マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 5:三原 槙仁(千葉) vs. Noah Long(カナダ)

Round 5:三原 槙仁(千葉) vs. Noah Long(カナダ)

By Daisuke Kawasaki

 初日スタンダード最終戦のこのマッチアップでは、ここまで3勝1敗と好成績を残している「2006年日本王者」三原 槙仁(千葉)がアリーナへとフィーチャーされた。

 ジャンド中心のこの環境に、多くのプレイヤーが意欲作を持ち込んでいるが、どうやら三原のデックもそういった「ジャンド倒してやろう」デックのひとつのようだ。

三原 「今回、僕と行弘(賢(福岡))くんの共同開発したこのデッキは、今回調子いいですよ!」

 とのこと。最近はすっかり千葉コミュの一員として、「魔王」のふたつ名で知られる三原だが、今回は古巣九州のコミュニティとの共同開発デックを持ち込んできたようだ。

jpg

 このラウンドもジャンドを使用するNoah Long(カナダ)とのマッチアップなため、その対ジャンド性能の高さを楽しみにしたい。

 とはいえ、Longのジャンドも、様々な対ジャンドデックに対応するべく改良に改良を重ねたスペシャルデックとのこと。好勝負に期待したい。

Game 1

jpg

 先手の三原は《乾燥台地/Arid Mesa》をセット。対するLongは《根縛りの岩山/Rootbound Crag》をタップイン。三原はターンエンドに《平地/Plains》をサーチすると、2枚目の《乾燥台地/Arid Mesa》をセットし、今度は《山/Mountain》をサーチする。Longは《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》をセット。

 三原は《山/Mountain》をセットして、さらにターンエンド。ここまでお互いにキャストなしですすみ、互いに相手のデッキを計りあっているかのよう。結局、ファーストアクションとしてLongが《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》をキャストしたことで、この環境によくある、ジャンドvs赤白上陸のマッチアップであるかのように見える。

 だが、三原は赤白上陸にしては動きがまったくない。

 土地が3枚で止まった三原は、Longの《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》を《稲妻/Lightning Bolt》で除去する。Longは2枚目の《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》をキャストし、ターンを返す。三原は土地を引かない。

 ここで5マナに達したLongが《エルドラージの碑/Eldrazi Monument》をキャストすると、ジャンドから登場するとは想像できないカードの降臨に、三原は苦笑い。

 結局、4枚目の土地にアクセスできないまま、三原のアーキタイプの答えは、次のゲームへと先送りになるのだった。

Long 1-0 三原

Game 2

jpg

 後手のLongは、《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》を2ターン目にキャスト。

 対する三原、3ターン目についに3種類目の土地、そう、《森/Forest》がセットされる。一方のLongは、3枚目の土地をセットし、《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》でアタックしてターンエンド。

 三原は4枚目の土地をセットすると、《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》をキャスト。ここでサーチされたのが、《硬鎧の群れ/Scute Mob》と《竜使いののけ者/Dragonmaster Outcast》という、土地の枚数をきっかけに強力クリーチャーとなる2種類の1マナクリーチャー。

 少々困ったという表情のLongだが、《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》で続唱された《終止/Terminate》を《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》にうちこみ、7点のアタック。

 三原は、攻勢を押しとどめるために、《国境地帯のレインジャー/Borderland Ranger》で《平地/Plains》をサーチし、白マナを2つ確保した上で、《コーの火歩き/Kor Firewalker》をキャストする。

 だが、しかし。Longは、《破滅の刃/Doom Blade》で《コーの火歩き/Kor Firewalker》を除去すると、さらに《稲妻/Lightning Bolt》を《国境地帯のレインジャー/Borderland Ranger》に打ち込み、さらに7点のダメージを叩き込む。

 さらに《稲妻/Lightning Bolt》が打ち込まれると、1マナクリーチャーたちが本気を出すアップキープが帰ってくることが無いため、三原は手を差し出した。

Long 2-0 三原

前の記事: Round 4:森 勝洋(大阪) vs. Gaudenis Vidugiris(アメリカ) | 次の記事: Video: デッキ解説:ボス・ナヤ(Tom Ross)
イベントカバレージ/プロツアー・サンディエゴ10 一覧に戻る

イベントカバレージ