マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 7: 小松 智史(千葉) vs. 青木 義次(神奈川)

Round 7: 小松 智史(千葉) vs. 青木 義次(神奈川)

By Atsushi Ito

 長かったLimits本戦、スイスラウンド7回戦もようやく最終戦である。

 ここでフィーチャーテーブルに呼ばれたのは5-1ラインの2人。

 『千葉の秘蔵っ子』とも称される小松は、草の根大会での優勝経験も豊富な若き有望株。だが6ラウンド終了時点でのスタンディングを見て「勝っても抜けは厳しいかな・・・」と浮かない顔。それでも師匠格の有田 隆一(千葉)が見守る中、このマッチを勝利した上でのオポネントマッチウィンパーセンテージの逆転に賭ける。

 一方の青木はこのラウンドで勝てば他のマッチの結果次第でトップ8が狙える位置。シャッフルする手つきにも自然、緊張で力が入る。

 小松が青赤。対する青木は白黒である。

Game 1

 先手の青木が《屍気を飛ばすもの/Necrogen Scudder》と《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff》で飛行4点クロックを形成するが、2回殴られたところで小松がこれを《水銀の縛め/Bonds of Quicksilver》で封じ、土地が詰まり気味の青木に対して《空長魚の群れ/Sky-Eel School》で今度は小松が攻勢に転じる。

 ようやく5枚目の土地を引き込んだ青木は、まず《冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires》を金属術なしでプレイ。しかしこれは小松の《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》に阻まれている。

 小松はずっと6マナオープンのまま、《空長魚の群れ/Sky-Eel School》を静かにアタックさせ続ける。きな臭い匂いを感じ取りつつも、青木は《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》をキャストし、ダメージレースを五分に戻そうとする。

 だが返すターンで待望の2枚目の《山/Mountain》を引き込んだ小松は、青3マナを残しつつ《槌のコス/Koth of the Hammer》をプレイ!!4/4になった《山/Mountain》と《空長魚の群れ/Sky-Eel School》が同時に青木に襲いかかる。

 しかし、意味ありげに立っていた青木の2枚の《沼/Swamp》からは、やはりというか《闇の掌握/Grasp of Darkness》が。小松は先ほどからずっと《冷静な反論/Stoic Rebuttal》を構えているのだが、これにはプレイせずに《空長魚の群れ/Sky-Eel School》が葬られ、4/4《山/Mountain》は《冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires》と相打ちになる。続く2体目の《冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampires》には《冷静な反論/Stoic Rebuttal》。《槌のコス/Koth of the Hammer》で押し切るプランか。

 ようやく小松のカウンターを使わせ、6枚目の土地を引き込んだ青木は満を持して《黒死病の悪魔/Pestilence Demon》をプレイ。だが小松は即座に、残りただ1枚の《山/Mountain》を《槌のコス/Koth of the Hammer》でアンタップしつつの《金屑化/Turn to Slag》でこれを処理。簡単にゲームを支配させない。

 小松は《ニューロックの模造品/Neurok Replica》をプレイしつつ、唯一の《山/Mountain》を《槌のコス/Koth of the Hammer》の能力で攻撃に向かわせるが、ここには青木の《正義の施行/Dispense Justice》が突き刺さる。《槌のコス/Koth of the Hammer》がいても《山/Mountain》がなくなってはたまらない小松は、たまらず虎の子の2枚目の《冷静な反論/Stoic Rebuttal》をプレイ。

 だが、青木は最後に残った手札1枚に《マイアの戦闘球/Myr Battlesphere》を隠し持っていた!!

 《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》に殴られ続けて残りライフ6しかない小松は思わず「うわー、ミスって負けそう」と漏らす。

 《槌のコス/Koth of the Hammer》の忠誠値は既に7個も溜まっているが、《山/Mountain》1枚では紋章を発動するうまみがない小松。再び《空長魚の群れ/Sky-Eel School》をプレイし、解決策を探しにいくが、結局《槌のコス/Koth of the Hammer》の紋章発動で1枚の《山/Mountain》をティム化させ、ターンを返すしかない。

 しかし、ここで青木は《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》に《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff》を装備させて《マイアの戦闘球/Myr Battlesphere》と共にアタックしない痛恨のミスを犯してしまう。戦闘時に《マイアの戦闘球/Myr Battlesphere》の能力が起動されるが、小松のライフは残り2点で踏みとどまる。

 この隙を小松は見逃さず、青木の残った6点のライフを、エンド前《山/Mountain》から1点、ブロックに入ろうとする《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》を《ニューロックの模造品/Neurok Replica》で排除しての《空長魚の群れ/Sky-Eel School》アタックで3点、メインで《山/Mountain》タップ1点、《槌のコス/Koth of the Hammer》の能力でアンタップして1点できっちり削りきった。

小松 1-0 青木

Game 2

 再び青木が先手。だがダブルマリガンを強いられてしまう。開けた5枚には《沼/Swamp》《鉛のマイア/Leaden Myr》《拘引/Arrest》とあるが、それに続くのは見るからにしばらく出番のなさそうな《マイアの戦闘球/Myr Battlesphere》と《瀉血/Exsanguinate》。実質手札3枚だが、トリプルマリガンでは勝ち目がないと判断し、意を決してキープ。

 だが、小松が《鉄のマイア/Iron Myr》から3ターン目にプレイしたのは何と《光明の大砲/Lux Cannon》!!

 土地が止まっている青木にはまさしく悪夢としか言いようがない。

 なんとか土地を引きこみ《鉛のマイア/Leaden Myr》を展開するが、小松は即座にこれを《感電破/Galvanic Blast》。さらに《闇滑りのドレイク/Darkslick Drake》をも展開する。

 《拘引/Arrest》を《闇滑りのドレイク/Darkslick Drake》につけて押しとどめようとする青木だが、チャージ完了した《光明の大砲/Lux Cannon》に土地を割られては展開もままならない。

 青木も必死に抵抗するが、小松が引き込んだ《槌のコス/Koth of the Hammer》をプレイするのを見るや、諦めて投了した。

小松 2-0 青木

前の記事: Round 6: 松山 智(東京) vs. 山本 賢太郎(埼玉) | 次の記事: The Limits 2010 トップ8プロフィール
イベントカバレージ/Limits10 一覧に戻る

イベントカバレージ