マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

ドラフトレポート: 山本 賢太郎(埼玉)

ドラフトレポート: 山本 賢太郎(埼玉)

By Takamasa Sato

mylove.jpg

 強豪ひしめく全勝卓から山本 賢太郎のピックをレポートする。

 山本と言えば、高橋 優太と共にプロツアー・サンディエゴで準優勝したことでも知られるドラフトマスター。

 現在も関東の草の根大会であるPWCを中心として腕を磨き続けているプレイヤーだ。

 「ミラディンの傷跡ドラフトは感染一強」と言われるが、山本の戦略や如何に。

ドラフトパック1

1:《トゲ撃ちの古老/Spikeshot Elder(SOM)》

 他の候補:《粉砕/Shatter(SOM)》《感染の三角護符/Trigon of Infestation(SOM)》

 他に見るべきものも無いパックから、強力なシステムクリーチャーをピック。

2:《銅のマイア/Copper Myr(SOM)》

 他の候補:《疫病のとげ刺し/Plague Stinger(SOM)》《生体融合外骨格/Grafted Exoskeleton(SOM)》

 感染関係は無視して金属術を目指すようだ。

3:《剃刀のヒポグリフ/Razor Hippogriff(SOM)》

 他の候補:《生体融合外骨格/Grafted Exoskeleton(SOM)》《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff(SOM)》《危険なマイア/Perilous Myr(SOM)》

 強力なアドバンテージクリーチャー。このまま白赤金属術を主張したい。

4:《感染の賦活/Instill Infection(SOM)》

 他の候補:《背教の主導者、エズーリ/Ezuri, Renegade Leader(SOM)》《液鋼の塗膜/Liquimetal Coating(SOM)》

 既に感染デッキのパーツを流しているが、他にみるべきものもなく。

5:《伝染病の屍賊/Contagious Nim(SOM)》

 他の候補:《肉体アレルギー/Flesh Allergy(SOM)》

 一応、感染も視野に入れたピック。

6:《嚢胞抱え/Cystbearer(SOM)》

 他の候補:《トンネルのイグナス/Tunnel Ignus(SOM)》

 この順目で強力な感染クリーチャーが流れてきた。しかし、流しているカードを考えるとやりたくはない。

7:《嵌め乗りの滑空者/Snapsail Glider(SOM)》

 他の候補:《冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires(SOM)》

8:《嵌め乗りの滑空者/Snapsail Glider(SOM)》

 他の候補:《感染の三角護符/Trigon of Infestation(SOM)》《荒廃のマンバ/Blight Mamba(SOM)》

 二枚続けてのピックで、一気に金属術デッキらしくなる。

9:《メムナイト/Memnite(SOM)》

 他の候補:《ヴィダルケンのセルターチ/Vedalken Certarch(SOM)》

10:《炎生まれのヘリオン/Flameborn Hellion(SOM)》
11:《屑鉄潜りの海蛇/Scrapdiver Serpent(SOM)》
12:《ヴィリジアンのお祭り騒ぎ/Viridian Revel(SOM)》
13:《ドロスバッタ/Dross Hopper(SOM)》
14:《地形の融解/Melt Terrain(SOM)》

 途中、感染を押しつけられそうになるも、山本は金属術という方向性を曲げなかった。

 しかし、どうも流れが悪い。上家が白黒の感染パーツと金属術パーツの両方をピックしており、そのあおりを喰らった形だ。

ドラフトパック2

1:《転倒の磁石/Tumble Magnet(SOM)》

 他の候補:《屍百足/Necropede(SOM)》《吠える絡みワーム/Bellowing Tanglewurm(SOM)》

 文句なしの万能除去。

2:《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff(SOM)》

 他の候補:《粗石の魔道士/Trinket Mage(SOM)》《逆刺の戦具/Barbed Battlegear(SOM)》

 金属術を達成しつつ打点を上げられる良カードだ。

3:《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb(SOM)》

 他の候補:《銀のマイア/Silver Myr(SOM)》

 簡単にアドバンテージを稼げる最強の呪文爆弾。

4:《感電破/Galvanic Blast(SOM)》

 他の候補:《ケンバの空護衛/Kemba's Skyguard(SOM)》《絡み線の壁/Wall of Tanglecord(SOM)》

 下に赤はいない模様。このまま赤が出来るのだろうか。

5:《冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires(SOM)》

 他の候補:《ヴァルショクの心臓焚き/Vulshok Heartstoker(SOM)》《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr(SOM)》

