マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 13: 伊藤 光英(埼玉) vs 石川 翔(東京)

Round 13: 伊藤 光英(埼玉) vs 石川 翔(東京)

by Yusuke Yoshikawa

jpg

 残すところ2ラウンド、夢を懸けて戦いに挑む二人がフィーチャーマッチに招かれた。

 今大会の使用デッキでは独自路線を歩む二人。伊藤は白青で《失われたアラーラの君主/Sovereigns of Lost Alara》を運用する通称「瞬獄殺」、石川は《徴兵されたワーム/Enlisted Wurm》を用いた白緑青のビッグマナ系デッキである。

 彼らは同じ関東圏で活動していて、互いに認識はあるが初対戦だという。

 「PWCなどではよく会っているのに、初顔合わせですよね」と笑う。

 デッキの誇りと、それぞれの夢を懸けて、戦いの幕が上がる。

Game 1
jpg

 ダイスロールで先手を取った石川が、7枚を見て早くも長考に沈む。
 結局マリガン。伊藤はキープ。

 フィーチャーマッチエリアでのゲームではあるのだが、隣でプレイ中なのが森 vs 清水のため、そちらに注目が集まっているのが現状。
 それを見て、シャッフルの最中に石川が、

「ギャラリーの数が違う、場数が違う」

 と笑う。しかしデッキの中身では負けていない。

 ひとたびゲームが始まれば、双方土地を並べあう静かな立ち上がり、後手第3ターンに伊藤の《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》が開幕を告げる。これで先手後手が入れ替わった形。
 伊藤の《海門の神官/Sea Gate Oracle》を見ながら、石川は4枚目の土地を置くのに余計に1ターンを要するが、無事に2体を《審判の日/Day of Judgment》する。
 伊藤の次なる《失われたアラーラの君主/Sovereigns of Lost Alara》には《忘却の輪/Oblivion Ring》で対処する。
 しかしマナ量でまさる伊藤は《天界の列柱/Celestial Colonnade》で先に攻撃を始める。 石川は《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》で主導権を取り返しにいく。
 伊藤は《広がりゆく海/Spreading Seas》を石川の《天界の列柱/Celestial Colonnade》につけ、少し考えるが《天界の列柱/Celestial Colonnade》の攻撃で《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》の忠誠度を下げにいき、4に。

 石川も土地を引き込み、ようやくビッグマナ系の本領を発揮にかかる。が、まずは《天界の列柱/Celestial Colonnade》を《広がりゆく海/Spreading Seas》して、さらに《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》でトークン生成、《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》は忠誠度を回復。
 攻めを殺がれてしまった格好の伊藤は、《海門の神官/Sea Gate Oracle》で次への策を求めるが、ここであからさまに苦い顔。
 結局、2枚目となる《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》を経て《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》X=2を置くのみ、とする。
 手番が回ってきた格好の石川は、《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》で+3/+3修整を兵士トークンに与えて攻撃、さらに《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》を「攻撃強制」で起動、さらに《悪斬の天使/Baneslayer Angel》を配備。できる手はすべて尽くして優勢を離さない。
 伊藤は《悪斬の天使/Baneslayer Angel》を《流刑への道/Path to Exile》する。

 自らのターン、伊藤は確認する。

「ライフは?」「12」
「マナは?」「緑マナだけ」

 そして、「その」手順を踏む。
 《忘却の輪/Oblivion Ring》で《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》を排除、《失われたアラーラの君主/Sovereigns of Lost Alara》をプレイ、《海門の神官/Sea Gate Oracle》でプレイヤーに攻撃。《失われたアラーラの君主/Sovereigns of Lost Alara》で《エルドラージの徴兵/Eldrazi Conscription》を持ってくる。
 賛美能力を含めて、ちょうど12点。

