マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝:北川 知明(東京) vs. 津場 勇匡(宮城)

準々決勝:北川 知明(東京) vs. 津場 勇匡(宮城)

By Tomohiro Kaji

jpg

 予選ラウンド6回戦を終え、決勝に残った8名は代々木からLimitsおなじみの、全理連ビsルへと会場を移した。

 そして今、Zendikar全カードドラフトが終了し、準々決勝が始まろうとしている。

 対戦するのは、北川と津場。

 北川は、初手に《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》から、《霧深い雨林/Misty Rainforest》《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》《沸騰する小湖/Scalding Tarn》と、レアピックを続け、会場の笑いを誘った。しかしその後は、《エルドラージの碑/Eldrazi Monument》《ニッサ・レヴェイン/Nissa Revane》と、最近のスタンダードでも利用されているような強力カードをピックし、緑単色の上陸デッキを完成させた。

 また、対する津場は、最終的に青緑の同盟者デッキを完成させたが、周囲のプレイヤーと色や同盟者という戦略を被されてしまい、《猛り狂うベイロス/Rampaging Baloths》《巨身化/Gigantiform》という強力カードもあるが、マナコストの重さが気になってしまう。

 キーカードのマナ域が違う北川と津場、結果はどうか。

Game 1

jpg

 幸運にも初手に《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》を引き込んだ北川。

 津場の青緑しか出せない2ターン目に《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》が対処できるけもなく、《大木口の幼生/Timbermaw Larva》《大木口の幼生/Timbermaw Larva》と連打されてしまう。

 ここで津場は幼生を《生きている津波/Living Tsunami》でチャンプブロックし、《変わり樹のレインジャー/Turntimber Ranger》をキャストするも、北川の《エルドラージの碑/Eldrazi Monument》からの飛行19点ダメージでゲームは強制終了された。

北川 1-0 津場

Game 2

jpg

 またも初手に《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》を持つ北川とは対照的に、津場は痛恨のダブルマリガン。

 《森/Forest》2枚で止まっている隙に、またも《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》から《大木口の幼生/Timbermaw Larva》と、1ゲーム目とまったく同じ展開に、かなり厳しい津場。

 土地を引けども、《変わり樹の木立ち/Turntimber Grove》、《飛翔する海崖/Soaring Seacliff》と、タップインでは7点クロックには全く歯が立たなかった。

北川 2-0 津場

前の記事: 準々決勝:石村 信太朗(埼玉) vs. 安藤 智幸(埼玉) | 次の記事: 準々決勝:北山 雅也(神奈川) vs. 荒井 健一郎(埼玉)
イベントカバレージ/Limits09 一覧に戻る

イベントカバレージ