マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準決勝:北川 知明(東京) vs. 栗原 伸豪(東京)

準決勝:北川 知明(東京) vs. 栗原 伸豪(東京)

By Jun'ya Takahashi

jpg

 北川は、PWCや五竜杯といった東京や横浜の大会を中心に活動しており、いわゆる『関東草の根グループ』に属するプレイヤーである。決勝のオールカードドラフトでは《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》から始まり、フェッチランド3種類を回収する事で高額カードの半分を掻っ攫った事で話題となった。

 栗原 伸豪?説明不要!!

Game 1

jpg

 先手を取った北川は、脅威の爆発力を秘めた《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》を2ターン目にプレイする事に成功するが、栗原の《未達への旅/Journey to Nowhere》がその目論見を阻む。

 続けて《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》から《大木口の幼生/Timbermaw Larva》、そして《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》を起動して一気にマナの増えた北川は、更に《ベイロスの林壊し/Baloth Woodcrasher》を戦線に追加する。

 その圧倒的な戦力差を見せつけられても挫けないのが栗原だ。冷静に《審判の日/Day of Judgment》で場をイーブンに引き戻し、返すターンでトップデッキされた《土を踏み付けるもの/Terra Stomper》も《落とし穴の罠/Pitfall Trap》で的確に対処する。

 マナブーストにカードを使ってしまった為、手札のリソースが足りない北川は《ニッサに選ばれし者/Nissa's Chosen》以外の後続を呼ぶ事が出来ない。手札には《原初の怒声/Primal Bellow》を抱えているため、《森/Forest》を10枚コントロールしている状態での威力は栗原のライフを一瞬で奪い去るほどの力を秘めている。そこで、栗原がブロッカーを残さない状態になる事を祈ってチャンスを窺うものの、《迷いし者の番人/Shepherd of the Lost》と《世界を鎮める者/World Queller》と展開されてしまう事で完全に勝ち目を奪われてしまったのだった。

栗原 1-0 北川

Game 2

jpg

 《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》から《砕土/Harrow》という理想的なマナブーストを経て、《ベイロスの林壊し/Baloth Woodcrasher》と《土を踏み付けるもの/Terra Stomper》いった大型クリーチャーへのアクセスを成功させて一気に有利に立った北川。

 しかし、ゆっくり目の立ち上がりを見せる栗原の手には、またも《審判の日/Day of Judgment》が握られていた。今度は《ベイロスの檻の罠/Baloth Cage Trap》や《放牧の林鹿/Grazing Gladehart》といった後続を持っていた北川だったが、ベイロスは《落とし穴の罠/Pitfall Trap》、鹿に対しては《エメリアの天使/Emeria Angel》を合わせられてしまう。

 苦し紛れにプレイした《コブラの罠/Cobra Trap》からの《エルドラージの碑/Eldrazi Monument》のトップデッキを狙ってみるものの、その次のターンに《巨森、オラン=リーフ/Oran-Rief, the Vastwood》を引いてしまうという間の悪さも重なり、最後までその姿を見せる事の無かった《エルドラージの碑/Eldrazi Monument》を願い続ける北川にはそれを待つだけのライフがもう残されていなかったのであった。

栗原 2-0 北川

前の記事: 準々決勝:大塚 高太郎(神奈川) vs. 栗原 伸豪(東京) | 次の記事: 準決勝:石村 信太朗(埼玉) vs. 北山 雅也(神奈川)
イベントカバレージ/Limits09 一覧に戻る

イベントカバレージ