーチャーを処理していくのだが、土地だけで5マナまでたどり着かれてしまい、塩田は《原初の命令/Primal Command》で中村の土地をライブラリーに戻しながら2枚目の《大貂皮鹿/Great Sable Stag》を探し出した。

 1枚目の《大貂皮鹿/Great Sable Stag》ですら対処できない中村は、《謎めいた命令/Cryptic Command》を、攻撃の前にクリーチャーをタップさせることのみにしかキャストできず、中村は《熟考漂い/Mulldrifter》を想起し、《神聖なる埋葬/Hallowed Burial》を探すが、止まらない6点のクロックは、残りのライフを削り取るのに2ターンと必要としなかった。

中村 1-2 塩田

Game 4

 先手の中村が1ターン目にプレイしたのは《島/Island》と珍しく、続く《沈んだ廃墟/Sunken Ruins》から、塩田の初動である《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》を《破滅の刃/Doom Blade》したが、またも登場する《大貂皮鹿/Great Sable Stag》に頭を悩ませる。

kenji だが、今回は逆に、塩田のクリーチャーは《大貂皮鹿/Great Sable Stag》
のみなので、それなら仕方ないと、中村は余ったマナを使って《エスパーの魔除け/Esper Charm》でカードを引きます。
そして追加された塩田のクリーチャーを《死の印/Deathmark》しながら《エスパーの魔除け/Esper Charm》、さらに《エスパーの魔除け/Esper Charm》。

 さすがにドローしている量が違うため、みるみる手札の枚数に差が出てくるが、その分中村は《大貂皮鹿/Great Sable Stag》によるダメージでライフは危険水域。
そろそろ《神聖なる埋葬/Hallowed Burial》か何かを引かなければ、というところで引いた《ルーンの光輪/Runed Halo》で《大貂皮鹿/Great Sable Stag》を指定すると、塩田はもう何もできなくなってしまった。

 丁寧に、《エスパーの魔除け/Esper Charm》で塩田の手札を捨てさせつつ、《熟考漂い/Mulldrifter》を使いさらにカードを引きまし、《残酷な根本原理/Cruel Ultimatum》をキャストすることで塩田を投了に追い込んだ。

中村 2-2 塩田

Game 5

 流れがわかってしまったのか、大事な5ゲーム目に塩田は先行ダブルマリガンと、かなり厳しい。


 《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》から、2枚の《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》と、クリーチャーの展開は良いのだが土地が1枚で止まってしまった塩田。
《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》だけ《苦悶のねじれ/Agony Warp》で除去し、ブロッカーとして中村は《羽毛覆い/Plumeveil》キャストするが、《流刑への道/Path to Exile》で4/4飛行は《島/Island》に変わってしまう。

 ならばと、中村は丸ごと《火山の流弾/Volcanic Fallout》してしまい、後続の《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》も《謎めいた命令/Cryptic Command》でシャットダウン。

 塩田が《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》をキャストすれば、1ゲーム目と同じく、《残酷な根本原理/Cruel Ultimatum》されてしまう。

 空の手札に《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》を引くのだが、手札7枚の中村に《砕けた野望/Broken Ambitions》されてしまい、激突で公開されたカードも《謎めいた命令/Cryptic Command》。
 返すターンに中村は{1}{U}{U}{U}を残しながら《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》を戦場に送りこみ、駄目押しの《残酷な根本原理/Cruel Ultimatum》で勝負を決めた。
中村 3-2 塩田

前の記事: 準々決勝:渡辺 雄也(神奈川) vs. 石川 錬(神奈川) | 次の記事: 準決勝:津村 健志(広島) vs. 渡辺 雄也(神奈川)
イベントカバレージ/日本選手権09 一覧に戻る

イベントカバレージ