伊藤 1-0 石川

 伊藤が自身の状態を称して「スーパーマナフラッド」と言ったが、それでも「瞬獄殺」を決めてみせるのが、このデッキの強み。

伊藤「そっちのデッキの全容わからないですよね」

石川「そうですねー」

 心底楽しそうな騙し合いがちらりほらり。

石川「どこで負けたんですか?」

伊藤「片方はモリカツさんにドラフトで...」

 今日のイベントを振り返って笑いあう石川と伊藤。そこには、純粋な楽しみ。

Game 2
jpg

 気合を入れるように、緊張をほぐすように手を動かして、
 「先手で!」「いきます!」
 と気合十分の石川。対して伊藤は7枚を見ながら唸る。土地と呪文のバランスはいいが、プランがどうか......というところ。
 結局覚悟を決めたように「やります!」と告げた。

 石川は《海辺の城塞/Seaside Citadel》に《豊穣の痕跡/Trace of Abundance》をつける。そしえ加速したマナを利して第3ターンに《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を送り込み、兵士トークンを得る。
 《海門の神官/Sea Gate Oracle》を出して備えるのみの伊藤に、石川は勇躍+3/+3して攻撃を開始。
 伊藤も待っているだけではいかぬと、《海門の神官/Sea Gate Oracle》攻撃で《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》の忠誠度を1減らし、《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》は通常プレイでマナを伸ばす。
 しかし石川は+3/+3攻撃ののち、《地盤の際/Tectonic Edge》をセット。ちょうど土地が4枚の伊藤の口から「きち」というわずかな呟きが漏れる。さらには5マナから《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》、「攻撃強制」。
 ここで伊藤は頭を悩ませる。
 考慮ののち出した答えは、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》を出して《渦まく知識/Brainstorm》能力起動。戻す2枚を慎重に考えて、《乾燥台地/Arid Mesa》を置いて《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》に《海門の神官/Sea Gate Oracle》で攻撃。《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》を残してターン終了。
 石川はまず兵士トークンに+3/+3してから、また思い直したように、計算しなおす。
 ライフ11の伊藤に対して、意を決して4/4の兵士トークン、《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》《天界の列柱/Celestial Colonnade》でプレイヤーに総攻撃。
 何もなければ勝ちであるが、もちろん《流刑への道/Path to Exile》があって《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》が取り除かれる。
 だが残るクリーチャーの攻撃で伊藤のライフは3、《乾燥台地/Arid Mesa》を起動してライフは2。

 劣勢の伊藤、
「神のドロー!」
 と言いながら引き、カードを見ると
「そうですか」
 と納得する。

 伊藤はまず《ジュワー島のスフィンクス/Sphinx of Jwar Isle》を出して守りを固め、トークンを《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》の《送還/Unsummon》能力で排除する。そして《海門の神官/Sea Gate Oracle》で《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を攻撃しておく。
 しかし石川は《地盤の際/Tectonic Edge》で《天界の列柱/Celestial Colonnade》を破壊した上で、《審判の日/Day of Judgment》で伊藤を守るクリーチャーを流し、新たに兵士トークンを得る。
 伊藤は《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》の《渦まく知識/Brainstorm》を使うのだが...そこに見た未来は。

「投了します」

伊藤 1-1 石川

 ゲームが終わってタイスコア、両者が息をつくのもほんの束の間。
 「で、だ」と石川。
 そして「うーん」と両者が唸る。
 双方にしてみれば、あまり戦ったことのない相手。その中でどこに勝機を見出し、どんなプランを描くかが、今この場で問われている。
 石川は気合を込めなおすような、伊藤は平静を保つような表情が印象的である。

 しかし伊藤にしてみれば、石川のデッキの全容がつかめていない様子。
 「プレインズウォーカーコントロールっぽいのはわかりました」という伊藤の言葉に、石川はただ、うなずく。
 答えはすぐ、このゲームの後に明らかになる。

