マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 5: 佐藤 慎也(東京) vs. 今井 誠勝(京都)

Round 5: 佐藤 慎也(東京) vs. 今井 誠勝(京都)

By Jun'ya Takahashi

 このラウンドでは4連勝でシールド戦を通過して、堂々の1番卓についたプレイヤー達の試合を紹介する。『登竜門』と呼ばれるThe Finalsと対をなすThe Limitsも、これからのプレイヤー達のための大会といっても過言ではないだろう。プレーオフに向けて一歩先に踏み出すのはどちらだろうか。

r5_2.jpg
Game 1

 ダイスロールで先手を取った佐藤は素早くキープし、今井は少し悩んだ後にマリガンした。次の6枚は満足いくものだったようで、挨拶と共にドラフト戦の第1ラウンドが始まった。

 《回収の斥候/Salvage Scout》《金のマイア/Gold Myr》《モリオックの肉裂き/Moriok Reaver》と展開する白黒の佐藤に対し、今井は《疫病のとげ刺し/Plague Stinger》《胆液の鼠/Ichor Rats》と並べて、そのデッキが緑黒の「感染」デッキであることがわかった。

 肉裂きの攻撃をネズミでブロックした今井は、《疫病のとげ刺し/Plague Stinger》による毒攻撃をもくろむも、佐藤の《伝染病の留め金/Contagion Clasp》によって《疫病のとげ刺し/Plague Stinger》は撃ち落とされてしまった。続く《黒割れのゴブリン/Blackcleave Goblin》も斥候にブロックされてしまい、佐藤の毒カウンターはなかなか数を増やさない。

 それでも毒カウンターを載せなければ勝てない今井は《絡み森の鮟鱇/Tangle Angler》を出すが、マイアによるマナ加速を受けて5ターン目に出た佐藤の《堕落した収穫者/Corrupted Harvester》がその道を塞ぐ。

 今井の2枚目の《黒割れのゴブリン/Blackcleave Goblin》による攻撃を本体に通した佐藤は、毒のチェックを4に増やすと、今井のブロッカーであった《媒介のアスプ/Vector Asp》を《存在の破棄/Revoke Existence》して、収穫者による攻撃を始める。

 《屍気の香炉/Necrogen Censer》《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》を続けて並べた佐藤は、《屍気の香炉/Necrogen Censer》のカウンターを《伝染病の留め金/Contagion Clasp》の「増殖」で維持できることを伝えると、残りライフの少なかった今井は投了した。

佐藤 1-0 今井

Game 2

 今度は今井の先手でゲームが始まった。《疫病のとげ刺し/Plague Stinger》を2ターン目に出してさっそく毒カウンターを貯めにかかるが、佐藤は《煙霧吐き/Fume Spitter》でその戦略を妨害する。

 「感染」クリーチャーに恵まれない今井は《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica》《光明の大砲/Lux Cannon》と長期戦に強いカードを並べて佐藤のアクションに備える。しかし、佐藤のドローもあまり芳しくないのか、《モリオックの肉裂き/Moriok Reaver》と《鉛のマイア/Leaden Myr》を展開した後は、しばらく空白のターンが続く。

 その《モリオックの肉裂き/Moriok Reaver》は《皮裂き/Skinrender》で除去し、《鉛のマイア/Leaden Myr》を《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica》で壊した今井は、待望の「感染」クリーチャーである《黒割れのゴブリン/Blackcleave Goblin》を走らせる。

r5_1.jpg

 佐藤は《堕落の三角護符/Trigon of Corruption》でゴブリンを対処するものの、3つのカウンターを打ち出した大砲で《堕落の三角護符/Trigon of Corruption》を壊されてしまうと、今井が追加した《テル=ジラードの堕ちたる者/Tel-Jilad Fallen》への対処に困ってしまう。

 《きらめく鷹/Glint Hawk》と《堕落した収穫者/Corrupted Harvester》でなんとか《テル=ジラードの堕ちたる者/Tel-Jilad Fallen》を止めるものの、今井が《死体の野犬/Corpse Cur》で《テル=ジラードの堕ちたる者/Tel-Jilad Fallen》を回収したことで再びピンチに追い込まれる。

 1~2ターンに渡って若干の膠着を見せるものの、《浸透のレンズ/Infiltration Lens》までもが今井の場に追加され、アドバンテージ差が広がることを避けた佐藤が《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr》をブロックしないと宣言すると、今井は手札から《荒々しき力/Untamed Might》を静かに見せた。

佐藤 1-1 今井

Game 3

 佐藤の先手で始まった3本目は、《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb》《きらめく鷹/Glint Hawk》《王の摂政、ケンバ/Kemba, Kha Regent》《錆びた秘宝/Rusted Relic》と展開する佐藤に対して、今井は《媒介のアスプ/Vector Asp》しか場に出すことができない。

 《苦痛鍛冶/Painsmith》と《マイアの繁殖者/Myr Propagator》が佐藤の場に加わり、今井も《皮裂き/Skinrender》で鷹を除去するものの、後続が《テル=ジラードの堕ちたる者/Tel-Jilad Fallen》と何とも心許ない。一応《化膿獣/Putrefax》で毒カウンターを与え、《死体の野犬/Corpse Cur》で回収してプレッシャーをかけるが、6マナ以上を用意した佐藤はその間に《マイアの繁殖者/Myr Propagator》を分裂させていく。

 今井が《感染の三角護符/Trigon of Infestation》《光明の大砲/Lux Cannon》と速攻性に欠ける面々を並べている間に、佐藤は10もの体に分裂したマイアを戦場に並べると、《伝染病エンジン/Contagion Engine》で今井の場を壊滅させて、大量のマイア達でゲームに幕を下ろした。

佐藤 2-1 今井

前の記事: ドラフトレポート: 山本 賢太郎(埼玉) | 次の記事: Round 6: 松山 智(東京) vs. 山本 賢太郎(埼玉)
イベントカバレージ/Limits10 一覧に戻る

イベントカバレージ