マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

ドラフトレポート:栗原 伸豪(東京)

ドラフトレポート:栗原 伸豪(東京)

By Takuya Osawa

jpg

 ご存知「地球人最強」こと栗原伸豪。

 今までの経歴はもはや語るまでもないが、社会人になった今でも今期のM10環境シールドで行われたGPバンコク優勝、GP新潟準優勝と相変わらずのリミテッドマスターっぷりを発揮している。

 本日もシールドを華麗に3-0し、堂々の1番卓である。

 これは完全に余談だが「俺に勝てる可能性があるのはお前くらいだよ」というツンデレ栗原から最大限の褒め言葉かけてもらったのは、今でも自信になっている。

 そんな盟友のトップ8のかかったドラフトのピックを取れることを幸せに思う。

 それではピックを見て頂こう。


1st Pack

1:《コーの空漁師/Kor Skyfisher》

候補:《迷いし者の番人/Shepherd of the Lost》《天空のアジサシ/Welkin Tern》

 白い強力なカードが2枚あり、下と被る危険性はあったが「さすがに点数が違う」と《コーの空漁師/Kor Skyfisher》。

2:《乾燥台地/Arid Mesa》

候補:《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》《乱動への突入/Into the Roil》《墓所の切り裂き魔/Crypt Ripper》《大木口の幼生/Timbermaw Larva》

 特にインパクトがあるカードがなく、色んな意味で強い《乾燥台地/Arid Mesa》

3:《見栄え損ない/Disfigure》

候補:《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》《タクタクの唸り屋/Tuktuk Grunts》

 ここは《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》で先延ばしはせず、流れに従い《見栄え損ない/Disfigure》。

4:《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》

候補:《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》

5:《業火の罠/Inferno Trap》
候補:《ハグラのクロコダイル/Hagra Crocodile》
6:《ぐらつく峰/Teetering Peaks》
候補:《砕土/Harrow》
7:《グール・ドラズの吸血鬼/Guul Draz Vampire》

候補:《風乗りの長魚/Windrider Eel》、《ニッサに選ばれし者/Nissa's Chosen》

 かなり気持ち悪い順目に《風乗りの長魚/Windrider Eel》が流れてきたが、《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》を取ったこともあり黒メインを見据えて《グール・ドラズの吸血鬼/Guul Draz Vampire》。

8:《石造りのピューマ/Stonework Puma》
候補:《殺戮の叫び/Slaughter Cry》
9:《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》
候補:《コブラの罠/Cobra Trap》
10:《大木口の幼生/Timbermaw Larva》
候補:《地鳴りの揺るぎ/Seismic Shudder》《ピラニアの湿地/Piranha Marsh》
11:《領地のベイロス/Territorial Baloth》
候補:《オンドゥの僧侶/Ondu Cleric》
12:《アイオーの廃墟の探検/Ior Ruin Expedition》
13:《古き秘密の探索/Quest for Ancient Secrets》
14:《変わり樹の木立ち/Turntimber Grove》

 上に従って黒の流れに乗ったのは見事。

 2色目の決め手に欠ける展開。

 終盤に流れてきた緑になる可能性も残している。

 1-1と1-7の選択がどう出るか。


2nd Pack

1:《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》

候補:《堕ちたる者、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis, the Fallen》《忌まわしい最期/Hideous End》《オラン=リーフの生き残り/Oran-Rief Survivalist》

 度々プレイヤーの間で論議が行われるこの2枚。

 ちなみに筆者も栗原同様《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》を取る。

 《堕ちたる者、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis, the Fallen》のパフォーマンスも派手ではあるが、軽い上にどんな状況でも活躍してくれる攻防一体の完璧超人。

 しかしこの強力な黒いカード2枚を流したことによる影響が3パック目にどう出るか。

2:《ゴブリンの近道抜け/Goblin Shortcutter》

候補:《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》《グール・ドラズの吸血鬼/Guul Draz Vampire》《探検者の望遠鏡/Explorer's Scope》

 1パック目に青を選択しなかったのがここにきて痛手。

 涙を呑んで《ゴブリンの近道抜け/Goblin Shortcutter》を取り2色目を赤にほぼ決定させる。

3:《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》

候補:《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》《破滅的なミノタウルス/Ruinous Minotaur》

