マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 2: 中田 裕二(大阪) vs. 中村 修平(大阪)

Round 2: 中田 裕二(大阪) vs. 中村 修平(大阪)

By Kazumasa Koji

jpg

 双方が大阪府在住ということで、顔見知り同士のフィーチャーマッチとなった。対戦前に少し話を聞くと、中田は以前行われていた都道府県選手権の初代大阪府チャンピオンで、去年の日本選手権優勝者である中村もその1-2年後大阪府チャンピオンの座を獲得したことがあるそうだ。

 どちらが真の大阪王者か、雌雄を決する時がここ京都の地で(偶然にも)やってきた。大会前から噂になっている「赤緑青GAPPO」を使用している中村は、日本王者の力を初代王者に見せ付けることができるだろうか。

Game 1
jpg

 《怒り狂う山峡/Raging Ravine》《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》とタップインランドを並べた中田。どうみてもジャンドの土地の並べ方だが、3ターン目には土地を置くことが叶わず、がっかりした表情で《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》を登場させてターンを終了した。

 中村は《怒り狂う山峡/Raging Ravine》《根縛りの岩山/Rootbound Crag》と赤緑のタップイン土地を並べ、《貴族の教主/Noble Hierarch》を召喚。ナヤデッキのような動きではあるのだが、続けて出した《霧深い雨林/Misty Rainforest》でライブラリから探してきたのはなんと《島/Island》だった。

 その青マナを使って《海門の神官/Sea Gate Oracle》を唱えドローの質を高める。そして4ターン目には《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を召喚するという素晴らしい展開だ。

 残念ながらそのまま土地2枚で止まってしまった中田は全く抗うことが出来ず、数度カードを引いた後投了を宣言した。

中田 0-1 中村

Game 2

 1ゲーム目を土地事故で落としてしまった中田は気落ちしたか、7枚で始めた手札を眺めながら浮かない顔。3ターン目に3マナに至っても何も唱えられず、中村にただターンを返すのみ。

 その中村も《島/Island》《山/Mountain》と置いてからの3枚目の土地が無く、《復讐蔦/Vengevine》をディスカードする羽目になってしまった。

 この隙になんとしても乗じたい初代王者は渾身の《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》で《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》をめくるという強い動きを見せる。ひとまず《炎の斬りつけ/Flame Slash》で《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》は除去した中村。が、全く土地が引けない。

 そして、今度は中村が無言でカードを片付ける。

 手札と墓地には合計4枚の《復讐蔦/Vengevine》。

中田 1-1 中村

Game 3
jpg

 事故事故での3ゲーム目は中村が先攻。《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》という中田のファーストアクションに対し、《狡猾な火花魔道士/Cunning Sparkmage》で牽制した日本王者。中田は《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》を追加した。

 中村はこの《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》を、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》の-1能力で即座にバウンス。《荒廃稲妻/Blightning》がその《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》を倒し、《二股の稲妻/Forked Bolt》が《狡猾な火花魔道士/Cunning Sparkmage》を焼き払った。

 ならば、と更なる脅威《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を放つ日本王者。続くターンにはゴブリンたちでアタックしながら《炎の斬りつけ/Flame Slash》で《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》を除去し、《復讐蔦/Vengevine》をも盤面に加えて殴り掛かる。

 早くブロッカーを用意して盤面を立て直さないとライフがもう心もとない中田は、手札に戻された《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》を再度召喚してみるのだが、無常にも2枚目の《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》がそのブロッカーを優しく手札に返し、フルアタックが残されたライフを奪い去った。

中田 1-2 中村

前の記事: Round 1: 大礒 正嗣(広島) vs. 津村 健志(大阪) | 次の記事: Round 3: 石村 信太朗(埼玉) vs. 梅咲 直瑛(東京)
イベントカバレージ/日本選手権2010 一覧に戻る

イベントカバレージ