マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 7: 石井 泰介(神奈川) vs. Conley Woods(アメリカ)

Round 7: 石井 泰介(神奈川) vs. Conley Woods(アメリカ)

By Daisuke Kawasaki

 エクステンデッドラウンドを全勝した上で、ドラフトラウンドも1戦目を勝利し、日本人でただ一人全勝をキープする「マンモス」こと石井 泰介(神奈川)。

 対するは、先ほどのラウンドで八十岡 翔太(東京)の全勝を阻止したConley Woodsだ。デッキは、石井がアドバンテージを重視した「ザ・ジャパニーズ・ドラフトデック」こと青黒アドバンテージ。対するConleyは、日本人が嫌う緑と赤を組み合わせたビートダウンだ。

 多くの爆弾カードを持つConleyの重戦車が勝利するか、それとも、ギミックにあふれた象が勝利するか。

Game 1

 先手のConleyは2ターン目に《森のレインジャー/Sylvan Ranger》をキャスト。対して、石井は、《沼/Swamp》《島/Island》とセットしてターンを返す。

 3ターン目はアクションのないConleyだが、石井の3ターン目のアクションも《定業/Preordain》というぱっとしないもの。ここで互いに1ターン動かなかった上で、Conleyは《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》がクロックを刻み始める。

 対抗して《リリアナの死霊/Liliana's Specter》をキャストした石井だが、ディスカードされた《火の召使い/Fire Servant》をみて、「(手札にそれより強いカードが)どれだけあんだよ」と一言。

 そんな石井の心配通り、キャストされたのは《溜め込むドラゴン/Hoarding Dragon》。《囁き絹の外套/Whispersilk Cloak》がサーチされるが、《霊気の達人/AEther Adept》によってバウンスされたため、このカードは永遠に追放ゾーンへ。

 《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》のアタックを《霊気の達人/AEther Adept》で討ち取ろうとする石井ではあったが、ここを狙い澄ましたように《雷の一撃/Thunder Strike》で対処するConley。さらに《放蕩紅蓮術士/Prodigal Pyromancer》が追加される。

 《放蕩紅蓮術士/Prodigal Pyromancer》の前では稼いだアドバンテージもなくなってしまったも同然の《リリアナの死霊/Liliana's Specter》をレッドゾーンに送り込み、《墓場からの復活/Rise from the Grave》で《霊気の達人/AEther Adept》を戦場に呼び戻す石井。

 だが、一瞬間違えて《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》を手札に戻す対象に選んでしまい、あわてて《放蕩紅蓮術士/Prodigal Pyromancer》を指名し直す。ジャッジが呼ばれるが、なんとか《放蕩紅蓮術士/Prodigal Pyromancer》が手札に戻されることとなり、一安心の石井。

 Conleyは、《棍棒のトロール/Cudgel Troll》と《放蕩紅蓮術士/Prodigal Pyromancer》をキャストしてターンを終了。一方の石井は、《占いフクロウ/Augury Owl》でこの盤面を対応してくれるカードを探す。

 《定業/Preordain》と《執拗なネズミ/Relentless Rats》を山札の上に残すと、《大気の召使い/Air Servant》をキャストして《リリアナの死霊/Liliana's Specter》で攻撃。Conleyが《棍棒のトロール/Cudgel Troll》と《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》で攻撃したところで、《占いフクロウ/Augury Owl》をチャンプブロックに回し、《霊気の達人/AEther Adept》で《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》を相打つ。Conleyは《溜め込むドラゴン/Hoarding Dragon》をキャスト。

 ドローした《定業/Preordain》をキャストして確認した2枚目は《島/Island》。結局《執拗なネズミ/Relentless Rats》をそのまま残し、《島/Island》を下に送り込んだ上で《執拗なネズミ/Relentless Rats》をキャストする。

 《溜め込むドラゴン/Hoarding Dragon》はタップしたものの、《棍棒のトロール/Cudgel Troll》が止まらない石井。さらに《聖なる狼/Sacred Wolf》が盤面に追加される。

