マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Draft Pick:Drafting With The Green Master!

Draft Pick:Drafting With The Green Master!

By Daisuke Kawasaki

 プロツアー・サンディエゴ二日目。

 ここで、日本人最上位として、LSVやGabriel Nassif(フランス)といったスーパープロと戦うのが、2007年日本王者である北山 雅也(神奈川)だ。

 最近では、渡辺 雄也(神奈川)がスタンダードキングと呼ばれていたが、もともとは、日本選手権関東予選連続突破などで、北山がスタンダードキングと呼ばれていたし、日本王者になった時にも、ついに取ったか、という声が多かった。

 そんな北山だが、最近は古淵でドラフトの練習が増えていることもあって、リミテッドを中心に練習し、構築はMagic Onlineで行っているようだ。

 昨年末のThe Limitsでもトップ8入賞している確かなリミテッド実力者のピックを簡単に追いかけてみよう。

■第1パック

 北山の開封したパックのレアは、《巨森、オラン=リーフ/Oran-Rief, the Vastwood》。

 しかし、《ベイロスの林壊し/Baloth Woodcrasher》や《砕土/Harrow》という緑の優良コモンやアンコモンがあるため、ここは《ベイロスの林壊し/Baloth Woodcrasher》をピックする。

 2手目は、緑は《硬鎧の群れ/Scute Mob》《放牧の林鹿/Grazing Gladehart》。《精神ヘドロ/Mind Sludge》や《墓所王の探索/Quest for the Gravelord》といった黒いカードも気になるが、《硬鎧の群れ/Scute Mob》ピック。

 続く3手目。上陸にいくなら《領地のベイロス/Territorial Baloth》か《風乗りの長魚/Windrider Eel》あたりを取りたいところだが、ここは《迷いし者の番人/Shepherd of the Lost》をとり、緑白路線か。

 4手目は《リバー・ボア/River Boa》を即ピックするが、5手目は《巨森を喰らうもの/Vastwood Gorger》となやんで《探検者の望遠鏡/Explorer's Scope》。6手目では《開拓地の先達/Frontier Guide》をピックし、緑を固める。

 ここで、三連続で《巨森を喰らうもの/Vastwood Gorger》が流れてくるが、《クラーケンの幼子/Kraken Hatchling》《鞭打ちの罠/Whiplash Trap》という青のカードの流れをみて、《クラーケンの幼子/Kraken Hatchling》。続いて、《潮汐を作るもの、ロートス/Lorthos, the Tidemaker》と《カルニの宝石/Khalni Gem》が来たため、上陸向けのパーツである《カルニの宝石/Khalni Gem》を。

 ここで、《砕土/Harrow》が一周してくる。《大木口の幼生/Timbermaw Larva》もきになるが、無難に《砕土/Harrow》。その後遅い順目に流れてきた《溶鉄の荒廃者/Molten Ravager》をカットし、緑をメインカラーに、白か青...願わくば昨日好成績を残した緑単に期待と言った所か。

 この時点で緑のユースフルカードは8枚だ。

■第2パック

 オープニングパックは、《天空のアジサシ/Welkin Tern》《コーの空漁師/Kor Skyfisher》、そして緑単のパーツである《大木口の幼生/Timbermaw Larva》というコモンが揃ったパック。ここで北山はカードパワーを重視してか《コーの空漁師/Kor Skyfisher》

 2手目の考慮対象は《大木口の幼生/Timbermaw Larva》《コブラの罠/Cobra Trap》《乱動への突入/Into the Roil》。ここから《大木口の幼生/Timbermaw Larva》をピック。

 3手目のパックでは、《板金鎧の土百足/Plated Geopede》や《光輝王の昇天/Luminarch Ascension》も気にしていたが、《オラン=リーフの出家蜘蛛/Oran-Rief Recluse》をピックして、緑を意識。4手目はユースフルカードの枚数を数えた上で、《巨森の蔦/Vines of Vastwood》《オラン=リーフの生き残り/Oran-Rief Survivalist》といったカードが帰ってくると想定して《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》をピックする。

