マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 5: 斉藤 友晴(東京) vs. 池田 剛(福岡)

Round 5: 斉藤 友晴(東京) vs. 池田 剛(福岡)

By Kazumasa Koji

jpg

 言わずと知れたプロプレイヤー、日本を代表するスターの対戦だが、それだけでなく両者にはカードショップのオーナーという共通点もある。

 池田の経営する「FireBall」といえば、プロプレイヤーのいるお店という手法の先駆者的存在であるし、一方斉藤は自身のワールドワイドな活動を基盤として、最近ショップを関東にオープンした。池田がカードショップを経営しているのを目にした事で、きっかけを斉藤に与えたのだそうだ。

 そして、斉藤の話では森 勝洋(大阪)もそんな彼らの活躍を見て、新規ショップの立ち上げを考えているらしい。こうやってもっともっとマジックの輪が広がり、斉藤流に言えば「みんなでハッピー」になれるに違いない。

Game 1
jpg

 こういった場でも、もう幾度となく対戦を重ねているのだろう。非常に和やかな雰囲気でゲームがスタートした。斉藤は7枚、先攻の池田は1度マリガンをして6枚。

 《沼/Swamp》《沼/Swamp》《山/Mountain》に赤黒いカード群をキープした池田は《葬儀甲虫/Mortician Beetle》《硫黄石の魔道士/Brimstone Mage》という序盤。

 対照的に《平地/Plains》が3枚に真っ白の手札をキープした斉藤は《岸壁安息所の騎士/Knight of Cliffhaven》を2ターン目に召喚、3マナ立てて3ターン目を終了した。これを見て池田が思考を巡らせる。《アーファの番犬/Affa Guard Hound》を警戒し、《硫黄石の魔道士/Brimstone Mage》では攻撃せずに、《薄暗狩り/Gloomhunter》出すのみでターンエンド。

 斉藤は池田の予想通り《アーファの番犬/Affa Guard Hound》を唱え、またも《岸壁安息所の騎士/Knight of Cliffhaven》をレベルアップせず、《アーファの番犬/Affa Guard Hound》と共に攻撃。池田は少考の後、2/1飛行で《岸壁安息所の騎士/Knight of Cliffhaven》をブロックして相打ちにとった。

 やっと引き当てた《森/Forest》を置いて、《オーラのナーリッド/Aura Gnarlid》と《岸壁安息所の騎士/Knight of Cliffhaven》の2枚目を展開した斉藤。この《岸壁安息所の騎士/Knight of Cliffhaven》はついにレベルアップさせてターンを返した。池田は着々と《硫黄石の魔道士/Brimstone Mage》をレベルアップさせ、ついにレベル3まで到達して2/3の《岸壁安息所の騎士/Knight of Cliffhaven》をまずは打ち落とした。

 このままでは《硫黄石の魔道士/Brimstone Mage》1体に戦線を壊滅させられてしまう斉藤は、《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》を召喚してレベルアップさせ、《コーの綱投げ/Kor Line-Slinger》《ペラッカのワーム/Pelakka Wurm》と展開。ライフに余裕を持たせると共に、巨大なアタッカーをも用意する。

 池田の次の狙撃ターゲットは《オーラのナーリッド/Aura Gnarlid》。《思考喰らい/Thought Gorger》で5枚のカードを捨て、7/7のワームとも相打ちできるクリーチャーを用意した。このまま戦線が膠着すれば、あとは《硫黄石の魔道士/Brimstone Mage》の独壇場だ。

 だが斉藤は《マンモスの陰影/Mammoth Umbra》を《ペラッカのワーム/Pelakka Wurm》にエンチャントし、10/10トランプルの生物を作り上げる。これは5つカウンターの載った《思考喰らい/Thought Gorger》でブロックして7点のダメージを与えた後、《硫黄石の魔道士/Brimstone Mage》が3点与え、族霊鎧を持つ《マンモスの陰影/Mammoth Umbra》が破壊されて7/7にサイズダウンするのだが、それでも戦場には7/7トランプルが残ってしまった。

 《硫黄石の魔道士/Brimstone Mage》Lv3が生きているうちは優位を維持できるはずの池田は《思考喰らい/Thought Gorger》が墓地に送られた事によって5枚のカードを引いた。が、土地が5枚しかない為にそのカード達が戦場に影響を与えるまでには少々の時間が掛かる。

