マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 4:高橋 優太(東京) vs. 彌永 淳也(東京)

Round 4:高橋 優太(東京) vs. 彌永 淳也(東京)

By Jun'ya Takahashi

 このラウンドではトップ8圏外ながらも、同年代を代表とするトッププレイヤーの二人のゲームを見ていきたいと思う。

彌永 「こんなトップ8への目の無いゲームを取り上げないでよ」

 と、怒られてしまったが、スキルの高いプレイヤーのゲームを見たい気持ちにスタンディングは関係ない。そんな彌永とは打って変って少しテンションの高い高橋は、自分を落ち着けるようにシャッフルを始めた。

Game 1

 1ターン目に置いた《カビーラの交差路/Kabira Crossroads》を2ターン目の《コーの空漁師/Kor Skyfisher》で回収する、というまずまずなスタートを切った彌永に対し、1ターン目の《冒険者の装具/Adventuring Gear》から《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》という展開を見せた高橋が圧倒する。

 《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》で《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》を寝かして攻撃するものの、《冒険者の装具/Adventuring Gear》で強化された《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》の1回のパンチでライフレースは追いつかれてしまう。続けて高橋がブロッカーとしてプレイした《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》は、彌永の地上クリーチャーをぴたりと足止めする。

 圧倒的に不利な現状を打破する為に《アイオーの廃墟の探検/Ior Ruin Expedition》のドローから対抗策を見つけ出そうとする彌永だったが、カウンターが3つ乗るスタックで高橋は《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》の能力でカウンターを取り除く事で妨害する。
 
 《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》を止める為、《コーの空漁師/Kor Skyfisher》に《雨雲の翼/Nimbus Wings》を付けてブロッカーを用意するものの、無情にも高橋の《忌まわしい最期/Hideous End》がそれを許さない。

 ようやくカウンターの貯まった《アイオーの廃墟の探検/Ior Ruin Expedition》からの2ドローも《無謀な識者/Reckless Scholar》しか手に入れられず、遂に最後まで《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》を止める事が出来なかった彌永には、投了以外の選択肢は残されていなかった。

高橋 1-0 彌永

Game 2

 先手となった彌永は1ターン目の《冒険者の装具/Adventuring Gear》から《コーの空漁師/Kor Skyfisher》というロケットスタートを切る事に成功する。

 対する高橋は4ターン目までノーリアクションでライフが5まで落ち込んでしまうものの、ようやく引きこんだ《忌まわしい最期/Hideous End》で問題の《コーの空漁師/Kor Skyfisher》を排除する。

 後続のクリーチャーに辿り着けない彌永は、3ターン後の《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》まで何も身動きが取れなかったため、猶予を与えられた高橋に《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》と盤面を盛り返されてしまう。

 彌永もクリーチャーを2枚追加で引いた事で一瞬の膠着を見せるものの、高橋が手札にため込んでいた《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》と《マーフォークの海忍び/Merfolk Seastalkers》を開放した事で、盤石の態勢が作られてしまう。
 逆転を許さないように徐々に差を詰めていく高橋は、彌永のライフを確認して止めの《吸血鬼の一噛み/Vampire's Bite》でゲームの幕を閉じた。

高橋 2-0 彌永

前の記事: ドラフトレポート:栗原 伸豪(東京) | 次の記事: Round 5:大塚 高太郎(神奈川) vs. 今川 浩匡(大阪)
イベントカバレージ/Limits09 一覧に戻る

イベントカバレージ