マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝:大塚 高太郎(神奈川) vs. 栗原 伸豪(東京)

準々決勝:大塚 高太郎(神奈川) vs. 栗原 伸豪(東京)

By Jun'ya Takahashi

jpg

 今年度の「The Limits2009 Semifinals」唯一のグレイビー同士のマッチアップを紹介しよう。どちらもプロプレイヤークラブのレベル6の強豪であり、数多くの大会でデッキのシェアを行っているパートナーでもある。

 栗原はドラフトの早期段階から白の主張をし、周囲のプレイヤーの参入が無い事を確認した上で白単を構築する事に成功した。そのドラフトを見学していた多くのプレイヤーが口を揃えて『卓内最強』と答えていた。

 大塚は《ソリン・マルコフ/Sorin Markov》をドラフトした後に『同盟者』を意識したピックを進めていたが、卓のキャパシティを超えたプレイヤーが黒への参入を決めたため、誰よりも早く参入したにも拘らず撤退と戦略変更を余儀なくされるポジションに立たされてしまった。その結果、空いていた赤のカードを拾う事で何とかデッキの体裁は保ったものの、その完成度は低いものになってしまったのであった。

Game 1

jpg

 栗原の先手で幕を開けたこのゲームは、《コーの飛空士/Kor Aeronaut》、《コーの空漁師/Kor Skyfisher》、もう一枚の《コーの空漁師/Kor Skyfisher》と、2ターン目から4ターン目まで立て続けに飛行クリーチャーを展開した。

 対する大塚は《高地の狂戦士/Highland Berserker》と《硬鎧の群れ/Scute Mob》、《髑髏砕きの巨人/Shatterskull Giant》の場を構築するものの、栗原の《落とし穴の罠/Pitfall Trap》と《未達への旅/Journey to Nowhere》でクロックを下げられてしまう。

 その結果、後続のクリーチャーを展開する事が出来なかった大塚は、綺麗に3ターンクロックのかかった航空戦力に対抗する事は出来なかった。

栗原 1-0 大塚

Game 2

jpg

 先手を取った大塚は、《オラン=リーフの生き残り/Oran-Rief Survivalist》と《溶鉄の荒廃者/Molten Ravager》で戦線を構築する。

 栗原は《冒険者の装具/Adventuring Gear》から《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》という理想的な展開を見せるものの、《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》にカウンターを乗せ忘れてしまうという致命的なミスを犯してしまう。

栗原 「まあ、もう一回出せばいいんでしょ?」

と、《コーの空漁師/Kor Skyfisher》の能力で手札に戻す。その《コーの空漁師/Kor Skyfisher》は《オラン=リーフの生き残り/Oran-Rief Survivalist》をブロックした時に《殺戮の叫び/Slaughter Cry》で落とされてしまう。更に追加の戦力として《硬鎧の群れ/Scute Mob》も登場し、一気に大塚へとゲームが傾く。

 2体目の《コーの空漁師/Kor Skyfisher》と《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》を再展開した栗原は、大塚が次のターンにプレイした《タクタクの唸り屋/Tuktuk Grunts》によって強化された《オラン=リーフの生き残り/Oran-Rief Survivalist》を先の2体でブロックして、《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》を失ったことで栗原の戦力は《コーの空漁師/Kor Skyfisher》のみとなってしまった。

 しかし、タイミング良く引いてきた《審判の日/Day of Judgment》が形勢を一気に逆転させた。後続を引けなかった大塚はターンを返すのみで、栗原は意気揚々と《エメリアの天使/Emeria Angel》を着地させる。

 除去かクリーチャーを欲する大塚の最後のドローは《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》であり、天使の生み出したトークンの群れに突っ込む事しかできなかったのだった。

栗原 2-0 大塚

前の記事: 準々決勝:北山 雅也(神奈川) vs. 荒井 健一郎(埼玉) | 次の記事: 準決勝:北川 知明(東京) vs. 栗原 伸豪(東京)
イベントカバレージ/Limits09 一覧に戻る

イベントカバレージ