マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準決勝:石村 信太朗(埼玉) vs. 北山 雅也(神奈川)

準決勝:石村 信太朗(埼玉) vs. 北山 雅也(神奈川)

By Tomohiro Kaji

jpg

 Limitsチャンプまでの道のりは、あと2マッチ。

 実はこの試合が始まる前に、既にもう一人の決勝進出者は栗原に決まっており、その栗原にさえ勝てればチャンピオンになれる。

 その卓内最強と言われている栗原への挑戦権を賭けたマッチ、この準決勝は赤単の石村と、黒単の北山の強豪二人に争われる。

Game1

jpg

 1ターン目から北山の《グール・ドラズの吸血鬼/Guul Draz Vampire》に対して、《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》をブロッカーにたてる立ち上がり。
10点のライフ以下になってしまえば、赤単の石村はこの吸血鬼を対処するのが難しくなってしまうので、お互い1点も損をしまいと睨みあう。

 だが、お互いに土地を置きあうと、それらを相打ちさせ、北山は《不気味な発見/Grim Discovery》で再度《グール・ドラズの吸血鬼/Guul Draz Vampire》をキャストする。

 しかし石村は《破滅的なミノタウルス/Ruinous Minotaur》、さらには《黒曜石の火心/Obsidian Fireheart》をキャストし、ミノタウロスを攻撃に向かわせた。

 ここで、この4/4に向かって吸血鬼をアタックに向けると、石村は《吸血鬼の一噛み/Vampire's Bite》をケアしてダメージをテイク。

 そして、X=4の《精神ヘドロ/Mind Sludge》を放ち、北山は石村の4枚の手札をすべてを失わせた。

 だが、《黒曜石の火心/Obsidian Fireheart》の能力を起動しながらのフルアタックで、一気に北山はライフは6まで持っていかれる。

 ここで、たとえ火心を除去したとしても、2つの土地の残り火が消せない。

 だが、一縷の望みをかけて《光輪狩り/Halo Hunter》をキャストするも、石村の二度目のフルアタックで投了を余儀なくされた。

石村 1-0 北山

Game 2

jpg

 マリガンの北山からの《恐血鬼/Bloodghast》でゲームはスタート。

 石村は《山/Mountain》を並べて、対処のしにくい2/1にライフを支払うが、《ハグラのクロコダイル/Hagra Crocodile》には即《噴出の稲妻/Burst Lightning》で対応した。

 そして、さらに石村は《破砕/Demolish》を北山の沼に打ち込み、《噴火滑り/Geyser Glider》の登場でこれまでの2点クロックは止まってしまう。しかし、北山はこの4/4/に向かって、土地さえあればノーリスクの《恐血鬼/Bloodghast》でアタックに行く。

 ここでも、石村は頭に《吸血鬼の一噛み/Vampire's Bite》がよぎったが、このままではきりがないと、《噴火滑り/Geyser Glider》でのブロックを選択した。

 ここで、一気に石村は攻めに転じる。

 上陸で《噴火滑り/Geyser Glider》に飛行を与え、《ヘルカイトの突撃者/Hellkite Charger》で、一気に9点のダメージを与える。

 北山は《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》をキッカーし、《噴火滑り/Geyser Glider》を対処できたが、肝心の《ヘルカイトの突撃者/Hellkite Charger》はどうにもならなかった。

石村 2-0 北山

前の記事: 準決勝:北川 知明(東京) vs. 栗原 伸豪(東京) | 次の記事: 決勝戦:栗原 伸豪(東京) vs. 石村 信太朗(埼玉)
イベントカバレージ/Limits09 一覧に戻る

イベントカバレージ