マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 8:北山 雅也(神奈川) vs. Luis Scott-Vargas (アメリカ)

Round 8:北山 雅也(神奈川) vs. Luis Scott-Vargas (アメリカ)

By FOREST

 プロツアー初日最終戦、日米の元ナショナルチャンピオンが全勝を賭けて戦う試合をお届けしよう。この試合はフューチャーマッチ選外となってしまったが、多くのギャラリーが見守る中での勝負となった。

 太古の時代から延々と繰り返されてきた仇敵同士の対決、緑単vs. 黒単を御堪能あれ。
jpg

"LSV" Luis Scott-Vargas:黒単色吸血鬼
北山 雅也:緑単

Game 1

 《吸血鬼の裂断者/Vampire Lacerator》、《グール・ドラズの吸血鬼/Guul Draz Vampire》、《泥地の吸血鬼/Quag Vampires》という美しいマナカーブで展開する黒単色吸血鬼のLSV。さらに《燻し/Smother》で北山の《皮背のベイロス/Leatherback Baloth》を葬るという完璧なキックオフ。

 ...からの!

LSV "Hahaha, this my 5th pick of Worldwake!!"
北山 "...Ah, he is from my pack..."

 《The Abyss》を体現する吸血鬼、《遺跡の賢者、アノワン/Anowon, the Ruin Sage》降臨。

 「勝負になっていない」としか言いようのない圧倒的な試合展開。盤面だけを見ていると、それはさながらブロック構築の吸血鬼デッキであるかのような完成度と強さを見せつけたLSVだった。

Scott-Vargas 1-0 北山

Game 2

jpg

 気を取り直して先行からゲームをスタートする北山は、1ターン目に《カルニの庭/Khalni Garden》セットから0/1トークンを展開し、2ターン目に《オラン=リーフの生き残り/Oran-Rief Survivalist》。対するLSVは《グール・ドラズの吸血鬼/Guul Draz Vampire》から《無情な選刃/Ruthless Cullblade》という流れだ。

 クリーチャーを展開しあう攻防の中、北山は《巡礼者の目/Pilgrim's Eye》、《大木口の幼生/Timbermaw Larva》と続け、LSV は3/2飛行《ギザ蜂の群れ/Jagwasp Swarm》を召喚した。

 ここで北山は《オラン=リーフの生き残り/Oran-Rief Survivalist》二体目を召喚し、アタック宣言。5/5《大木口の幼生/Timbermaw Larva》、3/3《オラン=リーフの生き残り/Oran-Rief Survivalist》のダメージがLSVに突き刺さる。

 LSVも《墓所の切り裂き魔/Crypt Ripper》を展開してみるものの、北山が《放牧の林鹿/Grazing Gladehart》からの「上陸」でライフ獲得モードとなり、その上で《帆凧/Kitesail》によって《大木口の幼生/Timbermaw Larva》が回避能力を手に入れてしまう。

 結局、LSVは《帆凧/Kitesail》つき《大木口の幼生/Timbermaw Larva》に対する回答を用意できず、まもなく投了。

Scott-Vargas 1-1 北山

Game 3

jpg

 先手を取ったLSVは1ターン目に《冒険者の装具/Adventuring Gear》をプレイしたものの、4ターン目の《墓所の切り裂き魔/Crypt Ripper》まで動きを見せなかった。対する北山は3ターン目と4ターン目に《皮背のベイロス/Leatherback Baloth》を連打するというアクション。

 そして、またしても。

 5ターン目にLSVは《遺跡の賢者、アノワン/Anowon, the Ruin Sage》を召喚した。

 北山は《巡礼者の目/Pilgrim's Eye》で土地を増やしてターンを終え、LSVのアップキープにアノワンの能力で《墓所の切り裂き魔/Crypt Ripper》と《巡礼者の目/Pilgrim's Eye》が墓地に送られる。

 ここで北山は二体の4/5ベイロスでのダブルパンチを宣言するが、待ち構えていたLSVが《燻し/Smother》で片割れを除去しにかかる。戦闘後に北山は《砕土/Harrow》で土地を増やしてから《タジュールの射手/Tajuru Archer》を召喚し、この射手はもちろん《遺跡の賢者、アノワン/Anowon, the Ruin Sage》の生贄となる。

 LSVは「上陸」を果たして6/5となった《冒険者の装具/Adventuring Gear》付き《遺跡の賢者、アノワン/Anowon, the Ruin Sage》でアタック。返すターンに北山は《皮背のベイロス/Leatherback Baloth》でアタックしてから《闘士蜘蛛/Grappler Spider》と《大木口の幼生/Timbermaw Larva》を召喚し、ダメージレースへと勝負を持ち込むべく画策する。

 しかし、ここでLSVは《墳墓の呪詛/Tomb Hex》で《大木口の幼生/Timbermaw Larva》を倒し、続くアップキープに《闘士蜘蛛/Grappler Spider》がアノワンの生贄にささげられ、結局のところ北山は数的な優位を作れなかった。

 そんな中、LSVが「上陸」させて6/5にした《遺跡の賢者、アノワン/Anowon, the Ruin Sage》をレッドゾーンに送り込み、そこにキッカーで《吸血鬼の一噛み/Vampire's Bite》を詠唱! そう、北山はこの一撃で9点のライフを失い、LSVは絆魂によって9点のライフを獲得してしまったのだ。

 それでも後続を展開してなんとか4/5《皮背のベイロス/Leatherback Baloth》だけは《遺跡の賢者、アノワン》の毒牙から守りたい北山だったが、ここでLSVはキッカー《湿地での被災/Marsh Casualties》! 孤立した《皮背のベイロス》もまた、とうとう非業の死を遂げてしまった。

Scott-Vargas 2-1 北山

 かくもゆるぎない力強さを見せ、LSVは《遺跡の賢者、アノワン/Anowon, the Ruin Sage》による完全勝利を掌中におさめた。

 Luis Scott-Vargas、Gabriel Nassifとともに初日全勝を達成!

jpg

前の記事: Round 7:北山 雅也(神奈川) vs. Jason Ford (アメリカ) | 次の記事: Round 8:森 勝洋(大阪) vs. 岩崎 裕輔(大阪)
イベントカバレージ/プロツアー・サンディエゴ10 一覧に戻る

イベントカバレージ