 ここで、黒い金属術クリーチャーが登場。一パック目で一枚流しているものの、デッキの骨子となりうるカードだ。

6:《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff(SOM)》

 他の候補:《苦痛鍛冶/Painsmith(SOM)》

7:《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol(SOM)》

 他の候補:《モリオックの模造品/Moriok Replica(SOM)》《金のマイア/Gold Myr(SOM)》

 白い金属術の必須カード。この順目でとれるのはおいしい。

8:《屍気を飛ばすもの/Necrogen Scudder(SOM)》

 黒がやれることを決定づけた一枚。本来ならこの順目でとれるカードではない。

9:《ダークスティールの巨大戦車/Darksteel Juggernaut》
10:《鉄を食うもの/Ferrovore(SOM)》
11:《ゴーレムの心臓/Golem's Heart(SOM)》
12:《精神の瘴気/Psychic Miasma(SOM)》
13:《黄金の甕/Golden Urn(SOM)》
14:《白の太陽の通過/Whitesun's Passage(SOM)》

 白黒金属術の方向性が確立。次の三パック目で、どれだけ上下と協調出来ていたかが試される。

ドラフトパック3

1:《マイア鍛冶/Myrsmith(SOM)》

 他の候補:《感電破/Galvanic Blast(SOM)》《金屑化/Turn to Slag(SOM)》《調和者隊の盾/Accorder's Shield(SOM)》

 欲しかった一枚。軽いアーティファクトが取れているため、うまく機能するだろう。

2:《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol(SOM)》

 他の候補:《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb(SOM)》《絡み森の鮟鱇/Tangle Angler(SOM)》《ゲスの玉座/Throne of Geth(SOM)》

 2枚目がとれたのは嬉しい。

3:《モリオックの模造品/Moriok Replica(SOM)》

 他の候補:《酸の巣の蜘蛛/Acid Web Spider(SOM)》

 良アドバンテージカード。

4:《冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires(SOM)》

 他の候補:《死体の野犬/Corpse Cur(SOM)》《金のマイア/Gold Myr(SOM)》

 2枚目が取れたことで、一気にデッキが形になった。

5:《モリオックの模造品/Moriok Replica(SOM)》

 他の候補:《ガルマの保護者/Ghalma's Warden(SOM)》

 デッキがさらに奇麗にまとまっていく。

6:《銀のマイア/Silver Myr(SOM)》

 他の候補:《かき鳴らし鳥/Thrummingbird(SOM)》

7:《ヴァルショクの模造品/Vulshok Replica(SOM)》
8:《ガルマの保護者/Ghalma's Warden(SOM)》

 他の候補:《水膨れ地掘り/Blistergrub(SOM)》

9:《逆刺の戦具/Barbed Battlegear(SOM)》
10:《テル=ジラードの抵抗/Tel-Jilad Defiance(SOM)》
11:《死への抵抗/Withstand Death(SOM)》
12:《魂の受け流し/Soul Parry(SOM)》
13:《燦爛たる放心/Fulgent Distraction(SOM)》
14:《燦爛たる放心/Fulgent Distraction(SOM)》

 終わってみれば派手なカードはないものの、奇麗にパーツの並ぶ白黒金属術デッキが完成した。

mylove2.jpg

山本 「毒はやりたくなかったんですよね。バクチになっちゃいますから」

 ブレることなく金属術を主張し続けた成果が、3パック目に繋がっていると言えるだろう。

山本 「白は確定で、赤と黒で悩んでいましたが、《屍気を飛ばすもの/Necrogen Scudder(SOM)》が決定的でした」 

 3ターン目に出てくる3/3飛行は、どんなデッキにも脅威だ。しかも、ライフ損失は《冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires(SOM)》がカバーしてくれる。

山本 「パック全体が弱そうだから、2-1出来るかな」

 有言実行なるか。期待しつつラウンドを待とう。

山本 賢太郎
リミッツ2010 / ドラフト
8 《沼/Swamp(M11)》
9 《平地/Plains(M11)》

-土地(17)-
1 《マイア鍛冶/Myrsmith(SOM)》
1 《銅のマイア/Copper Myr(SOM)》
1 《銀のマイア/Silver Myr(SOM)》
1 《屍気を飛ばすもの/Necrogen Scudder(SOM)》
2 《嵌め乗りの滑空者/Snapsail Glider(SOM)》
2 《モリオックの模造品/Moriok Replica(SOM)》
1 《ヴァルショクの模造品/Vulshok Replica(SOM)》
1 《ガルマの保護者/Ghalma's Warden(SOM)》
2 《冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires(SOM)》
1 《剃刀のヒポグリフ/Razor Hippogriff(SOM)》
1 《ダークスティールの巨大戦車/Darksteel Juggernaut(SOM)》

-クリーチャー(14)-
2 《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff(SOM)》
1 《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb(SOM)》
2 《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol(SOM)》
1 《転倒の磁石/Tumble Magnet(SOM)》
1 《逆刺の戦具/Barbed Battlegear(SOM)》
1 《燦爛たる放心/Fulgent Distraction(SOM)》
1 《感染の賦活/Instill Infection(SOM)》

-呪文(9)-

前の記事: Round 4: 藤田 修(東京) vs. 山本 賢太郎(埼玉) | 次の記事: Round 5: 佐藤 慎也(東京) vs. 今井 誠勝(京都)
イベントカバレージ/Limits10 一覧に戻る

イベントカバレージ