マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝: 森 勝洋(大阪) vs. 清水 直樹(大阪)

準々決勝: 森 勝洋(大阪) vs. 清水 直樹(大阪)

By Daisuke Kawasaki

jpg

 このみやこめっせの会場は、2007年にグランプリ・京都が開催された会場だ。

 渡辺 雄也(神奈川)が優勝し、その年にRoYを獲得するきっかけとなったこの会場。その後の渡辺の活躍を考えれば、日本のマジック史上で非常に重要な場所であることは間違いない。

 その、渡辺の準々決勝の対戦相手が「シミックの王子」清水 直樹(大阪)だ。

 いまや、誰もが認める青緑、シミックキャラの清水だが、この「シミックの王子」という通り名がついたのが、まさにこの渡辺との準々決勝だった。

 デック構築劇場の看板役者である清水のスタート地点は、この会場だったと言っていいだろう。

 練りに練り、強い愛着を持った、青緑トロン「セル」。このデックが清水のシミックキャラを定着させ、そしてその後、数々の名作デックを清水が作っていくきっかけとなった。デック構築劇場という連載が実現したきっかけもこのデックにあったといっていいだろう。

Game 1
jpg

 ダイスロールで先手は森。

 一方の清水は、マリガンし、さらに土地が1枚の手札もまたマリガンした。続く5枚の手札には、土地が2枚。これを清水はキープする。

 森は、1ターン目に《ゴブリンの先達/Goblin Guide》を召喚しアタック、清水は山札の上をめくるが、土地は無し。土地の枚数に不安がある時の《ゴブリンの先達/Goblin Guide》は、死刑宣告にも近い。

 《活発な野生林/Stirring Wildwood》《天界の列柱/Celestial Colonnade》と手札にある土地をおききった清水。だが、《ゴブリンの先達/Goblin Guide》のアタックでめくられた山札の上は、またも土地では無く、《前兆の壁/Wall of Omens》。

 しかし、この《前兆の壁/Wall of Omens》によるドローが、やっと3枚目の土地、《平地/Plains》へのアクセスを可能とした。清水は思わず、少し叩きつけるかのように、土地をセットする。

 《稲妻/Lightning Bolt》の連打と《ゴブリンの先達/Goblin Guide》の猛攻の前に、清水のライフは5。

 とはいえ《前兆の壁/Wall of Omens》によって《ゴブリンの先達/Goblin Guide》の攻撃は完全に止まり、そして、森の土地も、2枚で止まってしまったのだ。その間に、土地を引き続けた清水はちゃくちゃくと戦線を構築していく。

 やっと3枚目の土地を引き当てた森は、《地獄の雷/Hell's Thunder》をキャストする。これを清水は《流刑への道/Path to Exile》する。森ははからずも4枚目目の土地を手に入れる。

 これで《消しえる火/Quenchable Fire》をキャストすると、清水のライフは2。清水は青マナを支払ったが、森の手札からは、さらに《稲妻/Lightning Bolt》が。

森 1-0 清水

 シミックキャラと並ぶ清水のもうひとつの代名詞、それが「ちくなん」だ。

 ちくしょー、なんでだといえば、清水の負けた時の捨て台詞。劇場型プレイヤーである清水のこのセリフを生で聞くことを楽しみに観戦に来てしまうプレイヤーすらいるくらいだ。

 しかし、きっと、このセリフを清水の口から聞くことは、今日に限っては無いだろう。トップ8プロフィールにも書いてあるように、清水は「ちくなん」を封印した。

 このセリフが語られたのが、2006年の日本選手権。

 自身の自信のデック、ソーラーフレアをひっさげて参戦した若き清水には、大いなる野心があった。世界に自分の名前を知らしめてやるという大きな野心が。

 だが、リンク先の記事にあるように、清水のその野心はならなかった。

 だから、清水はこの大会で「ちくなん」を封印した。

Game 2

 またも、土地の無い初手に、マリガンを選択する先手の清水。

 今度は十分な手札に、6枚でゲームをスタート、《海辺の城塞/Seaside Citadel》をセットする。

 対して森は2ターン目に《地獄火花の精霊/Hellspark Elemental》をキャストする。清水は《海門の神官/Sea Gate Oracle》を召喚。

 ターンエンドに《海門の神官/Sea Gate Oracle》を《稲妻/Lightning Bolt》で除去すると、《ゴブリンの先達/Goblin Guide》と《地獄火花の精霊/Hellspark Elemental》でアタック、5点のダメージを与えて清水のライフは13。

 清水は先ほどの《海門の神官/Sea Gate Oracle》で手に入れた《前兆の壁/Wall of Omens》をキャストし、《極楽鳥/Birds of Paradise》を場に追加する。
 だが、この《前兆の壁/Wall of Omens》は《炎の斬りつけ/Flame Slash》で対処され、またも5点のダメージ。これで清水のライフは8。