 斉藤はその一瞬の隙を逃さなかった。《暁輝きの発動者/Dawnglare Invoker》を召喚し、8マナで能力を即座に使用して総攻撃を敢行すると、それに耐えるだけのライフは池田には残されていないのだった。

斉藤 1-0 池田

Game 2
jpg

 双方の使用するデッキのアーキタイプは、白緑オーラと赤黒ハスクであるようだ。エルドラージ覚醒をみっつ、もちいたブースタードラフトで作られるデッキのアーキタイプについては、mtg-jp.comに掲載されている渡辺の記事が詳しいので、まだ読んでいない方は勿論、読んだ事がある方ももう一度復習されると良いだろう。

 《コーの綱投げ/Kor Line-Slinger》《オーラのナーリッド/Aura Gnarlid》《ハイエナの陰影/Hyena Umbra》を《オーラのナーリッド/Aura Gnarlid》にエンチャント、《暁輝きの発動者/Dawnglare Invoker》を召喚と軽快に斉藤が動く。

 池田はまたも《硫黄石の魔道士/Brimstone Mage》を召喚、そしてレベルアップをするが、対応して《コーの綱投げ/Kor Line-Slinger》でタップされる。次のターンも地道に《硫黄石の魔道士/Brimstone Mage》をレベルアップして、順番に斉藤のクリーチャーを除去しつつ、3/3《オーラのナーリッド/Aura Gnarlid》に対しては《炎の斬りつけ/Flame Slash》で除去してライフを守る堅実なプレイを見せた。やがて3点砲台が完成し、追加のクリーチャーとして《ニルカーナの殺し屋/Nirkana Cutthroat》を戦場に加え、まずはLv1とする。

 斉藤も譲らず、《アーファの番犬/Affa Guard Hound》《オンドゥの巨人/Ondu Giant》《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》と展開して、《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》で《マンモスの陰影/Mammoth Umbra》をサーチして手札に入れ、《オンドゥの巨人/Ondu Giant》にエンチャント。なんとか攻勢を維持したい所だ。

 しかしここで《戦慄の徒食者/Dread Drone》に《欠片の双子/Splinter Twin》がエンチャントされてしまう。《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》の横に、どんどんトークンを生み出す池田。Lv3の《硫黄石の魔道士/Brimstone Mage》は《失脚/Oust》したが、白緑のデッキはシステムクリーチャーに対処する事が難しく、こうなってしまっては斉藤の《ペラッカのワーム/Pelakka Wurm》も有効とは言い難い。

 池田がそのまま慎重に盤面を制圧し、5/3先制接死の《ニルカーナの殺し屋/Nirkana Cutthroat》と、お供が沢山いる《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》が4/1トークンと共に攻撃を始め、九州の雄が1本取り返した。

斉藤 1-1 池田

Game 3

 頬を強く2回叩くお馴染みのアクションで気合を入れ直す。ペットボトルのお茶を口に含み、まずは《オーラのナーリッド/Aura Gnarlid》を召喚した斉藤。

 グランプリ・新潟09王者は《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》《ウラモグの手先/Pawn of Ulamog》と並べたが、またも3マナ立たせてターンを返した斉藤を見て、

池田 「また《アーファの番犬/Affa Guard Hound》かー」

 と、独り言。《炎の斬りつけ/Flame Slash》で《オーラのナーリッド/Aura Gnarlid》を除去し、《アーファの番犬/Affa Guard Hound》を召喚されても問題無い場にしてから《ウラモグの手先/Pawn of Ulamog》と《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》を攻撃に参加させた。が、斉藤の手に《アーファの番犬/Affa Guard Hound》は無く、そのまま3点のダメージ。

 斉藤は1ターン土地が止まったものの4マナに到達し、《マキンディのグリフィン/Makindi Griffin》を召喚して池田の次なる隙を伺うのだが、《魂うねりの精霊/Soulsurge Elemental》《薄暗狩り/Gloomhunter》《ゴブリンのトンネル掘り/Goblin Tunneler》と加えた池田は「ブン回り」モードでデッキの本領を遺憾無く発揮する。

 これには斉藤もお手上げ。事故気味のまま見せ場のない3ゲーム目が終わってしまった。

斉藤 「ギリマリガンかギリキープかって初手だったんですけど......」

斉藤 1-2 池田

前の記事: 1st Draft: 北山 雅也 | 次の記事: Round 5: 森 勝洋(大阪) vs. 北山 雅也(神奈川)
イベントカバレージ/日本選手権2010 一覧に戻る

イベントカバレージ