 5手目は《天空のアジサシ/Welkin Tern》。どうも青関係の点数が卓でおかしい雰囲気があり、念のために確保した感じだろうか。

 続いて《ベイロスの檻の罠/Baloth Cage Trap》をピック。さらに《緑織りのドルイド/Greenweaver Druid》《領地のベイロス/Territorial Baloth》と連続してピック。かなり高い確率で緑が独占できていることを意識したか。

 何も戻ってこなかった《呪文貫き/Spell Pierce》を挟んで、《コブラの罠/Cobra Trap》をピックすると、次は《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》《麻痺の掌握/Paralyzing Grasp》と、予想した緑のカードではなく、青いカードが流れてくる。

 緑の独占状態に気がついた誰かが参入してきたのがはっきり感じられる流れであり、他の色のカードの枚数を確認していたのが印象的だ。

■第3パック

 オープニングパックには緑の優良カード《灰色革の狩人/Graypelt Hunter》があったが、寡占はかなり厳しいと《蒸気の捕獲/Vapor Snare》をピック。

 2手目は青がなく《テラストドン/Terastodon》《灰色革の狩人/Graypelt Hunter》《東屋のエルフ/Arbor Elf》から、レアである《テラストドン/Terastodon》を拾った。

 すると、3手目で2枚目の《テラストドン/Terastodon》! 非常に悩ましいが、《面晶体の流浪者/Hedron Rover》をピックしてマナ域を意識。4手目で《皮背のベイロス/Leatherback Baloth》、5手目で《獣性の脅威/Bestial Menace》をピックし、まだ緑が生きていることを意識。緑は下にいるようだ。

 緑系のブン回りパーツである《東屋のエルフ/Arbor Elf》をピックした後に、《ナーリッドの群れ/Gnarlid Pack》《闘士蜘蛛/Grappler Spider》《流砂/Quicksand》という比較的欲しいカードから選択になった7手目。ここは当然カードパワーの高さで《ナーリッドの群れ/Gnarlid Pack》をピックする。

 このあたりから、やはり緑が減ってきていることが意識される。そこで、残された《カルニの庭/Khalni Garden》《面晶体の流浪者/Hedron Rover》とピックしていたのだが、ここで《灰色革の狩人/Graypelt Hunter》が戻ってくる。

 その後も《頂の猿人/Summit Apes》《探検/Explore》と緑のカードが流れてきた。このあたりで他の色にそれほどの色が残っていたのだろうか?なんにしろ、予定と違って緑のカードが確保できたことは、北山にとってラッキーになるのか、それとも、ノイズとなるのか。

 はたして、緑単にはカードが足りるだろうか。それでは構築を見てみよう。

■構築

 北山の構築風景をみてみると、やはり緑単を中心に、《蒸気の捕獲/Vapor Snare》をタッチした感じでの構築を進めていた。

 しかし、《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》《砕土/Harrow》《カルニの宝石/Khalni Gem》といった、多色サポートカードがそれなりの枚数あるため、《迷いし者の番人/Shepherd of the Lost》をタッチするか否かを検討しているようだ。

 結局、北山は、《迷いし者の番人/Shepherd of the Lost》をタッチせず、緑単に《蒸気の捕獲/Vapor Snare》をタッチでデッキをまとめ上げた。

北山 雅也
16 《森/Forest》
1 《島/Island》

-土地(17)-
1 《硬鎧の群れ/Scute Mob》
1 《東屋のエルフ/Arbor Elf》
1 《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》
1 《開拓地の先達/Frontier Guide》
1 《リバー・ボア/River Boa》
1 《面晶体集め/Hedron Scrabbler》
1 《ナーリッドの群れ/Gnarlid Pack》
1 《オラン=リーフの出家蜘蛛/Oran-Rief Recluse》
1 《緑織りのドルイド/Greenweaver Druid》
1 《皮背のベイロス/Leatherback Baloth》
1 《大木口の幼生/Timbermaw Larva》
1 《灰色革の狩人/Graypelt Hunter》
2 《面晶体の流浪者/Hedron Rover》
1 《領地のベイロス/Territorial Baloth》
1 《ベイロスの林壊し/Baloth Woodcrasher》
1 《テラストドン/Terastodon》

