マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 8: 三田村 和弥(千葉) vs. 渡辺 雄也(神奈川)

Round 8: 三田村 和弥(千葉) vs. 渡辺 雄也(神奈川)

by Yusuke Yoshikawa

jpg

 2日目の開幕は、mtg-jp.com でリミテッド攻略記事を担当する両者の対戦となった。
 三田村は、『三田村リミテッド研究室』、渡辺は『「明日から使える!」渡辺リミテッド・コンボ術』。普段は読者に戦い方を提案する立場の二人が、自らのパフォーマンスを示すとき。
 その看板もさることながら、両者ともここまで2敗、Top8入りにはもう負けられない状況。それだけに、朝一番からハードなマッチアップになる。

 渡辺のデッキはオーラ系の白青。攻め手がやや細いものの、効果的な運用さえ決まればかなり堅いデッキだ。

 試合前、「今回のコンボは?」と質問すると、「コンボはあんまりないですね。《家畜化/Domestication》を《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》で引っ張ってくるくらいですか」。
 そう言ったところで、渡辺は「あ、でもテーマはありますよ。『キブラーバント』」と笑ってみせた。

 その手には《前兆の壁/Wall of Omens》2枚と《海門の神官/Sea Gate Oracle》3枚。

 対する三田村のデッキは、除去がずらり、さらに《裏切りの本能/Traitorous Instinct》2枚を搭載した赤黒。
 流したカードの推測から「すごい強いんじゃないですか?」と聞く渡辺に、三田村教授のジャッジは「6人ドラフトなら2-1だね。3-0寄りじゃないし、下手したら1-2かも」という答え。
 これは果たして本音か、あるいは......?

Game 1
jpg

 ダイスロールで先手を取った三田村だが、しばらく手札を繰って考えた後、無言でライブラリに手をかけてマリガンの意を表示。しかし数枚見たところで表情が変わる。
 「(こんな手札をキープしてたら)渡辺さんに笑われると思ってマリガンしたら、回ってたよー」とシャッフル中も、ぼやき節。
 対する渡辺もお付き合いで、双方6枚の初手となった。
 渡辺の《先読み/See Beyond》から始まったゲーム、実質のファーストアクションは三田村の《ゾフの影/Zof Shade》。本人いわく「3-0しなさそうなクリーチャー」。
 しかしこれを《家畜化/Domestication》する渡辺。先に攻撃に回ったのはこちらとなった。
 三田村は続いて《戦装飾のシャーマン/Battle-Rattle Shaman》を送り、渡辺がフルタップで送り込んだ《不死の天使/Deathless Angel》は《死骸孵化/Corpsehatch》で対応する。
 渡辺は《不死の天使/Deathless Angel》によるイージーウィンとはならなかったが、《戦装飾のシャーマン/Battle-Rattle Shaman》をも《家畜化/Domestication》し、その横に《暁輝きの発動者/Dawnglare Invoker》を並べる。
 動きのない三田村に対し、3体が攻撃に回るが、+2/+0修整を与えたところで《よろめきショック/Staggershock》が《暁輝きの発動者/Dawnglare Invoker》を除去。
 《よろめきショック/Staggershock》の反復は《戦装飾のシャーマン/Battle-Rattle Shaman》を除去し、続いて出てきた2枚目の《暁輝きの発動者/Dawnglare Invoker》も《絶望の誘導/Induce Despair》、と除去デッキの本領を見せる三田村。ここで公開した《バーラ・ゲドの蠍/Bala Ged Scorpion》はそのまま戦場へ降り立ち、破壊しないことを選ぶ。
 だがこれに、渡辺が提示したのは「3枚目の」《家畜化/Domestication》。
「なんだよそれ~ ふざけんなよ~」
 何かを通り越して笑みまで漏れてくる三田村。
 そうは言いながらも、8マナを擁した《血儀式の発動者/Bloodrite Invoker》が能力を起動し続けて、勝利を諦めない。
 とはいえ《海門の神官/Sea Gate Oracle》に《マンモスの陰影/Mammoth Umbra》と追加した渡辺のクロックは大きく、そのまま勝利となった。

