マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 6:木村 重来(滋賀)vs.久保田 雄飛(神奈川)

Round 6:木村 重来(滋賀)vs.久保田 雄飛(神奈川)

by Tomohiro Kaji

 第5Round終了時のStanding で、全勝プレイヤーが7名。

 この中から、6名がマッチアップされ、全員がIDすると仮定すると、1名余る。

 これはつまり、一人だけ下の一敗プレイヤーとマッチアップされてしまい、さらにもう一度勝たなければ決勝には残れない不運なプレイヤーがいる。

 それが久保田だ。

 逆に、何としても上位のプレイヤーをけり落とし、決勝への可能性を増やしたい一敗プレイヤーはたくさんいる。

 その中から、選ばれた木村が対戦相手だ。

 ここで木村が勝利すれば波乱が起きる。

Game 1

 ダイスロールで先行は木村。

 久保田の不運はまだ続き、ダブルマリガンでのスタートとなった。

 先行の木村は、《吸血鬼の裂断者/Vampire Lacerator》《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》とテンポの良い展開に対し、久保田は《山/Mountain》。
さらに、2枚目の《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》と《グール・ドラズの吸血鬼/Guul Draz Vampire》を追加されてしまい、久保田のライフは18→14→7とみるみる減っていく。

久保田は最後までカードをキャストすることができなかった。

木村 1-0 久保田

Game 2

 久保田の《探検者の望遠鏡/Explorer's Scope》から始まった第二ゲーム。

 木村のキャストした《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》をブロックするために呼ばれた《溶鉄の荒廃者/Molten Ravager》は、《吸血鬼の一噛み/Vampire's Bite》によってすぐに乗り越えられ、久保田はさらに《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》を追加されてしまう。

 久保田は土地を置くだけでターンを終えると、木村は、《ハグラのクロコダイル/Hagra Crocodile》をキャストする。

 その間、久保田は《地獄火の雑種犬/Hellfire Mongrel》を呼び出すが、木村の先制攻撃と、上陸を前に、ダメージを防ぐことができない。

 さらに、久保田は《石造りのピューマ/Stonework Puma》を用意するのだが、木村の《湿地での被災/Marsh Casualties》によって一掃されてしまう。

 これによって場をまっさらにされてしまった久保田は、もうオポネント勝負のタイブレークにトップ8を期待することしかできなかった。

木村 2-0 久保田

前の記事: Round 5:大塚 高太郎(神奈川) vs. 今川 浩匡(大阪) | 次の記事: The Limits 2009 トップ8プロフィール
イベントカバレージ/Limits09 一覧に戻る

イベントカバレージ