Game 3

 両者気合十分のキープ。
 幕開きは伊藤の《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》X=1から。続いて《海門の神官/Sea Gate Oracle》を出してから《平地/Plains》を置く。殴れるクリーチャーは瞬殺への第一歩。
 石川は返しに《忘却の輪/Oblivion Ring》をキャスト。追放する対象は《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》。
 返しのターン、伊藤は《海門の神官/Sea Gate Oracle》で攻撃し......「正解ですね」といいながらそのままターンを返した。石川が伊藤の挙動から、土地不足を見抜いていたのだ。
 続く石川の《広がりゆく海/Spreading Seas》(対象は《天界の列柱/Celestial Colonnade》)は《否認/Negate》で退ける伊藤。石川はこれに納得し、《前兆の壁/Wall of Omens》で出して次への備え。
 伊藤は必死で守った2個目の白マナから《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》。《平地/Plains》を導いて、さらに《天界の列柱/Celestial Colonnade》を置く。
 「引いたんだ!」と石川。
 「引きました」と苦笑いの伊藤。
 5枚の土地フルタップで《悪斬の天使/Baneslayer Angel》を出す石川に、伊藤はさらに6枚目のマナソースを引き当てて、《失われたアラーラの君主/Sovereigns of Lost Alara》。攻撃した《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》が《エルドラージの徴兵/Eldrazi Conscription》で巨大化する!
 石川はこれを《悪斬の天使/Baneslayer Angel》《前兆の壁/Wall of Omens》で全力ブロック。意図するところを理解した伊藤。ライフは絆魂による回復もあって19という水準のまま。
 予告先発の《審判の日/Day of Judgment》を経て、伊藤の次なる手は《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》。兵士トークンを生成。
 石川はキッカーなしの《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》。ここで捨てられた《徴兵されたワーム/Enlisted Wurm》に驚いた伊藤だが、《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》そのものは《流刑への道/Path to Exile》する。
 伊藤はまず《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》で《平地/Plains》を得て、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》。手札3枚、フルタップの石川に対して「+2」能力を起動する。見たカードを即座に下へ、そして+3/+3した兵士で攻撃。
 石川はついに《徴兵されたワーム/Enlisted Wurm》をプレイ。その真価が示される......前にやたら土地がめくられる。これは救われた格好か。結局めくれたのは《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》で、伊藤のそれと対消滅となる。
 伊藤は《天界の列柱/Celestial Colonnade》を起動し、《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》に+3/+3しての攻撃には、石川の《流刑への道/Path to Exile》が《天界の列柱/Celestial Colonnade》へ。攻撃を受けて石川のライフは10に減少。
 兵士トークンを残して、ターンを返す。

 深い息をつく石川。気合を込めて送り込んだのは、さらなる《徴兵されたワーム/Enlisted Wurm》。
 続唱で現れたそのカードに、伊藤の声が思わず漏れる。
「なんだと...」
 《野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt》。

 手札には、ピンポイントでこれを除去できるカードがない。そうなると攻めきるプランしかない。
 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》の+3/+3修整を《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》に与え、《天界の列柱/Celestial Colonnade》とで攻撃。
 そこに、石川のただひとつ残した《海辺の城塞/Seaside Citadel》がタップされる。
「まだ持ってるのか!」
 《流刑への道/Path to Exile》により《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》が除去され、石川の命運を削りきるには至らない。まだライフ6。逆転か。
 石川は《野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt》の能力でトークンを排除しながら、《天界の列柱/Celestial Colonnade》を起動して《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》へ攻撃、ワームたちは伊藤のもとに迫る。

 心強い相棒を失った伊藤だが、気落ちも見せずドローする。小気味よく手札に加え、そのカードを見る。なんとか逆転はないか。
 しかし、マナを数えるその手つきには、口惜しさを抑えきれない様子が見える。
 数少ない手札から《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》を出し「攻撃強制」、《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を出してトークンを得る、として終了。

 石川は《野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt》の能力で2体目の狼トークンを得て、例によって伊藤の兵士トークンを排除し、残りは攻撃で《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》を倒す。
 伊藤はドローして土地を置き、最後の手札である《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》をキッカー込みで唱える。
 そして3枚のカードを引き......
 それをそのまま明らかにして、対処策がないことを示した。

伊藤 1-2 石川

 ゲームの結果から、石川からは喜びを、伊藤からは悔しさを感じはするが、敗れた伊藤にもわずかながらTop8の目が残ることもあってか、それ以上に熱戦の満足感があることが伝わってきた。

 そして「ネタばらし」をしながら、意見を交換する二人。

 最高の勝負の相手は、最高の仲間へと。

前の記事: Photo Blog: 併催イベント本部よりお知らせ! | 次の記事: Photo Blog: 「原画争奪」スタンダードトーナメント結果
イベントカバレージ/日本選手権2010 一覧に戻る