 ここで《泥沼病/Quag Sickness》を引き当て、《棍棒のトロール/Cudgel Troll》を処理した石井は、《大気の召使い/Air Servant》で攻撃。返しでConleyは《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》をキャストし、《森のレインジャー/Sylvan Ranger》《聖なる狼/Sacred Wolf》とともにアタック。残りライフが8の石井は《執拗なネズミ/Relentless Rats》で《聖なる狼/Sacred Wolf》を相打つ。

 石井は《大気の召使い/Air Servant》で攻撃してConleyのライフは8。石井は《執拗なネズミ/Relentless Rats》を再びキャストする。

 Conleyは《森のレインジャー/Sylvan Ranger》と《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》で攻撃。石井は《執拗なネズミ/Relentless Rats》で《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》をブロックしたのだが、《森のレインジャー/Sylvan Ranger》へと《巨大化/Giant Growth》が打ち込まれる。

 念のために、石井は《縮退/Diminish》で《巨大化/Giant Growth》の修正を無効化できないかジャッジに確認した後に、土地を片付けた。

Conley 1-0 石井

Game 2

 土地が5枚に《縮退/Diminish》《精神の制御/Mind Control》という初手をマリガンした石井。

 続く6枚の手札は土地が3枚に《定業/Preordain》《泥沼病/Quag Sickness》《縮退/Diminish》というもの。これをキープし、1ターン目に《定業/Preordain》をキャストした石井。続いて《占いフクロウ/Augury Owl》を戦場に送り込み、2ターン続けて占術を使用する。

 この《占いフクロウ/Augury Owl》がクロックを刻み始めるのだが、Conleyが3ターン目にキャストしたのが《放蕩紅蓮術士/Prodigal Pyromancer》。渋い顔をした石井は、まさに渋々と《泥沼病/Quag Sickness》をこの《放蕩紅蓮術士/Prodigal Pyromancer》へとキャストする。

 Conleyは返しで《燃えさし運び/Ember Hauler》をキャスト。石井は、5マナを残してターン終了。Conleyは《燃えさし運び/Ember Hauler》で攻撃してターン終了。このターンエンドに石井が《ジェイスの創意/Jace's Ingenuity》をキャストすると、Conleyは2枚《山/Mountain》をタップする。

 《余韻/Reverberate》だ。

 互いに3枚ずつのカードを引き合うことになったが、《思い起こし/Call to Mind》で《ジェイスの創意/Jace's Ingenuity》を回収できた分、現状では石井が優位。だが、Conleyも手札が充実している。《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》をキャストし、攻撃。この《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》を《破滅の刃/Doom Blade》で除去しようとしたところで、Conleyは《秋の帳/Autumn's Veil》をキャストする。

 ライフを11まで詰められてしまった石井。再び《ジェイスの創意/Jace's Ingenuity》をキャスト。《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》へと《精神の制御/Mind Control》をキャストするが、《投げ飛ばし/Fling》で対処されてしまう。

 そして、満を持して戦場に降臨したのは《古えのヘルカイト/Ancient Hellkite》。虎の子の除去を使い果たしてしまっている石井は、小さくうめいて長考。《古えのヘルカイト/Ancient Hellkite》を《送還/Unsummon》するが、手札にカウンターがない以上、時間稼ぎにしかならない。

 稼いだターンのドローは《グレイブディガー/Gravedigger》。これで《占いフクロウ/Augury Owl》を回収すると、キャストして、占術で回答をさがす。

 《古えのヘルカイト/Ancient Hellkite》に《縮退/Diminish》をキャストして、再びターンを稼いだ石井だが、ConleyがキャストしたのはX=5の《変幻のハイドラ/Protean Hydra》。

 対処しなければいけないカードが2枚になってしまった石井。《古えのヘルカイト/Ancient Hellkite》の回答として《大気の召使い/Air Servant》は探し出していたものの、《変幻のハイドラ/Protean Hydra》への回答策があるはずはなかった。

Conley 2-0 石井

前の記事: Round 6: 八十岡 翔太(東京) vs. Conley Woods(アメリカ) | 次の記事: Round 8: 大澤 拓也(神奈川) vs. Matej Zatlkaj(スロバキア)
イベントカバレージ/プロツアー・アムステルダム10 一覧に戻る

イベントカバレージ