マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準決勝:津村 健志(広島) vs. 渡辺 雄也(神奈川)

準決勝:津村 健志(広島) vs. 渡辺 雄也(神奈川)

By Masashi Oiso

ks

 準決勝は、津村の親和エルフと、渡辺のフェアリーという対決。お互いゲームが開始するまでは和やかに談笑している。

渡辺 「去年おれが負けたせいで広島になったから遠くて・・・。」

津村 「今残ってるの、西日本3人(広島、岡山、大阪)すよ?」

渡辺 「おれが日本選手権を関東に持ち帰る!!」

 関東数万人(?)のマジックプレイヤーの期待を背負った渡辺。まずは2年連続の日本代表を目指す。

 津村も、2004年度日本選手権であと一歩で逃した優勝を成し遂げるためには負けられない。

 マッチアップとしては、コンボデッキである親和エルフの爆発力を、フェアリーがいかに抑えるかが焦点となる。メインボードでは打ち消しや除去によりコンボが決まりにくいため、フェアリーが有利といえる。しかし、サイドボード後はM10の最終兵器《大貂皮鹿/Great Sable Stag》次第という、どちらに転んでもおかしくないゲーム。

 なお、本記事は親和エルフの視点でお届けする。

 決勝へ進むのは、どちらか一人。

Game 1

 ダイスロールで、津村が先攻を取る。

kenji 《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》や《威厳の魔力/Regal Force》を含む手札だが、コンボはまず決まらないフェアリー相手とあって考える津村。結局キープを宣言した。渡辺も、表情から微妙な手札をキープしたようだ。

 1ターン目は《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》タップインからスタートの津村、2ターン目に《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》2体を展開。片方は《コショウ煙/Peppersmoke》で早々に退場した。

 渡辺は返しで《苦花/Bitterblossom》。最初のドローではしゃいでいたところを見ると、土地か《苦花/Bitterblossom》を引き込んだか?

 津村は、3ターン目は《遺産のドルイド/Heritage Druid》を追加するだけで、うまくフェアリーの隙を突くことができない。渡辺のターンは、フェアリートークンが戦場に登場し、3枚目の土地がプレイされ終了。

 津村は4ターン目、《原初の命令/Primal Command》を「土地をライブラリの上へ戻す+ライブラリからクリーチャーを探す」でキャスト。《砕けた野望/Broken Ambitions》の無かった渡辺は、マナを出しつつサーチするカードを窺う。津村が《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》を手札に加えたことを確認して、渡辺は《ウーナの末裔/Scion of Oona》を戦場へ追加、飛行によるダメージを大きく伸ばす。この時点で津村のライフは17。

 《原初の命令/Primal Command》により依然土地3枚の渡辺は《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》を通す。フェアリーの数は十分だが《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》は持っていないか?津村は《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》により《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》2枚を獲得。すでに場に《遺産のドルイド/Heritage Druid》もおり、コンボに向けて大きく前進した。

 しかし、渡辺も津村のターン終了前に《ウーナの末裔/Scion of Oona》2枚目を追加!次ターンの渡辺の攻撃により、津村のライフは一気に7へ落ち込んだ。次が津村の最後のターンとなる。

 その「最後のターン」のアップキープ、渡辺は《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》で津村の逆転の芽を摘む。これにより、残されたマナ発生源は《遺産のドルイド/Heritage Druid》《献身のドルイド/Devoted Druid》《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》のエルフ達。

 ドローが《風立ての高地/Windbrisk Heights》。どうしてもマナが足りないことを確認すると、津村投了。

渡辺 1-0 津村


津村

in

4《大貂皮鹿/Great Sable Stag》
2《耳障りな反応/Guttural Response》
2《薄暮の大霊/Oversoul of Dusk》

out

4《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
3《威厳の魔力/Regal Force》
1《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》