三田村 0-1 渡辺

「なんかもう、腹立つ。 なんであんだよー」
 ぼやき節を加速させる三田村。当然ながら3枚目は確率論でケアできるものではない。

「だって流れてくるんだもん」
 そう言うしかない渡辺はどこか満足げ。

Game 2
jpg

 「後手!」と力強く選択する三田村。
 渡辺のファーストアクション《暁輝きの発動者/Dawnglare Invoker》が即座に《熱光線/Heat Ray》と交換になる始まりから、三田村は《尊大な血王/Arrogant Bloodlord》。
 渡辺も《海門の神官/Sea Gate Oracle》で応え、三田村の主力に楽をさせない。
 それぞれ《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》と《海門の神官/Sea Gate Oracle》を追加する。
 三田村が次なる手として《虚身の勇者/Null Champion》を出し、Lvアップでプレッシャーをかけると、渡辺はマナのないうちにと、《海門の神官/Sea Gate Oracle》に《マンモスの陰影/Mammoth Umbra》をつけて守りを固める。
 だが、1マナしか残っていないところに、《海門の神官/Sea Gate Oracle》への《裏切りの本能/Traitorous Instinct》が飛んでくる。
 「渡辺さんは何か持っている気がするんだよなー」と言うように、《無傷の発現/Emerge Unscathed》を恐れていたところだったが、渡辺には何もなし。
 これを受けて、三田村は総攻撃。渡辺は《前兆の壁/Wall of Omens》で《虚身の勇者/Null Champion》でブロックしつつ《強打/Smite》でさばくが、13点のダメージでライフをごっそり、加えて主力の《マンモスの陰影/Mammoth Umbra》つき《海門の神官/Sea Gate Oracle》も失ってしまう。
 それでも《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》に《家畜化/Domestication》をつける(もちろん対応して自身を生け贄に)などして、なんとか攻勢を押しとどめる。
 そして《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》がさらなる《家畜化/Domestication》を導くが、本体はX=5《熱光線/Heat Ray》され、《家畜化/Domestication》も《思考の消滅/Perish the Thought》されてライブラリの彼方へ逆戻り。
 だが一方の三田村にも明確な勝ち手は生まれない。少しあと、《前兆の壁/Wall of Omens》との交換覚悟で《尊大な血王/Arrogant Bloodlord》が攻撃するが、ここにはジャストサイズな《長魚の陰影/Eel Umbra》が。
 いっときの劣勢を押し返した渡辺だが攻撃手段がなく、三田村の2枚目の《尊大な血王/Arrogant Bloodlord》、そして《血儀式の発動者/Bloodrite Invoker》の登場を見送るしかできない。
 「あの《前兆の壁/Wall of Omens》がいなければ決められる」という場になって、《裏切りの本能/Traitorous Instinct》をキャストする三田村。
 渡辺は最後の手札を明かして笑う。《強打/Smite》。

三田村 1-1 渡辺

「2-1ぐらいっぽいでしょ」
 デッキの動きを一通り披露して、三田村が言う。
 ここからは、自身にプラスの「計算外」を起こせるか。

Game 3

 渡辺の《孤独な宣教師/Lone Missionary》から幕が開く最終戦。
 三田村の《尊大な血王/Arrogant Bloodlord》は、続いて出てきた《前兆の壁/Wall of Omens》に向かって攻撃して交換となり、2体目が出てくる。
 が、渡辺の方は《マキンディのグリフィン/Makindi Griffin》から《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》を展開して、徐々に攻勢を強める。持ってくるのは当然《家畜化/Domestication》だ。
 展開に制限をつけられてしまった三田村は、都合3体目となる《尊大な血王/Arrogant Bloodlord》。だがどうにも具合が悪く、2体目は《海門の神官/Sea Gate Oracle》をブロックして相打ちとせざるを得ない。
 三田村は6マナから《アクームの岩足/Akoum Boulderfoot》で《孤独な宣教師/Lone Missionary》を除去、逆転の足がかりをつかもうとするが、このフルタップの隙に渡辺の《マンモスの陰影/Mammoth Umbra》が《マキンディのグリフィン/Makindi Griffin》に装着。
 空からの5点攻撃が、試合を速やかに終わらせることとなった。

三田村 1-2 渡辺

前の記事: Round 8: 森 勝洋(大阪) vs. 伊藤 光英(埼玉) | 次の記事: Round 9: 八十岡 翔太(東京) vs. 北山 雅也(神奈川)
イベントカバレージ/日本選手権2010 一覧に戻る

イベントカバレージ