マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝: 八十岡 翔太(東京) vs. 池田 剛(福岡)

準々決勝: 八十岡 翔太(東京) vs. 池田 剛(福岡)

By Tomohiro Kaji

jpg

 ここで勝てば、千葉で行われる世界選手権の権利が発生する。
 しかし、この二人にはそんなことは関係なく、既にプロポイントで参加は確実だ。

 むしろ賞金だとか、プロポイントだとかも関係無く、ただ優勝のみに焦点をあわせている。

 マッチアップは5分5分と、ダイスで勝った方が有利とは八十岡の言葉。

 池田が先行を選ぶと、八十岡は残念そうにカードを7枚引いた。

Game 1
jpg

 先行は池田、《溶岩爪の辺境/Lavaclaw Reaches》から入る八十岡の土地を《広がりゆく海/Spreading Seas》で《島/Island》化する。
《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》など、色拘束が厳しいカードの多いジャンドには辛いが、そんなことには既に慣れてしまった八十岡。
そして《前兆の壁/Wall of Omens》、《広がりゆく海/Spreading Seas》とキャントリップ付きのカードで、池田は手札を減らすことなく盤面の優位を築くが、八十岡も淡々と土地を並べる。

 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》も唱えられるマナベースの八十岡は、《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》をキャストすると、公開されたのは《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》。

 壁があるのでまだ3点クロックと、八十岡にとってはかなり厳しい。
 さらなる池田の3枚目の《広がりゆく海/Spreading Seas》で八十岡の土地は《森/Forest》と3枚の《島/Island》と、さすがに彼のデッキに唱えられるカードは1枚もない。

 池田が《悪斬の天使/Baneslayer Angel》攻撃すると、八十岡はディスカードを始めた。

 八十岡窒息死。

池田 1-0 八十岡

Game 2

 代わって先行の八十岡は、《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》から切り込む。

 ライフに構わず、パンプアップで4/4化すると、さらに《荒廃稲妻/Blightning》をキャストする。既に池田のライフは12と、まさに先行有利。

 池田は《前兆の壁/Wall of Omens》を加え、《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》をチャンプブロック。八十岡のライフの支払いに応じて、《流刑への道/Path to Exile》で壁を旅立たせ、《平地/Plains》に変える。

 池田は《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》で《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》を《復讐/Vengeance》するも、追加の《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》と、《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》からの《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》で、ボディーガードは即退場。

 一方的な攻撃に、池田、ライフ0。

池田 1-1 八十岡

Game 3
jpg

 お互い若干のサイドボードをすると、次は池田の先手でスタート。

 《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》でマナ加速スタートする池田に対し、タップインが続き展開無しの八十岡。
 池田の場に最速で《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》が現れ、兵士を呼び出すと、八十岡も《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》で土地を攻めるが、《前兆の壁/Wall of Omens》と1/1トークンを前に攻めるに攻めれない。

 続くターン、八十岡は1マナを残しながら《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》をキャストすると、《強迫/Duress》が公開された。
 池田の対応は無く、《天界の粛清/Celestial Purge》が捨てられるが、残りのカードは《忘却の輪/Oblivion Ring》と《未達への旅/Journey to Nowhere》という除去2枚。
 さらに攻める八十岡は、2枚目の《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》をキャストし、《破滅の刃/Doom Blade》で《前兆の壁/Wall of Omens》を排除すし、全軍PWにアタックする。

 ライフにまだ余裕がある池田は、《未達への旅/Journey to Nowhere》で3/2を取り除き、《広がりゆく海/Spreading Seas》で有効なカードを探すと《悪斬の天使/Baneslayer Angel》にたどり着く。

 八十岡も《狂乱のサルカン/Sarkhan the Mad》をキャストし、ドローエンジンとして使うが、除去カードは見つからない。もちろん、今は引けなかったが、手札にあった《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》を天使にキャスト。
 池田も《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》で強化したトークンで《狂乱のサルカン/Sarkhan the Mad》を排除。
 またも場は《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》のみとなる。

