マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 9: 八十岡 翔太(東京) vs. 北山 雅也(神奈川)

Round 9: 八十岡 翔太(東京) vs. 北山 雅也(神奈川)

By Daisuke Kawasaki

 八十岡 翔太(東京)はPlayer of The Yearといった名誉や、実際のプレイスキル・デッキ構築と欲しいものは何でも持っている。持っていないのは唯一、個人タイトルだけだ。

 八十岡の個人タイトルへの思いの強さは、折に触れて紹介しているので改めてここで記すほどではないかもしれないが、その動機のひとつは、周囲の人間が次々個人タイトルを獲得していることにあるかもしれない。

 例えば、共にチーム戦でプロツアーチャンプとなった齋藤 友晴(東京)と鍛冶 友浩(東京)は共にグランプリチャンピオンであるし、八十岡が共に切磋琢磨してきたプレイヤー達も今や多勢がタイトルホルダーである。

jpg

 そのうちのひとりが、2007年に日本チャンピオンになった北山 雅也(神奈川)だ。

 八十岡 翔太に、日本王者へのこだわりがあるかはわからない。もしかしたら、PoYになった後に日本チャンピオンになるのは、ホセの後に力石を倒すようなものと思っているかもしれない。だが、それが個人タイトルであるのならば、八十岡が切望しないはずも無いのだ。

 ここまで2敗の八十岡。果たしてここで勝利し、個人タイトルへの第一関門トップ8入賞に一歩近づく事ができるのか。

Game 1

 後手の八十岡はマリガンするが、ファーストアクションも、八十岡の《成長の発作/Growth Spasm》。

 一方の北山は青マナを引かない。唯一だした《孔の歩哨/Vent Sentinel》は、《死骸孵化/Corpsehatch》で除去され、それが《記憶の壁/Mnemonic Wall》で回収されてしまう。

 《分かち合う発見/Shared Discovery》を撃っては回収し、撃っては回収、そして、《予言のプリズム/Prophetic Prism》と、ライブラリーを掘り下げ続ける八十岡なのだが、こちらはこちらでまったくクロックをひかない。

 しかたなく《バーラ・ゲドの蠍/Bala Ged Scorpion》を召喚、そしてこれで自ら破壊した《記憶の壁/Mnemonic Wall》を《死者のインプ/Cadaver Imp》で回収する。これでやっとクロックを準備。

 《死者のインプ/Cadaver Imp》を《よろめきショック/Staggershock》で除去した北山なのだが、土地の枚数も、コントロールするクリーチャーの枚数も、八十岡が有利な状況。

北山 「ヤソ、手札何枚?」

八十岡 「7枚」

北山 「うわー、なんにも勝ってねぇ!」

jpg

真木 「大丈夫、ダイスは勝ってる!」

 観戦していた真木 孝一郎のナイスギャグでひとしきり和やかなムードになったところで北山は土地を引きはじめ、やっと《夢石の面晶体/Dreamstone Hedron》をキャスト。さらに《空見張りの達人/Skywatcher Adept》を追加すると、これをレベルアップする。

 八十岡は《コジレックの捕食者/Kozilek's Predator》をキャストしてじわじわとクロックを強化。北山は盤面の保持のためにも《記憶の壁/Mnemonic Wall》をキャストし、《先読み/See Beyond》を回収する。

 だが、返しで八十岡がキャストしたのは《虚身の勇者/Null Champion》。

北山 「わー。あれはやばそう」

 一気にレベル4に達した八十岡の勇者。一方の北山は2枚目の《記憶の壁/Mnemonic Wall》でまたも《先読み/See Beyond》を回収する。ちなみに、この時点で戦場に並んでいる《記憶の壁/Mnemonic Wall》の枚数はなんと4枚。

 結局、最高レベルに達した《虚身の勇者/Null Champion》を止める事ができず、北山は一生懸命引き当てた土地を片付けた。

八十岡 1-0 北山

Game 2
jpg

 先手の北山は、八十岡の《バーラ・ゲドの獣壊し/Beastbreaker of Bala Ged》を《剥奪/Deprive》するが、続く《成長の発作/Growth Spasm》を通す。

 何とかちゃんと《山/Mountain》も引けた北山は《海門の神官/Sea Gate Oracle》をキャストするのだが、八十岡は《踏みつけの仔/Stomper Cub》をキャストする。そして、4マナ残してターンを終えた北山に対して、《バーラ・ゲドの蠍/Bala Ged Scorpion》をキャストする。

 小考の末、これをスルーした北山は、ターンエンドに《産卵の息/Spawning Breath》をキャスト、そして、これで生み出された0/1トークンに《ドレイクの陰影/Drake Umbra》をエンチャントする。

 ここで八十岡は、《地獄彫りの悪魔/Hellcarver Demon》をキャスト。

北山 「うわ、なんかでてきたよ」

 そして、これをタップして、八十岡は《分かち合う発見/Shared Discovery》で3枚ドローする。

八十岡 「贅沢なスリードロー」

 ドレイク風の見た目の落とし子トークンは《踏みつけの仔/Stomper Cub》と相打ち、手札yと相談した結果、北山は「人間、あきらめが肝心」と投了した。

北山 「日曜日はPTQかなぁ」

八十岡 2-0 北山

 こうして一歩トップ8へと近づいた八十岡だが、むしろ八十岡は、例えばグランプリ換算なら世界でも上位のトップ8進出率を誇っている。問題は、トップ8入賞後。

 このマッチなど、ヤソにとっては通過点。

前の記事: Round 8: 三田村 和弥(千葉) vs. 渡辺 雄也(神奈川) | 次の記事: Round 9: 池田 剛(福岡) vs. 中村 修平(大阪)
イベントカバレージ/日本選手権2010 一覧に戻る

イベントカバレージ