渡辺

in

3《思考囲い/Thoughtseize》
2《巣穴の運命支配/Warren Weirding》
1《コショウ煙/Peppersmoke》
1《誘惑蒔き/Sower of Temptation》

out

3《砕けた野望/Broken Ambitions》
2《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》
1《苦花/Bitterblossom》
1《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》

 サイドボード後はM10の注目カード《大貂皮鹿/Great Sable Stag》が大きくゲームに影響する。両者のサイドボードプランやプレイングもそれを念頭においてメインボードと変化するため、その点にも注目していただきたい。


Game 2

 先攻の津村は7枚の手札をキープ。渡辺はマリガンの後、苦い顔でキープを宣言した。

 1ターン目《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》の返しで、

渡辺 「鹿!」

 と《思考囲い/Thoughtseize》キャスト。

渡辺 「手札全部ドルイドでメモりにくい(笑)」

 《遺産のドルイド/Heritage Druid》、《献身のドルイド/Devoted Druid》2枚、《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》2枚の中から、《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》を選択。

 津村は土地が無く、2ターン目は《献身のドルイド/Devoted Druid》キャストに留まる。渡辺は島、沼と並べてターンを終えた。

 3ターン目、渡辺は3体目のエルフである《遺産のドルイド/Heritage Druid》プレイを見送り、これを受けて津村も考える。さらに《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》キャストから《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》。しかしこれには即座に《苦悶のねじれ/Agony Warp》。

 渡辺はひたすらドロー&ゴー。

 4ターン目、津村は攻撃の後に《遺産のドルイド/Heritage Druid》を追加。1/1のエルフ達とはいえ、度重なる攻撃と《思考囲い/Thoughtseize》により、渡辺のライフは14である。

 5ターン目のアップキープ、渡辺は《謎めいた命令/Cryptic Command》(クリーチャータップ+ドロー)で、土地が一枚の津村のマナを抑えると同時にライフを守る。しかし、《献身のドルイド/Devoted Druid》キャストにより《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》がアンタップし、ライフを12まで削る。

 6ターン目、《貴族の教主/Noble Hierarch》キャストから攻撃クリーチャー指定のタイミングで再び《謎めいた命令/Cryptic Command》(クリーチャータップ+ドロー)。《蔓延/Infest》の無い渡辺のデッキとしては苦しい展開ではあるが、津村も決定打となるパワーカードが無い。返しのターン、《思考囲い/Thoughtseize》により最後の手札である《貴族の教主/Noble Hierarch》が奪われた。これで渡辺のライフは10。

 渡辺も手札はあるが、《変わり谷/Mutavault》も無くライフも少ない。虎の子の《謎めいた命令/Cryptic Command》を3回目のクリーチャータップ+ドローで消費せざるを得ない。

 8ターン目、ドロー後の《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》で《苔汁の橋/Mosswort Bridge》を確認。津村の場のパワーは6でひとまず安心?1/1のエルフ達の攻撃を《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》でブロックせず、ライフは6。

 やっと《変わり谷/Mutavault》を引き込んだ渡辺だったが、《貴族の教主/Noble Hierarch》の恩恵を得た《遺産のドルイド/Heritage Druid》がライフを削り、渡辺のライフは4。

 次ターンでは《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》をブロックに廻さざるを得ない。

 この場に《大貂皮鹿/Great Sable Stag》が登場したことで渡辺投了。

 結局、土地しか引かない渡辺には成す術無かった。

渡辺 1-1 津村


 両者デッキリストの確認を行い、2ゲーム目の感触を含めてサイドボードを再検討。先攻後攻が入れ替わり、多少の入れ替えが行われる。

津村

in

2《流刑への道/Path to Exile》

out

1《遺産のドルイド/Heritage Druid》
1《威厳の魔力/Regal Force》

渡辺

in

1《砕けた野望/Broken Ambitions》
1《苦花/Bitterblossom》

out

2《巣穴の運命支配/Warren Weirding》

Game 3

nabe 先攻の渡辺がマリガンを宣言。これを受け、後攻の津村が考える。M10の新ルールにより、同時にマリガンを決定する必要があるため判断が難しい。津村は後手で重めの手札に、悩みつつもマリガンを決意した。土地2枚、《献身のドルイド/Devoted Druid》、《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》、《薄暮の大霊/Oversoul of Dusk》、《原初の命令/Primal Command》、《雲打ち/Cloudthresher》という手札。筆者はキープしたい手札だが、親和エルフをプレイされる方は、後手でサイドボード後ということも踏まえて、この判断について考えてみていただきたい。