 ここで清水は《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》をキャスト。これには森も眉をしかめる。そして、キッカー付きの《噴出の稲妻/Burst Lightning》で《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》を除去し、再び《ゴブリンの先達/Goblin Guide》で攻撃。清水のライフは6。

 しかし、《ゴブリンの先達/Goblin Guide》のアタックでめくられたトップは《天界の粛清/Celestial Purge》だった。これで《ゴブリンの先達/Goblin Guide》が対処され、しばらく互いに淡々と土地を置くだけのゲームが始まる。

 先に動いたのは森。

 《狡猾な火花魔道士/Cunning Sparkmage》をキャストする。清水はこれを《バントの魔除け/Bant Charm》で除去。対応して森は《極楽鳥/Birds of Paradise》を焼く。

 返して、清水は、長考の末《失われたアラーラの君主/Sovereigns of Lost Alara》をキャスト。残るマナは2マナ。

 森はここまで温存していた《地震/Earthquake》を、全力で。

森 2-0 清水

 「《失われたアラーラの君主/Sovereigns of Lost Alara》ださない方がいいよ。あれ出されたら、次のターンに《エルドラージの徴兵/Eldrazi Conscription》で負けるの確定しちゃうから、こっちもやるしかなくなっちゃうから」

清水 「手札がゴミすぎて」

 「帝王」森 勝洋(大阪)にとって、日本選手権と世界選手権は圧倒的に別格のイベントとして位置づけられているのは間違いない。清水が準々決勝で石丸に敗退した日本選手権で勝利したのが、森 勝洋だったのだ。

 森は万全を期すために、前日に黒田 正城(大阪)と入念に練習を積み、この準々決勝にのぞんだ。

 そして、そこで森の練習相手として清水のデックを使い込んだ黒田は、デックに習熟し、デックの使い心地を気に入った。今日、黒田が併催されているPTQで使用しているデックは、清水のデックに少し手を加えたものなのだ。

Game 3
jpg

 ここまでに計3回マリガンしている清水。だが、ここで渡された初手も、また、土地が2枚にマナクリーチャー中心というもの。軽く天を仰ぐと、清水は、「マリガン」と宣言。他方で森はキープ。

 続く6枚を見ると、清水は失笑。深くため息をつき、首を傾げながら、何度目かわからないシャッフルを。

 最後。《島/Island》1枚、《海門の神官/Sea Gate Oracle》2枚に《前兆の壁/Wall of Omens》2枚という手札をキープする。

 この回、森は珍しく1ターン目に《ゴブリンの先達/Goblin Guide》を出せない。

 清水のファーストドローは、待望の土地。だが、それは《森/Forest》。

 森は、2ターン目に《地獄火花の精霊/Hellspark Elemental》。3ターン目に《地獄の雷/Hell's Thunder》、4ターン目に2枚目の《地獄の雷/Hell's Thunder》に《ぐらつく峰/Teetering Peaks》付きという猛攻で清水のライフを7にする。

 3ターン目に1回止まったものの、4ターン目に《森/Forest》を引いた清水は《海門の神官/Sea Gate Oracle》をキャストするのだが、その2枚に土地はなし。さらに、続くターンに出した《海門の神官/Sea Gate Oracle》も土地を導いてはくれない。

 森は《炎の斬りつけ/Flame Slash》と《稲妻/Lightning Bolt》でこの2体を除去すると、2体目の《地獄火花の精霊/Hellspark Elemental》をキャストし、清水のライフは4。

 墓地にある蘇生の枚数を考えれば、ここで白マナを引いても間に合うかどうか、というターン。

 清水のドローは、白マナだったのだが、それはタップインの《天界の列柱/Celestial Colonnade》だった。

森 3-0 清水

清水 「ちく△■×○...」

 森のアタックに対して、清水は、声にならない声を出した。「ちくなん」を封印している以上、清水にもう、ここで使えるセリフがない。

 だが、清水の、世界に名前を知らしめてやるという野望は、すでに達成されていると言っていいだろう。

 すでに、清水の名前はデックビルダーとして日本に知られており、そして、清水のファンと言えるプレイヤーも日本中にいるのだ。

 全てのプレイヤーには、それぞれのマジックとのつきあい方があり、それを表現しあうことが物語となる。清水の人生の表現は、彼のデッキの中にある。

 Decks be Ambitious!!

前の記事: 準々決勝: 八朔 人平(京都) vs. 玉田 遼一(大阪) | 次の記事: 準々決勝: 石川 翔(東京) vs. 田籠 渉(奈良)
イベントカバレージ/日本選手権2010 一覧に戻る

イベントカバレージ