マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 8: 大澤 拓也(神奈川) vs. Matej Zatlkaj(スロバキア)

Round 8: 大澤 拓也(神奈川) vs. Matej Zatlkaj(スロバキア)

By Daisuke Kawasaki

 プロツアー・アムステルダム最終戦。

 全勝者こそいないものの、この時点で二日目進出を決定させ、明日のために少しでも勝ち星を稼いでおこうというプレイヤーがいる一方で、4勝3敗という、まさにこのマッチで敗北してしまえばプロツアーそのものが終了してしまうプレイヤーもいる。

 そのうちのひとりが「プロツアー・プラハ王者」大澤 拓也(神奈川)だ。

 Round 3で津村 健志(大阪)がいったんプロツアーシーンから離れた上で、PTQを突破し今回のプロツアー・アムステルダムに帰ってきたというトピックに触れているが、大澤も同様に、大塚 高太郎(神奈川)作の青赤《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension》でPTQを突破してきている。

 有田 隆一(千葉)も同様にPTQを突破し、今回のプロツアーに参戦しており、Kai Budde(ドイツ)の華々しい連勝トピックと併せて、多くのプロプレイヤーが帰ってきたプロツアーと称することもできるだろう。

 今回、大澤はエクステンデッドラウンドでは2勝3敗と厳しい戦いを強いられたが、リミテッドこそ我が戦場とばかりに2連勝でこのバブルマッチを戦うことになった。

 対するは、Matej Zatlkaj(スロバキア)。果たして、卓最強デックを名乗ることを許されるのはどちらか。

Game 1

 マリガン後に《島/Island》1枚と《定業/Preordain》という手札をキープした大澤。《定業/Preordain》でみた2枚を下に送り込むと、次のターンのドローは土地。

 そのまま3枚目の土地を引き当てると、《巻物泥棒/Scroll Thief》をキャストする。対してMatejは《男爵領の吸血鬼/Barony Vampire》をキャストするが、《稲妻/Lightning Bolt》でこれを対処し、《巻物泥棒/Scroll Thief》モード全開の大澤。

 Matejのキャストした《黒騎士/Black Knight》も《取り消し/Cancel》で打ち消すと、手札には、2枚の《マナ漏出/Mana Leak》をはじめ、リアクションカードが山のように集まってくる。

 《巻物泥棒/Scroll Thief》がいるかぎり、これらのカードにはすべてキャントリップがついているようなものである。大澤は、《暗殺/Assassinate》を2枚の《マナ漏出/Mana Leak》で打ち消すと、さらに《霜のタイタン/Frost Titan》を追加。

 《水晶球/Crystal Ball》を起動するMatejだったが、この神話レアに対処できるカードはなかった。

大澤 1-0 Matej

Game 2

 後手を選んだMatejの2ターン目の《黒騎士/Black Knight》を《マナ漏出/Mana Leak》すると、3ターン目に《巻物泥棒/Scroll Thief》をキャストした大澤。

 対するMatejのアクションは《水晶球/Crystal Ball》だったため、まずは1枚ドローに成功し、《定業/Preordain》でさらに手札を充実させていく。

 Matejの《暗殺/Assassinate》を《取り消し/Cancel》で打ち消すと、先ほど《定業/Preordain》で手に入れていた《針刺ワーム/Spined Wurm》をキャスト。これに対してMatejはいったん《ジェイスの創意/Jace's Ingenuity》をキャストして体勢を立て直そうとする。

 今のところ皆勤賞でカードを提供し続けている《巻物泥棒/Scroll Thief》。大澤はさらに2体目を追加する。《蒼穹のドレイク/Azure Drake》と《男爵領の吸血鬼/Barony Vampire》をキャストするが、《蒼穹のドレイク/Azure Drake》は《垂直落下/Plummet》で除去し、《男爵領の吸血鬼/Barony Vampire》は《霊気の達人/AEther Adept》で対処し、カードを2枚ドローする。

 再び、《男爵領の吸血鬼/Barony Vampire》をキャストし、《リリアナの死霊/Liliana's Specter》をも戦場に追加したMatejだったが、《男爵領の吸血鬼/Barony Vampire》に《送還/Unsummon》がキャストされると、大澤にこう言った。

Matej 「そのデッキ、是非みせてくれ」

大澤 2-0 Matej

R8_Osawa.jpg

前の記事: Round 7: 石井 泰介(神奈川) vs. Conley Woods(アメリカ) | 次の記事: Round 8: 津村 健志(大阪) vs. Luca Ravagli(イタリア)
イベントカバレージ/プロツアー・アムステルダム10 一覧に戻る

イベントカバレージ