マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 3: 水谷 直生(東京) vs. 津場 勇匡(宮城)

Round 3: 水谷 直生(東京) vs. 津場 勇匡(宮城)

By Takamasa Sato

r3_1.jpg

 カードプールに恵まれなかったプレイヤーが完全に淘汰され、本当の戦いが始まるのがラウンド3である。

 フォーマットの性質と参加人数の関係上、トップ8に進むためには一つの敗北も許されない。常にサドンデス。それがLimitsなのだ。

 ここで昨年Limits2009トップ8に輝いた津場 勇匡の試合をお届けしよう。

 津場は仙台で活躍するプレイヤーであり、構築よりリミテッドを好む、いわゆるリミテッダー。

 対する水谷は関東の古豪であり、数々の独特なデッキを世に送り出してきたデッキビルダー。最近はMOを中心にあらゆるフォーマットを楽しんでいる。

 津場が勝って二年連続トップ8への礎とするか、水谷の構築能力と経験値がそれを阻むか。

Game 1

 ダイスロールに勝った津場は、先手を選択。互いにマリガンなし。

 初動は水谷の《屍百足/Necropede(SOM)》。置かれている土地からして、黒緑の感染デッキのようだ。

 対する津場は黒赤の除去系デッキ。しかし、除去も軽い生物も引けず、サンドバック状態になっている。

 続く水谷の生物は、《嵌め乗りの滑空者/Snapsail Glider(SOM)》。ライフと毒の双方を攻めていく。感染生物を引けなかっただけなのか、それとも。

 後手5ターン目、おもむろに水谷がプレイしたのは《先駆のゴーレム/Precursor Golem(SOM)》。

 津場、一気に苦しい表情。返しに《ゴーレムの職工/Golem Artisan(SOM)》をプレイするが、本来強力なこの生物も、この状況では心もとない。

 水谷はゴーレム三体によりアタック。津場の《ゴーレムの職工/Golem Artisan(SOM)》がトークンと相討ちになり、津場のライフは一気に一ケタに。

 津場、ブロッカーとして《剣爪のゴーレム/Saberclaw Golem(SOM)》を出すものの、エンドに水谷が瞬速で《ダークスティールの歩哨/Darksteel Sentinel(SOM)》をプレイしたため、投了。
 
水谷 1-0 津場

水谷のサイドボード

out
1 《屍百足/Necropede(SOM)》
1 《ダークスティールの歩哨/Darksteel Sentinel(SOM)》
1 《煙霧吐き/Fume Spitter(SOM)》
1 《冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires(SOM)》
1 《刃の翼/Bladed Pinions(SOM)》
in
1 《不退転の大天使/Indomitable Archangel(SOM)》
1 《拘引/Arrest(SOM)》
1 《剃刀のヒポグリフ/Razor Hippogriff(SOM)》
1 《きらめく鷹/Glint Hawk(SOM)》
1 《ヴェンセールの日誌/Venser's Journal(SOM)》

 津場のデッキに除去中心が多いと判断して、除去耐性のあるカードを追加。
 
津場のサイドボード

out
1 《剣爪のゴーレム/Saberclaw Golem(SOM)》
1 《恐慌の呪文爆弾/Panic Spellbomb》
1 《山/Mountain(SOM)》
in
1 《太陽の槍のシカール/Sunspear Shikari(SOM)》
1 《正義の施行/Dispense Justice(SOM)》
1 《平地/Plains》

 本人いわく構築ミスもあったため、「本来やりたかった」デッキ構成に。 

Game 2

 津場、先手を選択。2ターン目に《燃えさし鍛冶/Embersmith(SOM)》を出して除去ビートを開始。《活線の鞭/Livewire Lash(SOM)》まで追加して、一気に殴りきるプラン。今度は順調だ。

r3_2.jpg

 水谷、《不退転の大天使/Indomitable Archangel(SOM)》でこれに対抗するが、津場は《活線の鞭/Livewire Lash(SOM)》を装備してビートを継続。5ターン目にして、水谷のライフは一桁に。しかし、後続をプレイできないままターンを水谷に渡す。

 後手の水谷はまたしても5ターン目に《先駆のゴーレム/Precursor Golem(SOM)》をプレイ。これには津場も苦笑い。

 津場はしかたなく《電弧の痕跡/Arc Trail(SOM)》を自らの《燃えさし鍛冶/Embersmith(SOM)》と《不退転の大天使/Indomitable Archangel(SOM)》に撃ち、《活線の鞭/Livewire Lash(SOM)》の誘発能力とあわせて《不退転の大天使/Indomitable Archangel(SOM)》に4点のダメージを与えて除去。

 しかし、《燃えさし鍛冶/Embersmith(SOM)》が失われ、一方的にアドバンテージを損している。一応《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter(SOM)》でゴーレムトークンを減らし、なんとか場を整える。

 ライフが5の水谷は《ヴェンセールの日誌/Venser's Journal(SOM)》をプレイ。ライフを守りつつビートするプランを完成させる。

 いつしか形成は逆転。水谷のゴーレムが津場を追い詰める。津場もクリーチャーを召喚して防備を固めたいのだが、《鉄のマイア/Iron Myr(SOM)》など貧弱なカードしか引けない。

