マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 9: 池田 剛(福岡) vs. 中村 修平(大阪)

Round 9: 池田 剛(福岡) vs. 中村 修平(大阪)

By Shiro Wakayama

jpg

 ここまで1敗の二人。初日の順位に従って2日目のドラフトポッドが決定するが、順番が下のポッドだからといって、プレイヤーの質が低いわけでは無い。寧ろ、日本選手権では"濃い"メンツが2番、3番ポッドに集まることが多いと言われている。
 今回もご多分にもれず、3番ポッドに猛者達が終結した。池田剛、北山雅也、齋藤友晴、中村修平、藤田修、八十岡翔太の6人を含む3番ポッド。この強烈なメンツの中で、確実に1勝を勝ち取り、フィーチャーテーブルに呼ばれたのは池田剛(福岡)と中村修平(大阪)。

 フィーチャーマッチが発表される前から、フィーチャーテーブルで静かに集中しながら待つ前回日本王者中村。さらに勝ち星を伸ばし、TOP8へ歩みを進めることが出来るのだろうか。

Game 1
jpg

 先手は池田。お互いにマリガン無し。

 中村の《岸壁安息所の騎士/Knight of Cliffhaven》を池田が《二股の稲妻/Forked Bolt》で除去するファーストアクション。さらに展開するは《暁輝きの発動者/Dawnglare Invoker》。たいして池田は《バーラ・ゲドの獣壊し/Beastbreaker of Bala Ged》を展開する。
 さらに中村は展開する手を緩めず、《孤独な宣教師/Lone Missionary》、《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》と展開。池田は《野心の発動者/Wildheart Invoker》を展開。がっぷり四つの展開となる。

 中村の《暁輝きの発動者/Dawnglare Invoker》がダメージを積み重ねる展開の中で、《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》がいるのにも関わらず、4マナを立たせたままターンを返す。

 あからさまに罠を構えて待つ中村を前に、池田はここで思慮をめぐらせる。悩んだうえに、《エムラクールの孵化者/Emrakul's Hatcher》をプレイするが、ここは中村、《剥奪/Deprive》でカウンター。

 お互いに後続を引けず、池田の《バーラ・ゲドの獣壊し/Beastbreaker of Bala Ged》がライフを削り続け、中村のライフは8まで落ち込んでしまう。

 このままだと、そのまま押し込まれてしまう中村は、《逆行/Regress》で《バーラ・ゲドの獣壊し/Beastbreaker of Bala Ged》をバウンス。ダメージレースのゴール手前でかわしての勝利を狙う。《暁輝きの発動者/Dawnglare Invoker》に《ドレイクの陰影/Drake Umbra》をエンチャント。一気にライフを削りにかかるgが、《胞子頭の蜘蛛/Sporecap Spider》が立ちはだかる。

 池田は、終焉に近づいているこのゲームの幕引きの方法を熟考し、結局《バーラ・ゲドの獣壊し/Beastbreaker of Bala Ged》と《ゴブリンのトンネル掘り/Goblin Tunneler》戦線に追加し、レベルアップさせずに、ターンエンド。

 +3/+3修正を受けた《暁輝きの発動者/Dawnglare Invoker》が、レッドゾーンに送り込まれ、池田のライフは5。次のターンには中村に勝利が訪れる。

 だが、中村のターン終了時の池田のアクションは《よろめきショック/Staggershock》対象は中村。さらに反復の対象も中村。

 《ゴブリンのトンネル掘り/Goblin Tunneler》の能力を《バーラ・ゲドの獣壊し/Beastbreaker of Bala Ged》に起動した上で、レベルアップさせ、4/4のアンブロッカブルクリーチャーを作り上げる。

 中村のライフはちょうど0になった。

池田 1-0 中村

Game 2
jpg

 先手は中村。

 中村の《栄光の探求者/Glory Seeker》でゲームはスタート。これにたいして池田は《草茂る胸壁/Overgrown Battlement》。中村は《孤独な宣教師/Lone Missionary》でライフが24に。

 Game1と同様にゆっくりとした展開で、池田の《エムラクールの孵化者/Emrakul's Hatcher》をまたも《剥奪/Deprive》で退ける中村。
 《孤独な宣教師/Lone Missionary》で中村のライフは増加していくが、盤面に脅威を用意できず、ゲームがスローダウンしていく。

 池田は6マナたたせながら、溜息をついてターン終了を宣言。

 中村は、池田が足踏みをしている隙に、《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》で《ドレイクの陰影/Drake Umbra》をサーチ。いっきに盤面が傾くかと思いきや、温存していた《よろめきショック/Staggershock》がきっちり1:2をとって、中村のクリーチャーを葬り去り、ワンサイドゲームにはさせない。

 《ドレイクの陰影/Drake Umbra》が見えている状態で6マナ立たせてターンを返した池田。中村は少し悩んで《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》に《ドレイクの陰影/Drake Umbra》をつけようとするが、これは予定調和的に《熱光線/Heat Ray》で除去。

 そして、ここぞとばかりに池田は《ペラッカのワーム/Pelakka Wurm》をプレイして、盤面を一気に押し戻し、さらにライフレースもイーブンまで戻す。

 しかし、中村は《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》をまたもプレイ。2枚目の《ドレイクの陰影/Drake Umbra》を持ってきて、さらに《ハイエナの陰影/Hyena Umbra》をエンチャント。《ドレイクの陰影/Drake Umbra》プレイスタックでの除去すら否定した万全の態勢を作る。

 だが池田は《熊の陰影/Bear Umbra》を《ペラッカのワーム/Pelakka Wurm》にエンチャント。さらに《溶岩気の発動者/Lavafume Invoker》をプレイ。

 池田の場に、強力なクリーチャーが登場したが、中村も負けじと《マンモスの陰影/Mammoth Umbra》をプレイ。6/9警戒、族霊鎧×2付きという鉄壁のクリーチャーを作り上げる。

 だが、次なる池田のアクションは《ペラッカのワーム/Pelakka Wurm》に《蛇の陰影/Snake Umbra》つけて、アタック。強力なクリーチャーの登場で、一気にゲームが傾く。

 中村の場にも凶悪なクリーチャーがいるのだが、ドローエンジン付きの10/10クリーチャーを対処することが出来ず、中村はカードを片づけた。

池田 2-0 中村

前の記事: Round 9: 八十岡 翔太(東京) vs. 北山 雅也(神奈川) | 次の記事: 芸術に関するあれやこれ
イベントカバレージ/日本選手権2010 一覧に戻る

イベントカバレージ