-クリーチャー(17)-
1 《ベイロスの檻の罠/Baloth Cage Trap》
1 《獣性の脅威/Bestial Menace》
1 《探検/Explore》
1 《砕土/Harrow》
1 《蒸気の捕獲/Vapor Snare》
1 《カルニの宝石/Khalni Gem》

-呪文(6)-

北山 「飛行がほとんど止まらないのが厳しいんですよね」

 《迷いし者の番人/Shepherd of the Lost》をタッチするかどうか迷っていた部分について北山はこう答えた。

-- 「昨日は緑単で強力なデックを構築していましたが、今日も緑単で行こうという意識はありましたか?」

北山 「いや、僕はこの環境はどの色でも行けると考えていたので、最初は色は意識していませんでした。ただ、初手で《ベイロスの林壊し/Baloth Woodcrasher》くらいしか取るカードは無かったので、そこで緑かなぁという感じにはなりましたね」

-- 「そして、2手目は《硬鎧の群れ/Scute Mob》だったと」

北山 「あそこで、黒のコモン除去が抜かれていたんじゃないかというパックが来たので、青緑か白緑でまとめたい感じでしたね」

-- 「《迷いし者の番人/Shepherd of the Lost》もそういう基準でのピックですか」

北山 「どちらかというと、あそこはカードパワー優先ですね」

-- 「なるほど。青も結構欲しい感じでしたか?」

北山 「そうですね。《天空のアジサシ/Welkin Tern》の来る順目など、青の流れがちょっと不自然だったので、もしかしたらいけるかなと思いまして」

-- 「今回のプロツアーに参加している日本人選手で結構多くの人が言っていますが、日本人と外国人でカードの評価基準が違う感じはありますよね」

北山 「それはあるかもしれません。重いカードと軽いカードの感覚で結構違うところがあるのかもしれません」

-- 「ちなみに、ゼンディカー2パック目の後半で、かなり緑のカードが抜かれていましたが、あれで緑単が厳しくなった印象はありましたね」

北山 「そうですね。でも、緑が参入してきたというよりは、緑が流れすぎていてカットされたんじゃないですかね。卓に独占とは思いませんが、多くてもひとりという印象です」

-- 「実際の所、2パック目終了時点では、緑のカードが足らず、残りの枚数を確認していましたね」

北山 「ワールドウェイクの後半で助けられたところはあります」

-- 「ちなみに、2手目・3手目で《テラストドン/Terastodon》が流れてきましたが、2枚目は流しましたね」

北山 「デッキにマナ加速が多いので、1枚目はともかく、2枚は許容できませんでした」

-- 「かわりに取ったのが《面晶体の流浪者/Hedron Rover》ですか」

北山 「このカードは点数が低いみたいで、もう1枚取れましたが、僕はすごく評価しています。あと、《面晶体集め/Hedron Scrabbler》も評価高いです。《サラカーの匪賊/Surrakar Marauder》をかなりながしているので、活躍が期待できます」

-- 「このデッキは何勝くらいできそうですか?」

北山 「2-1はしたいです。運が良ければ3-0で」

-- 「ありがとうございました。がんばって下さい」

 なお、この1番卓はドラフトビュアーでも公開される予定なので、そちらも参照していただきたい。

前の記事: Draft Viewer: Draft 2 Pod 1 | 次の記事: Draft Pick:森勝洋Draft Pick
イベントカバレージ/プロツアー・サンディエゴ10 一覧に戻る

イベントカバレージ