マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 13:井川 良彦(東京) vs. Nico Bohny(スイス)

Round 13:井川 良彦(東京) vs. Nico Bohny(スイス)

By Daisuke Kawasaki

 今大会が初のプロツアーの日本勢、ということで、Round 10では比嘉のマッチをお伝えしたが、今度は、海外プロツアー初参加の井川 良彦(東京)がアリーナへと招致された。

 井川は、関東地区の草の根ではよく見かけるプレイヤーで、PTQにも多く参加している。そんな井川にとって、海外のプロツアー出場は念願だったようで、東京のPTQを突破した時に男泣きをしたというエピソードが知られている。

 そして、その念願の海外プロツアーで、井川はなおも、トップ8を狙える位置で戦っているのだ。

 昨年のファーストプロツアーであるプロツアー京都では、山本・棚橋というふたりの初参加プレイヤーがトップ8入賞を決めた。果たして、井川は彼らに続き、日本人トップ8入賞なるのだろうか。

Game 1

 後手のBohnyはマリガンしたものの、1ターン目に《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》をキャストする立ち上がり。対して、井川は2ターン目に《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》をキャストし、《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》の攻撃を押しとどめる。

 井川は、3ターン目に《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》でアタックした上で、2体目の《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》をキャストするが、今度は、《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》によって、上陸が2回達成され、《輝くオオヤマネコ/Glittering Lynx》の攻撃を通さざるを得ない。

 井川が4ターン目にキャストした《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》の続唱は《稲妻/Lightning Bolt》をめくり、《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》をターゲットに。これは《精霊への挑戦/Brave the Elements》ではじかれてしまうが、その後、2体の《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》でアタックし、8点のダメージを与えられたことを考えれば、むしろ好都合だったといえるだろう。

 Bohnyはせっとランドできなかったものの、《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》をキャスト。しかし、この《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》は、《瀝青破/Bituminous Blast》で除去されてしまい、続唱で井川は3体目の《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》を得る。

 5枚目の土地にアクセスできないBohnyは苦し紛れのX=2の《軍部政変/Martial Coup》をキャストするが、それすら《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》でシャットアウトされてしまったのだった。

井川 1-0 Bohny

Game 2

 今度は、井川がマリガンというスタート。

 Bohnyは2ターン目に《コーの火歩き/Kor Firewalker》をキャスト、対して井川は2ターン目に《沼/Swamp》とフェッチ経由の《森/Forest》を揃えて《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》で対抗する。

 一方のBohnyは、《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》を追加して、一気にプレッシャーをかける。なんだかんだ言って、この《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》というクリーチャーはちょっとおかしいくらいのカードパワーを持っている。

 だが、井川は《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》に対処できない。2体目の《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》を追加し、黒マナを残してターンエンド。Bohnyは2枚目の《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》を追加する。

 井川は4枚目の土地も、赤マナも用意できない。手札には2枚の《稲妻/Lightning Bolt》に、《荒廃稲妻/Blightning》や《野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt》といった強力カードが並んでいるが、マナが無ければ紙切れ以下だ。一方のBohnyは、《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》をドンドン大きく育てつつ、マナを伸ばしていく。

 あっという間に《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》は9/9に。9/9というサイズには、2体の《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》でも対処できず、さらに《悪斬の天使/Baneslayer Angel》が並んでしまっては、赤マナを引いても対処できないのだった。

 井川は、赤マナを結局ひかなかったが。

井川 1-1 Bohny

Game 3

 井川が2ターン続けて《野蛮な地/Savage Lands》を並べる前で、Bohnyは《コーの火歩き/Kor Firewalker》を戦場に追加する。

 井川はここで《荒廃稲妻/Blightning》をキャストし、Bohnyの手札から2枚の《崇敬の壁/Wall of Reverence》をディスカードさせる。Bohnyは《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》を追加。

 ここで2枚目の《荒廃稲妻/Blightning》をキャストする井川。こんどは《真心の光を放つ者/Devout Lightcaster》と《エメリアの天使/Emeria Angel》がBohnyの手札からディスカードさせられる。Bohnyは《活発な野生林/Stirring Wildwood》の能力を起動し、3体のクリーチャーでアタックする。

 返しで井川は《野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt》をキャスト。そしてこのクリーチャーに対処するカードをBohnyは持っていない。そして、運の悪いことに、Bohnyはここで土地が止まってしまう。手札には2枚の《悪斬の天使/Baneslayer Angel》があるが、土地は4枚。仕方なく、《エメリアの天使/Emeria Angel》をキャストする。

 そして、この2枚の《悪斬の天使/Baneslayer Angel》が、井川の3枚目の《荒廃稲妻/Blightning》でディスカードさせられる。こうなってしまうと、《野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt》が完全に盤面を支配してしまう。

 Bohnyは、《活発な野生林/Stirring Wildwood》と《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》、そして《コーの火歩き/Kor Firewalker》《エメリアの天使/Emeria Angel》でアタックするが、狼トークンにチャンプブロックされてしまい、《コーの火歩き/Kor Firewalker》と《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》を失う。

 そして、《エメリアの天使/Emeria Angel》には《瀝青破/Bituminous Blast》が。

 ここでめくれたのは大勢に影響のない《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》だったが、しかし、《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》が影響を与えないような場であるということなのだった。

井川 2-1 Bohny

前の記事: Round 12:Guillaume Wafo-Tapa(フランス) vs. 井上 徹(福岡) | 次の記事: Round 13:Gabriel Nassif (フランス) vs. 中島 主税(神奈川)
イベントカバレージ/プロツアー・サンディエゴ10 一覧に戻る

イベントカバレージ