マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Feature: 『ミラディンの傷跡』緊急プレビュー企画!

Feature: 『ミラディンの傷跡』緊急プレビュー企画!

By Daisuke Kawasaki

 プロツアーの会場がダンスホールに!

 21:00から開始されたAssault on Mirrodin Player Partyにおいて、10月1日に発売される『ミラディンの傷跡』のカードが先行プレビューされました。

 ここで公開されたカードは19枚。すべてのカードはこちらでみることができます。

 そして、パーティに参加中のプロプレイヤーたちに、今回公開されたカードの中で注目のカードを選んでもらい、コメントをいただきました。


渡辺 雄也(神奈川)

滞留者ヴェンセール
滞留者ヴェンセール

渡辺 「《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》を+2能力で使い回せば、ヴェンセールとヴェンセールの夢のコンボ!わーい、コンボ!それはそれとして、真ん中の-1能力をうまく使えるデッキを構築できれば強そうに見えますね。ビートダウンでもいいですし、《巻物泥棒/Scroll Thief》でもいいですし、今回登場した毒カウンターでもいいですね。+2能力も《霊気の達人/AEther Adept》みたいに戦場に出たときの能力と組み合わせれば強そうですし、使ったデッキがうまれるかもしれませんね」

八十岡 翔太(東京)

メムナイト
メムナイト

八十岡 「強くなった《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》。親和の時代が来るかもしれないですね。事実上、小さい《金属ガエル/Frogmite》ですし、《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》とあわせて1ターン目にばらまくデッキもできるかもしれない。っていうか、普通に考えて《さまようもの/Wandering Ones》の上位互換ですよ」

津村 健志(大阪)

ワームとぐろエンジン
ワームとぐろエンジン

津村 「構築でも可能性があるけど、本領発揮はリミテッド。10点満点で150点はある。こんなカード作っていいの?ウィザーズ!って言いたいくらい。《トリスケリオン/Triskelion》の4万倍は強いですよ、本当。10点満点で1500点はある」

齋藤 友晴(東京)

メムナイト
メムナイト

齋藤 「ミスターテンポ!ミスターコンボ!」

森 勝洋(大阪)

クローンの殻
クローンの殻

 「うーん、ちょっとテキストわかりにくいけど、要するにクリーチャーが出てくるんでしょ?なんか出来そうじゃない?っていうか《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》いけるじゃん」

高橋 優太(東京)

胆液の鼠
胆液の鼠

高橋 「これでまた、プロツアーで毒死する人が出てくるかもしれませんね。まだあの時の毒が抜けてないです。というのは冗談として、萎縮の上位互換みたいな能力ですね。萎縮を持ったカードはシャドウムーアリミテッドでほとんど強かったので、強いでしょうね。あと、ティム(《放蕩魔術師/Prodigal Sorcerer》)化するオーラとかあったらおもしろい」

中村 修平(大阪)

メムナイト
メムナイト

中村 「単純に今のクリーチャーのスペックが上がっていることを物語るカードだと思います。今は昔に比べて、体感的に+1/+1くらいのスペックになっているので、まさにこういうカードがいつか出てくるだろうと思っていて、ついに出たか、という気分ですね」

三田村 和弥(千葉)

記憶殺し
記憶殺し

三田村 「《頭蓋の摘出/Cranial Extraction》の秘儀が無くなったやつですね。《耕作/Cultivate》と《木霊の手の内/Kodama's Reach》の関係と同じですね。今、多くのデッキのサイドボードに《思考の大出血/Thought Hemorrhage》が入っている事を考えても使われるでしょうね。また、《原始のタイタン/Primeval Titan》って言う作業が始まるよ!え?これってボックス購入特典なんですか?」

0069_MTGBOX_JP_LR_01.jpg


 いかがだったでしょうか?参考にはなりましたか?

 是非、読者の皆さんも、友人やtwitterでこれらのカードについて語りあってみてください。

前の記事: ミラディンの傷跡特別プレビュー

| 次の記事: Feature: アムステルダムかく戦えり~日本勢総括
イベントカバレージ/プロツアー・アムステルダム10 一覧に戻る

イベントカバレージ