 結果、渡辺は6枚でキープ、津村はダブルマリガンからスタート。

 両者1ターン目の土地を軽く悩みつつ、《変わり谷/Mutavault》、《苔汁の橋/Mosswort Bridge》とプレイした。

 2ターン目。渡辺の《苦花/Bitterblossom》に対し、津村は《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》を戦場へ送るに留まる。

 さらに、渡辺は《苦花/Bitterblossom》を追加!ノーガードで津村のライフを削りに行く。ダブルマリガンの津村には土地もマナクリーチャーもなく、攻撃してターンを返すのみ。

 やっと《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》を引いた頃には、場には既に5体のフェアリートークン。しかもその《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》すら《コショウ煙/Peppersmoke》で除去される始末。

 津村は、最後の土地がタップインであること見て投了した。

津村 「土地があれば、《大貂皮鹿/Great Sable Stag》で勝ってたんだけど・・・。」

渡辺 2-1 津村

津村

in

1《遺産のドルイド/Heritage Druid》
3《エルフの幻想家/Elvish Visionary》

out

2《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》
2《流刑への道/Path to Exile》

渡辺

in

3《巣穴の運命支配/Warren Weirding》

out

1《苦花/Bitterblossom》
1《砕けた野望/Broken Ambitions》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

Game 3

津村 「相手のサイドボードが判ってると、かえって(初手の判断)難しいよね」

渡辺 「そうだね」

 先攻の津村は初手をキープ。渡辺はマリガンした後、キープを決意。

 津村は1ターン目《貴族の教主/Noble Hierarch》でスタート。

 対する渡辺は《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》タップイン。《大貂皮鹿/Great Sable Stag》に対してノーガードだが・・・。

 2ターン目、出てきたのは《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》。

渡辺 「それでもキツいよ・・・。」

 返しで渡辺の《思考囲い/Thoughtseize》。《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》《献身のドルイド/Devoted Druid》《エルフの幻想家/Elvish Visionary》《苔汁の橋/Mosswort Bridge》から《エルフの幻想家/Elvish Visionary》を選択。《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》タップインでターンを返す

 津村は《苔汁の橋/Mosswort Bridge》の秘匿を確認した後、マナクリーチャーを展開。ここで、津村の手札が薄いことを知っている渡辺は《誘惑蒔き/Sower of Temptation》キャスト、《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》を奪う。

 津村はここでも有効なドローに恵まれず、《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》で攻撃するのみ。これでライフが8となった渡辺だが、《変わり谷/Mutavault》を追加し守りが固まったとみて《誘惑蒔き/Sower of Temptation》で攻撃。《苦花/Bitterblossom》を戦場へ送り出した。

 津村は土地を置くことしかできない。奪われた《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》が《変わり谷/Mutavault》を強化してしまうため、突破できないのだ。

 渡辺はマナを残し、確実にクロックを刻む。

 最後の望みを賭けた《雲打ち/Cloudthresher》を《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》され、万事休す。

渡辺 3-1 津村


 渡辺 雄也、決勝進出!

 去年果たせなかった優勝なるか!?

前の記事: 準決勝:中村 修平(大阪) vs. 塩田 有真(岡山) | 次の記事: レガシー選手権'09 Deck Tech「ADストーム」 (Video)
イベントカバレージ/日本選手権09 一覧に戻る

イベントカバレージ