マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Feature: アムステルダムかく戦えり~日本勢総括

Feature: アムステルダムかく戦えり~日本勢総括

By Yusuke Yoshikawa

 Kai Budde(ドイツ)の復活、Brian Kibler(アメリカ)やBrad Nelson(アメリカ)など錚々たるメンバーのトップ8で大いに盛り上がるプロツアー・アムステルダムですが、日本勢にとっては苦しい戦いが続く大会となりました。

順位 氏名 勝ち点 デッキ Ex1成績 D1成績 D2成績 Ex2成績
28 渡辺雄也 33 《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension》 4勝 3勝 0勝 4勝
29 川上和人 33 赤緑《風景の変容/Scapeshift》 4勝 1勝 3勝 3勝
45 中田直樹 31 青緑オーメンヴァラクート 3勝 2勝 3勝 3勝
48 中村修平 31 《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension》 2勝 3勝 1勝 4勝1分
64 八十岡翔太 30 緑白青黒「Next Level Doran」 5勝 1勝 0勝 4勝
65 森勝洋 30 赤単 4勝 2勝 2勝 2勝
70 栗原伸豪 30 《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension》 3勝 2勝 2勝 3勝
73 彌永淳也 30 《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension》 4勝 2勝 1勝 3勝
74 大澤拓也 30 《むかつき/Ad Nauseam》 2勝 3勝 3勝 2勝
79 中島主税 28 《包囲の搭、ドラン/Doran, the Siege Tower》 3勝 2勝 3勝 1勝1分
86 平島祐太朗 27 フェアリー 4勝 2勝 2勝 1勝
88 石井泰介 27 青緑オーメンヴァラクート 5勝 2勝 2勝 0勝
103 齋藤友晴 27 《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension》 3勝 2勝 2勝 2勝
126 大森健一朗 24 エルフ 2勝 3勝 2勝 1勝
127 木村和晃 24 フェアリー 3勝 2勝 1勝 2勝
144 小野寺竜亮 21 赤単 4勝 1勝 0勝 2勝
160 津村健志 18 《むかつき/Ad Nauseam》 3勝 2勝 1勝 0勝
※Ex1成績=エクステンデッドラウンド(1日目)の成績、D1成績=ドラフト1回目の成績、D2成績=ドラフト2回目の成績、Ex2成績=エクステンデッドラウンド(2日目)の成績

 日本勢最上位は渡辺 雄也(神奈川)で、11勝5敗の28位。新鋭・川上 和人(兵庫)が同ポイントの29位に続き、中田 直樹(愛知)・中村 修平(大阪)・八十岡 翔太(東京)・森 勝洋(大阪)が入賞圏内となる65位までに入りました。

 復興が伝えられるアメリカ勢がトップ8に5人を送り込む一方で、トップ16までにも名前がないというのはいささか寂しいものであります。
 この教訓を糧に、千葉の世界選手権ではさらなる鍛錬とともに巻き返しが見られるでしょうか。

前の記事: Feature: 『ミラディンの傷跡』緊急プレビュー企画! | 次の記事: トップ8デッキリスト(エクステンデッド)
イベントカバレージ/プロツアー・アムステルダム10 一覧に戻る

イベントカバレージ