マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 6: 高橋 優太(東京) vs. 糸谷 哲郎(大阪)

Round 6: 高橋 優太(東京) vs. 糸谷 哲郎(大阪)

by Yusuke Yoshikawa

jpg

 スタンダードで3勝1敗、ドラフトラウンドに入って勝利と良い滑り出しを見せている高橋 優太(東京)。ここで組み上げたデッキは、彼の代名詞であるフェアリーをほうふつとさせる黒青である。
 細かいカードアドバンテージを重ねながら、2枚の《ウラモグの破壊者/Ulamog's Crusher》に繋げられるか。
 対する糸谷 哲郎(大阪)のデッキは、《英雄の時/Time of Heroes》と2枚の《敬慕される教師/Venerated Teacher》に支えられた白青レベルアップ系デッキに、赤の除去呪文と《裏切りの本能/Traitorous Instinct》を加えた構成。ひとたび嵌れば、厚みのある攻撃が期待できる。

Game 1
jpg

 先攻の糸谷が《隊商の随員/Caravan Escort》、対して高橋が《ズーラポートの処罰者/Zulaport Enforcer》と、Lvアップクリーチャーで戦いの幕が開く。
 糸谷は《隊商の随員/Caravan Escort》をLvアップさせることなく攻撃。双方相打ちとなると、《窯の悪鬼/Kiln Fiend》を追加した。
 一方の高橋の次なる行動は《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》だが、これがなんと空振り。糸谷の手札である《島/Island》2枚、《マキンディのグリフィン/Makindi Griffin》《裏切りの本能/Traitorous Instinct》が公開されるのみにとどまった。
 高橋が続いて出した《飛び地の暗号術士/Enclave Cryptologist》は糸谷が《よろめきショック/Staggershock》。幸便とばかりに、《窯の悪鬼/Kiln Fiend》が力を得て攻撃をはじめる。
 しかし、反復から2回目の攻撃は、高橋が《血の復讐/Vendetta》で阻む。糸谷は《マキンディのグリフィン/Makindi Griffin》を戦場に追加。
 高橋は《先読み/See Beyond》をはさみながら、《記憶の壁/Mnemonic Wall》で《血の復讐/Vendetta》を回収して、アドバンテージを重ねていく。
 糸谷は《イキーラルの先導/Ikiral Outrider》を出し、さらに続くターンには《飛び地の暗号術士/Enclave Cryptologist》から即Lv1とするが、これにはお約束のごとく、先ほど回収された《血の復讐/Vendetta》が合わせられる。
 しかしその間も《マキンディのグリフィン/Makindi Griffin》はクロックを刻み続け、さらに《勇者のドレイク/Champion's Drake》が追加される。高橋は《戦慄の徒食者/Dread Drone》で攻撃、これが《イキーラルの先導/Ikiral Outrider》と相打ちとなったあと、残されたトークンから《ウラモグの破壊者/Ulamog's Crusher》の降臨にまでたどり着く。
 しかし糸谷の飛行クリーチャーは歩みを止めず、《勇者のドレイク/Champion's Drake》の2枚目が追加される。
 これを止めるすべはなく、高橋は第1ゲームを投了した。

高橋 0-1 糸谷

Game 2
jpg

 先攻・高橋のマリガンを経て、糸谷は《隊商の随員/Caravan Escort》から始め、2ターン目にLvアップして攻撃していく。高橋の初動は《薄暗狩り/Gloomhunter》。
 これを見た糸谷は相打ちを嫌って《隊商の随員/Caravan Escort》で攻撃せず、《勇者のドレイク/Champion's Drake》を追加する。
 当然何かあるとみて、4マナを残して待ち受ける高橋に対し、糸谷は《敬慕される教師/Venerated Teacher》を送り込む。これにより《隊商の随員/Caravan Escort》をLv3として、条件を満たして4/4となった《勇者のドレイク/Champion's Drake》が攻撃を始める。
 高橋もすぐに《死骸孵化/Corpsehatch》でLv3を除去し、《勇者のドレイク/Champion's Drake》を1/1に戻すとともにトークンを得て、ゲームのスローダウンを目論む。
 糸谷は《勇者のドレイク/Champion's Drake》《敬慕される教師/Venerated Teacher》で攻撃を続行しつつ、《薄暗狩り/Gloomhunter》を《よろめきショック/Staggershock》を除去して、主導権を離さない構え。

 高橋は《記憶の壁/Mnemonic Wall》を出して《死骸孵化/Corpsehatch》を手札に戻す。糸谷は《勇者のドレイク/Champion's Drake》による攻撃を続けながら、《孤独な宣教師/Lone Missionary》《勇者のドレイク/Champion's Drake》2枚目と攻め手を緩めない。
 呼応して、《死者のインプ/Cadaver Imp》で《薄暗狩り/Gloomhunter》を回収しつつ展開する高橋。カードアドバンテージを重ねながら、真っ直ぐ突撃してきた糸谷の2体の《勇者のドレイク/Champion's Drake》を相打ちにとる。

 そして強固な防衛線を築くべく、高橋が気合十分で送り込んだのは《地獄彫りの悪魔/Hellcarver Demon》。このクリーチャーが攻撃に転ずるかはともかく、6/6飛行というサイズは十分な守りになる。それに、まだライフは8ある。
 ごく自然なプレイ。
 だが、たった1枚の手札により、好手は悪手にもなり得てしまう。
 すなわちそれは、《地獄彫りの悪魔/Hellcarver Demon》を襲った《裏切りの本能/Traitorous Instinct》。

高橋 0-2 糸谷

 糸谷はいわゆる「復帰組」のプレイヤーで、中高生のころに見知っていたマジックに、この春再び触れて、その面白さに練習を始めたという。その期間、わずか3ヶ月ほど。
 しばらくやっていなくても、今やっていなくても、マジックはいつでもあなたの帰りを待っているのだ。

前の記事: Photo Blog: アーチエネミーで遊ぼう! | 次の記事: Round 6: 八十岡 翔太(東京) vs. 棚橋 雅康(新潟)
イベントカバレージ/日本選手権2010 一覧に戻る

イベントカバレージ