 ピックの段階から「山は5枚になると思ったから」と《破滅的なミノタウルス/Ruinous Minotaur》は回避。

4:《見栄え損ない/Disfigure》

候補:《天空のアジサシ/Welkin Tern》《ゴブリンの近道抜け/Goblin Shortcutter》《噴火滑り/Geyser Glider》

5:《ハグラのクロコダイル/Hagra Crocodile》

候補:《天空のアジサシ/Welkin Tern》《緑織りのドルイド/Greenweaver Druid》《ぐらつく峰/Teetering Peaks》

6:《殺戮の叫び/Slaughter Cry》

候補:《崖を縫う者/Cliff Threader》

7:《ハグラのクロコダイル/Hagra Crocodile》

候補:《グール・ドラズの吸血鬼/Guul Draz Vampire》《領地のベイロス/Territorial Baloth》《ぐらつく峰/Teetering Peaks》

 筆者としては《グール・ドラズの吸血鬼/Guul Draz Vampire》で低マナ域から埋めていくのかと思ったが、1パック目で《乾燥台地/Arid Mesa》を取ったこともあり爆発力に期待してインパクトのある《ハグラのクロコダイル/Hagra Crocodile》。

8:《霊気の想像体/AEther Figment》

候補:《破砕/Demolish》

9:《魂の階段の探検/Soul Stair Expedition》
10:《血の饗宴/Feast of Blood》
11:《アクームの隠れ家/Akoum Refuge》

候補:《破滅的なミノタウルス/Ruinous Minotaur》

 ここでも栗原はマナバランスを重視するスタンスを崩さない。

12:《蜘蛛糸の網/Spidersilk Net》
13:《命拾い/Narrow Escape》
14:《突風の統率者/Caller of Gales》

 2-2にて2色目を赤に決定させるが、その後の流れを見ると1パック目で青にいけなかったのが微妙に裏目に出た展開。


3rd Pack

1:《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》

候補:《風乗りの長魚/Windrider Eel》《砕土/Harrow》

 2パック連続で完璧超人《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》をピックしてる辺りは流石。

2:《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》

候補:《破滅的なミノタウルス/Ruinous Minotaur》《噴火滑り/Geyser Glider》《変わり樹のバジリスク/Turntimber Basilisk》

 ここでもダブルコストのカードは避けデッキ全体のマナバランスの安定を図る。

3:《グール・ドラズの死霊/Guul Draz Specter》

候補:《リバー・ボア/River Boa》

4:《マグマの裂け目/Magma Rift》

候補:《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》《ニマーナの売剣/Nimana Sell-Sword》《巨森の蔦/Vines of Vastwood》

5:《マグマの裂け目/Magma Rift》

候補:《髑髏砕きの巨人/Shatterskull Giant》

 2手連続で《マグマの裂け目/Magma Rift》をピック。

 とにかく《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》につなげるまで試合を長引かせようという気持ちが伝わってくる。

6:《タクタクの唸り屋/Tuktuk Grunts》

候補:《殺戮の叫び/Slaughter Cry》《大木口の幼生/Timbermaw Larva》

7:《不気味な発見/Grim Discovery》

 「《不気味な発見/Grim Discovery》を取れたのは嬉しかった」とはドラフトの感想を聞いて一言目に答えてくれた言葉。

 デッキのキーカードである《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》を回収しつつ3-4、3-5で取った《マグマの裂け目/Magma Rift》とも相性抜群。

8:《溶鉄の荒廃者/Molten Ravager》

候補:《ぐらつく峰/Teetering Peaks》

9:《取り消し/Cancel》
10:《面晶体集め/Hedron Scrabbler》

候補:《破滅的なミノタウルス/Ruinous Minotaur》

11:《溶鉄の荒廃者/Molten Ravager》
12:《吸血鬼の一噛み/Vampire's Bite》
13:《大魔導師の昇天/Archmage Ascension》
14:《獣狩り/Beast Hunt》

 3-1で《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》、3-3で《グール・ドラズの死霊/Guul Draz Specter》は取れたもののやはり2-1の影響か黒の流れが思わしくなく厳しい展開となった。


栗原 「《風乗りの長魚/Windrider Eel》は取るべきだったなぁ」

 と結果的には1-7で青にいけなかったのが悔やまれる展開となったが2、3パック目の初手で取った《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》がどこまで頑張ってくれるかというところが焦点となってくるだろう。

 1戦目こそ頼みの《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》を《オラン=リーフの出家蜘蛛/Oran-Rief Recluse》で対処されて落としたものの2、3戦目は順当に《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》で勝利を収めて見事決勝ラウンドにコマを進めた。

 こんな書き方をするとただ《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》を引いたのがラッキーだと思われがちだが、1パック目に上からのシグナルに逆らわず黒の流れに乗った栗原が《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》をピックできたのは偶然ではなく必然だったのかもしれない。

前の記事: Round 3:渡辺 雄也(神奈川) vs. 今川 浩匡(大阪) | 次の記事: Round 4:高橋 優太(東京) vs. 彌永 淳也(東京)
イベントカバレージ/Limits09 一覧に戻る

イベントカバレージ