マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 5: 森 勝洋(大阪) vs. 北山 雅也(神奈川)

Round 5: 森 勝洋(大阪) vs. 北山 雅也(神奈川)

By Daisuke Kawasaki

jpg

 グランプリ・横浜で完全復活を遂げた「帝王」森 勝洋(大阪)。

 グランプリ・仙台でも初日全勝を果たした森だが、その全盛期は、やはり、2006年の日本選手権で優勝した時だろう。2005年に世界王者になり、2006年にThe Finalsで優勝するまでの1年にいたるまでは完全に「モリカツの年」だった。

 その次の年、2007年に日本王者になったのは北山 雅也(神奈川)だった。

 もともと、激戦区関東予選を連続で突破した「元祖スタンダードキング」として知られていた北山だが、この大会では緑黒タルモラックを使用し、見事戴冠した。

 しかし、北山の本当のすごさはこの後の年である。

 2008年の優勝は大礒 正嗣(広島)で使用デックは青白ナシフヒバリ、2009年の優勝は中村 修平(大阪)で使用デックはクイックントーストであった。

 この2年間、北山はこのふたりと同じデックを使っていた。同じアーキタイプではない、『同じデッキ』だ。つまり、3年間、北山の選んだ『デッキ』が日本選手権を制しているのである。

 今年の森は、横浜での優勝、そして仙台での初日全勝と、完全にノっている。

 その森の勢いを、同じく日本チャンピオンであり、そして、3年間を制している名デックチョイサーである北山は止める事はできるのだろうか。

 というような流れなど関係無く、フィーチャリングエリアは非常に和気あいあいとした空気が流れている。

北山 「最近は結構フィーチャーなれてきましたからね!」

Game 1
jpg

 先手は森。

 2ターン目に《茨噛み付き/Bramblesnap》をキャストする森だが、北山の返しの《オーガの歩哨/Ogre Sentry》に対して「あー!」と一声。

北山 「いいでしょ、これくらい」

 「とまるよ」

 そして、言葉の通り、ピッタリ止まってしまう森。

 対して、北山は、《硫黄石の魔道士/Brimstone Mage》をキャスト。さらに《茨噛み付き/Bramblesnap》へと《よろめきショック/Staggershock》をキャストする。

 これは《大群の力/Might of the Masses》と《茨噛み付き/Bramblesnap》自身のタップで回避されるが、この隙に、《硫黄石の魔道士/Brimstone Mage》でアタックする北山。

 だが、森が返しでキャストしたのは《エムラクールの孵化者/Emrakul's Hatcher》。これで反復した北山の《よろめきショック/Staggershock》では《茨噛み付き/Bramblesnap》を除去出来ないため、北山は0/1トークンのうちの1体を除去する。

 ここまで土地3枚で止まっている北山は《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》をキャスト。森の手札から《群れの誕生/Brood Birthing》を捨てさせる。

 森は《溶口/Magmaw》をキャスト。トークン2体を含む4体のクリーチャーのバックアップを受けて《茨噛み付き/Bramblesnap》でアタック。北山は《オーガの歩哨/Ogre Sentry》と《硫黄石の魔道士/Brimstone Mage》を差し出し、相打ちする。

 やっと4枚目の土地を引いたものの、キャストするのは《溶岩気の発動者/Lavafume Invoker》な北山。

 そして森は、渡辺 雄也もびっくりなリミテッドコンボを決める。

 「うわ、これ、すごい、コンボだ!」

 《溶口/Magmaw》にエンチャントされる《蛇の陰影/Snake Umbra》。

森 1-0 北山

Game 2
jpg

 後手をとり、土地2枚の初手をなやみつつもキープした北山。

 土地が引けなかった北山は、《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》をキャスト、すると、森の手札は《山/Mountain》《戦闘塁壁/Battle Rampart》《産卵の息/Spawning Breath》《コジレックの職工/Artisan of Kozilek》、そして《森/Forest》《森/Forest》《森/Forest》。

 小考しつつも、《戦闘塁壁/Battle Rampart》をディスカードさせる北山。だが、続くターンにやっと3枚目の土地を引き込み、《尊大な血王/Arrogant Bloodlord》をキャストする。

 「パワー1にブロックされたら?」

北山 「うん。パワー1にブロックされたら」

 ここで森は《オンドゥの巨人/Ondu Giant》をキャストする。

 北山は《探検家タクタク/Tuktuk the Explorer》をキャストし、あわせてアタック。どちらもブロックしたくない森は、これをスルーして5点。そして、再びセットランドのみでターンを返す。

 森の手札に《産卵の息/Spawning Breath》があることを知っている北山。だが、それをふまえた上での果敢な2体アタック。当然本体に《産卵の息/Spawning Breath》を撃ちつつ、トークンで《尊大な血王/Arrogant Bloodlord》をブロックさせれば、という所ではあるのだが、北山のマナが全て残っていることをふまえて森はこれも通す。

 森は《蛇の陰影/Snake Umbra》を《オンドゥの巨人/Ondu Giant》に。一方、再び土地が3枚で止まった北山は《オーガの歩哨/Ogre Sentry》を2ターン続けてだす。

 この間土地を並べるだけだった森。だが、北山が4枚目の土地をひき、《戦装飾のシャーマン/Battle-Rattle Shaman》をキャストして《尊大な血王/Arrogant Bloodlord》でアタックしてくると、さすがに《産卵の息/Spawning Breath》を使って《尊大な血王/Arrogant Bloodlord》をブロックし、相打ちに持ち込む。

 森はついにマナが9マナに達し、《戦闘塁壁/Battle Rampart》を戦場に戻しつつの《コジレックの職工/Artisan of Kozilek》をキャストする。だが思うように攻撃することができない。

 一方の北山も大型揃いであり、なかなか攻められない。《ズーラポートの処罰者/Zulaport Enforcer》《戦争売りの戦車/Warmonger's Chariot》と展開してターンを終える。

 森は意を決して《コジレックの職工/Artisan of Kozilek》でアタック。まず滅殺2で《ズーラポートの処罰者/Zulaport Enforcer》《探検家タクタク/Tuktuk the Explorer》をサクリファイス。5/5トークンを生み出しつつ、ダメージは本体に通す。

 ここで4マナの北山。

北山 「土地引け!」

 ここで《山/Mountain》を引き、《死骸孵化/Corpsehatch》をキャストする北山。そのまま5/5でアタックする。

 だが、返すターンの森のアクションは《ウラモグの道滅ぼし/Pathrazer of Ulamog》。

 これが《戦闘塁壁/Battle Rampart》で速攻を持つと、北山は、頭を抱えてしまったのだった。

北山 「なんで、5/5殴ったんだろう......いや、殴るよなぁ......」

森 2-0 北山

 と、ひとしきり頭を抱えたあと、北山と森は、また、ライブラリーをシャッフルし、Game 3をはじめたのだった。

三原 「あれ?まだGame 3?」

 「おいおいおいおい」

北山 「おいおいおいおい」

 まだ、「魔王」三原との対戦を控える森。北山と森は、その瞬間、戦場を片付け、幻のGame 3の結果は幻のままとなったのだった。

前の記事: Round 5: 斉藤 友晴(東京) vs. 池田 剛(福岡) | 次の記事: Photo Blog: アーチエネミーで遊ぼう!
イベントカバレージ/日本選手権2010 一覧に戻る

イベントカバレージ