 水谷はさらなるゴッドレア《エズーリの大部隊/Ezuri's Brigade(SOM)》。場に《先駆のゴーレム/Precursor Golem(SOM)》とトークン、そして《ヴェンセールの日誌/Venser's Journal(SOM)》があるため、8/8トランプルである。

 津場は《皮裂き/Skinrender(SOM)》でゴーレムトークンを除去し、金属術を阻止。《剃刀のヒポグリフ/Razor Hippogriff(SOM)》をケアして《先駆のゴーレム/Precursor Golem(SOM)》本体を残す。

 水谷は《エズーリの大部隊/Ezuri's Brigade(SOM)》が小さくなっても、構わずアタック。津場は《活線の鞭/Livewire Lash(SOM)》のついた《皮裂き/Skinrender(SOM)》でブロックするが、そこに飛んでくる水谷の《真っ二つ/Slice in Twain(SOM)》。

 さらに、水谷は《きらめく鷹/Glint Hawk(SOM)》で《先駆のゴーレム/Precursor Golem(SOM)》を手札に。さきほどトークンを殺した津場の判断が裏目に出た。《ヴェンセールの日誌/Venser's Journal(SOM)》の効果で一桁だったライフも17まで回復している。

 津場、起死回生の《鋼のヘルカイト/Steel Hellkite(SOM)》をプレイするも、水谷は《拘引/Arrest(SOM)》を。

 津場、投了。

水谷 2-0 津場

 終了後、水谷が手札を開くと、そこには《剃刀のヒポグリフ/Razor Hippogriff(SOM)》と二枚目の《先駆のゴーレム/Precursor Golem(SOM)》が。

津場「(《先駆のゴーレム/Precursor Golem(SOM)》本体とトークンの)どっちを除去しても無理でしたね」

 さらに、水谷のデッキを見せてもらうと。

津場「MOでかなりシールドやりましたけど、ここまでレア同士の噛みあったデッキは余りないですよ」

水谷 直生
リミッツ2010 / シールド
8 《沼/Swamp(M11)》
8 《森/Forest(M11)》

-土地(16)-
1 《煙霧吐き/Fume Spitter(SOM)》
1 《屍百足/Necropede(SOM)》
1 《絡み線の壁/Wall of Tanglecord(SOM)》
1 《甲殻の鍛冶工/Carapace Forger(SOM)》
1 《鉄のマイア/Iron Myr(SOM)》
1 《鉛のマイア/Leaden Myr(SOM)》
1 《錆ダニ/Rust Tick(SOM)》
1 《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica(SOM)》
2 《嵌め乗りの滑空者/Snapsail Glider(SOM)》
1 《エズーリの大部隊/Ezuri's Brigade(SOM)》
2 《皮裂き/Skinrender(SOM)》
1 《冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires(SOM)》
1 《酸の巣の蜘蛛/Acid Web Spider(SOM)》
2 《先駆のゴーレム/Precursor Golem(SOM)》
1 《ダークスティールの歩哨/Darksteel Sentinel(SOM)》
1 《最上位のティラナックス/Alpha Tyrranax(SOM)》

-クリーチャー(19)-
1 《地平線の呪文爆弾/Horizon Spellbomb(SOM)》
1 《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff(SOM)》
1 《刃の翼/Bladed Pinions(SOM)》
1 《真っ二つ/Slice in Twain(SOM)》
1 《堕落の三角護符/Trigon of Corruption(SOM)》

-呪文(5)-
津場 勇匡
リミッツ2010 / シールド
8 《山/Mountain(M11)》
7 《沼/Swamp(M11)》
2 《平地/Plains(M11)》

-土地(17)-
1 《煙霧吐き/Fume Spitter(SOM)》
1 《銀のマイア/Silver Myr(SOM)》
2 《鉄のマイア/Iron Myr(SOM)》
1 《燃えさし鍛冶/Embersmith(SOM)》
1 《ヴァルショクの模造品/Vulshok Replica(SOM)》
1 《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter(SOM)》
1 《皮裂き/Skinrender(SOM)》
1 《刃族の狂戦士/Blade-Tribe Berserkers(SOM)》
1 《ゴーレムの職工/Golem Artisan(SOM)》
1 《剣爪のゴーレム/Saberclaw Golem(SOM)》
1 《執行の悪魔/Carnifex Demon(SOM)》
1 《鋼のヘルカイト/Steel Hellkite(SOM)》
1 《マイアの戦闘球/Myr Battlesphere(SOM)》

-クリーチャー(14)-
1 《感電破/Galvanic Blast(SOM)》
1 《恐慌の呪文爆弾/Panic Spellbomb(SOM)》
1 《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff(SOM)》
1 《電弧の痕跡/Arc Trail(SOM)》
1 《存在の破棄/Revoke Existence(SOM)》
1 《闇の掌握/Grasp of Darkness(SOM)》
1 《活線の鞭/Livewire Lash(SOM)》
1 《闊歩するものの装具/Strider Harness(SOM)》
1 《拘引/Arrest(SOM)》

-呪文(9)-

前の記事: Round 2:黒田 正城(大阪) vs. 川田 千洋(神奈川) | 次の記事: Round 4: 藤田 修(東京) vs. 山本 賢太郎(埼玉)
イベントカバレージ/Limits10 一覧に戻る

イベントカバレージ