 八十岡は《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》をキャストし、《強迫/Duress》を唱えるが、このプレインズウォーカーに対する有効なカードが見つからない。
 だが、《荒廃稲妻/Blightning》で池田の除去カードを捨てさせて、クリーチャーを全て相打ちさせると、サイドボードカードの《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》が登場した。
 気付けば場はトークン生成PW対決で、トークンサイズは1/1対3/3。

 しかし、再度登場した池田の《悪斬の天使/Baneslayer Angel》を前に、そんなことはどうでも良くなってしまった。
 消耗した八十岡に天使を対処できるカードは無かった。

池田 2-1 八十岡

Game 4

 やっと先行が戻ってきた八十岡は、2ターン目に《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》を戦場に加えるも、アクションの無かった池田に八十岡は攻撃すると、2ライフ払った瞬間に《天界の粛清/Celestial Purge》される。
 池田が《前兆の壁/Wall of Omens》をキャストすれば、八十岡は《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》を連打して《天界の列柱/Celestial Colonnade》を壊しきり、《怒り狂う山峡/Raging Ravine》で攻撃を開始。

 2/1をトークンで対処しようと《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》をキャストする池田だが、《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》と《荒廃稲妻/Blightning》で池田のパーマネント、手札は吹き飛んだ。
 頼みの綱の《悪斬の天使/Baneslayer Angel》も、《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》が場に出てしまい、どんな強いカードでも数の暴力に屈することとなった。

池田 2-2 八十岡

Game 5

 ダイスロールに勝利したことで3回目の先攻の権利を得た池田。だが、ここで痛恨のダブルマリガン。

 ここまで先行を取ったプレイヤーがテンポで押し切ってきた4ゲームだったが、ハンド差があるこのゲームはどうなるだろう?
 対する八十岡も土地ばかりだが、青白に強い《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》があることと、《広がりゆく海/Spreading Seas》を意識してキープした。

 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》からプレイする八十岡に、タップインの土地を置くだけの池田、八十岡はさらに《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》を使いながらトップデックしたばかりの《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》を即キャスト。
 4/4を放置できない池田は、《未達への旅/Journey to Nowhere》をドローし、即このクリーチャーを取り除いた。
 続いて、《前兆の壁/Wall of Omens》をキャストするも、もう既に《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》の時間。

 毎ターン3/3ビースト・トークンを生み出す八十岡に、池田は《前兆の壁/Wall of Omens》を追加するが、パワーが0では戦闘でパーマネントを減らせない。

 しかし、《悪斬の天使/Baneslayer Angel》がキャストされると状況が一変。
 八十岡は続唱で天使を除去するために、0/4へ《瀝青破/Bituminous Blast》を唱えるが、空気の読めない《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》が登場する。

 所詮地上のクリーチャーが増えたところで関係ないと、割り切った池田は《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》を無視してプレイヤーを攻撃した。

 フェッチに払ったライフとあわせて残り八十岡:12、絆魂で池田:25

 3/3や3/2というサイズのクリーチャーしか持たない八十岡は、《天界の列柱/Celestial Colonnade》を含めた6枚の土地を前に攻撃を悩む。
 《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》に2ライフを払ってしまうと、《悪斬の天使/Baneslayer Angel》の攻撃2回で死亡と、自分の首を絞めかねない八十岡は《怒り狂う山峡/Raging Ravine》のみでアタックする。
 しかし、それをプレイヤーで受けても池田のライフは未だ20超え、除去が無いならばと、さらに天使と共に《天界の列柱/Celestial Colonnade》で攻撃し、八十岡のライフは一気に3になった。

 《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》を使って《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》をキャストし、《瀝青破/Bituminous Blast》のマナを残した八十岡に、池田は考える。
 最悪の場合、攻め手を全て失って負けてしまうが、そんなに都合よくいくものか?
 持っているなら仕方がないと、再度《悪斬の天使/Baneslayer Angel》と《天界の列柱/Celestial Colonnade》で攻撃すると、八十岡は非常に悔しそうな表情でカードを片づけた。

池田 3-2 八十岡

前の記事: 準々決勝: 石川 翔(東京) vs. 田籠 渉(奈良) | 次の記事: Photo Blog: アーチエネミー・魔王撃滅?
イベントカバレージ/日本選手権2010 一覧に戻る

イベントカバレージ