マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 3: 石村 信太朗(埼玉) vs. 梅咲 直瑛(東京)

Round 3: 石村 信太朗(埼玉) vs. 梅咲 直瑛(東京)

by Yusuke Yoshikawa

jpg

 「ジュニアトーナメントの頃から一緒にやってましたよ」
 そんな言葉を交わす二人が、フィーチャーマッチエリアに招待された。

 石村 信太朗(埼玉)は「ライザ」の二つ名で知られ、独創的なデッキデザインに定評のあるプレイヤーだ。今回も予選を戦った相棒である《輝く根本原理/Brilliant Ultimatum》を携えて、日本選手権に挑む。

 梅咲 直瑛(東京)は、若くして昨年のグランプリ北九州のヘッドジャッジを務めるなど、ジャッジ・トーナメント主催者として貢献している。同時にプレイヤーとしても名を残すべく、高橋 純也がデザインした「赤緑青GAPPO」を手に参戦してきた。

 冒頭の言葉が示すように、若年層の大会からトップレベルの戦いに踏み出した、ともに「マジック育ち」のプレイヤーであり、またこれからのマジックを支える年代であるとも言える。
 その二人の盤面のやりとりに注目しよう。

Game 1
jpg

 ダイスロールで先攻を得た石村が早々にマリガン。対する梅咲は悩んでキープ。
 石村は《天界の列柱/Celestial Colonnade》《平地/Plains》から《前兆の壁/Wall of Omens》、梅咲は《山/Mountain》《根縛りの岩山/Rootbound Crag》から《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》という立ち上がり。

 しかし石村の《思案/Ponder》でめくる手つきはやけに早く、求めていた3枚目の土地が得られない。
 一方の梅咲は2枚目の《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》から《沸騰する小湖/Scalding Tarn》を経由して4マナを引き出し、《復讐蔦/Vengevine》が駆け出してくる。石村は一緒に攻撃してきた1枚目の《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》を《前兆の壁/Wall of Omens》で受け止める。
 石村も《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》から防衛線を築きつつ、《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》で次の礎を。
 しかし梅咲はこの《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》を《稲妻/Lightning Bolt》でなぎ払って攻撃。片方の《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》を受け止めた《前兆の壁/Wall of Omens》にも2枚目の《稲妻/Lightning Bolt》を加えて排除する。
 身を守るクリーチャーを失った石村は、《時間のねじれ/Time Warp》を1枚、2枚と連打。自らのターンを繰り返して再建策を求めるが、これらは1枚のドロー以外の意味を持たない。
 なんとか土地6枚に達して、《天界の列柱/Celestial Colonnade》でのブロックこそできるようになるが、梅咲は勢いよく2枚目の《復讐蔦/Vengevine》。
 これは《天界の列柱/Celestial Colonnade》でブロックしつつ《流刑への道/Path to Exile》で流すが、それ以上の対抗策を石村は持たなかった。
 阿吽の呼吸で流れるような1本目。

石村 0-1 梅咲

Game 2
jpg

 再び石村が先攻。今回は《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》《予言のプリズム/Prophetic Prism》というデッキ本来の動きで、対する梅咲は第3ターンまで動きがない、やや重い立ち上がり。
 《霧脈の境界石/Mistvein Borderpost》《思案/Ponder》と流れる石村に対し、梅咲の第4ターンに...4枚目の土地なく、キッカーなしの《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》。ややさみしく攻撃。
 これに対して石村は全開。《時間のねじれ/Time Warp》を経て7枚の土地を並べると、キッカー込みで《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》をプレイして、彼我の戦力差を確たるものにする。梅咲は手札があふれてしまい、終了ステップに《復讐蔦/Vengevine》を捨てるしかできない。
 ここで決定的な差をつけたい石村は、《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》で攻撃しつつ、2枚の《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》を展開。土地を持ってくることはできないが、2/2先制攻撃は十分な戦力といえる。梅咲はこの片方を《稲妻/Lightning Bolt》する。
 梅咲は4枚目の土地をようやく手にして、《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》。この続唱が《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》で、先ほど捨てた《復讐蔦/Vengevine》が帰ってきて、これで攻撃。
 石村は土地を与えることに少しためらいを感じさせながらも、これを《流刑への道/Path to Exile》で対処する。

 そして石村のターン、7マナからプレイされたのは、このデッキのテーマでもある
 《輝く根本原理/Brilliant Ultimatum》!

 提示されたのは、《時間のねじれ/Time Warp》《予言のプリズム/Prophetic Prism》と《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》《平地/Plains》《湿地の干潟/Marsh Flats》。
 梅咲は最初の2枚とあとの3枚に分け、石村は後者を選択。2枚目の《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》を得て、3枚引いて捨てる。
 梅咲はさきの《流刑への道/Path to Exile》を利して5マナに到達。さてどうするか考えどころだが、《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を選択、トークンを展開した。

 石村は《思案/Ponder》する。そしてプレイしたのは《盲信的迫害/Zealous Persecution》。

 一瞬固まる梅咲。
 これにより《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》を含む戦力の大半を失い、受けるダメージも増加。
 さらに石村が《時間のねじれ/Time Warp》の存在を告げたことにより、勝負は第3ゲームに持ち越されることになった。

石村 1-1 梅咲

Game 3

 互いのデッキが本領を発揮しての3本目。
 シャッフル中には、先のラウンドであったことを雑談するなど、このあたりは友人の雰囲気。
 しかしひとたびゲームに入れば、互いに信頼してプレイングを少し省略気味ながらも、必要なやり取り以上は行わないあたりに、勝負である線引きが感じられる。

 勝負の3本目の初手は、すぐ「キープします」梅咲に対し、「考え中です」を挟んで「キープします」。
 梅咲はフェッチランド2枚から《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》スタート。石村は《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》から《予言のプリズム/Prophetic Prism》でターンを返す。
 「(何が出てくるか)怖い~」と石村が震える梅咲のターンは、《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》攻撃から、《怒り狂う山峡/Raging Ravine》と2体目の《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》にとどまる。
 石村は《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》でマナを伸ばしながら、《失脚/Oust》を2体目の《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》に放ち、足止めを図る。
 梅咲はこの《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》こそ《稲妻/Lightning Bolt》するものの、4枚目の土地に出会うこともなく、《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》が攻撃するのみにとどまる。
 この隙にと、石村は《時間のねじれ/Time Warp》をはさんで土地を置きつつ、《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》で手札を入れ替え。そして2枚目の《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》を出しなおすのみでまごつく梅咲を尻目に、7枚のマナソースまで到達する。
 ならば、それは、《輝く根本原理/Brilliant Ultimatum》。

 ライブラリから提示されたのは、《時間のねじれ/Time Warp》《流刑への道/Path to Exile》《前兆の壁/Wall of Omens》《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》、そして、

 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》

石村 2-1 梅咲

前の記事: Round 2: 中田 裕二(大阪) vs. 中村 修平(大阪) | 次の記事: Round 4: 伊藤 大明(神奈川) vs. 黒田 正城(大阪)
イベントカバレージ/日本選手権2010 一覧に戻る

イベントカバレージ