マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 14:Russel Heitzmann(カナダ) vs. 北山 雅也(神奈川)

Round 14:Russel Heitzmann(カナダ) vs. 北山 雅也(神奈川)

By FOREST

 予選ラウンド残り3回戦という終盤戦にあって、ベストエイト進出の可能性を残している3敗ラインに存在する日本勢は北山と井川のみ。

 そんな中から、カナダのHeitzmannとマッチアップされた北山 雅也の「続唱ジャンド」ミラーマッチの模様をお送りしよう。

北山:続唱ジャンド
Heitzmann:続唱ジャンド

Game 1

 Heitzmannの先行マリガンからゲームスタート。両者が2ターン目に《怒り狂う山峡/Raging Ravine》をタップインする流れから、3ターン目に3/3《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》を展開するHeitzmann。北山も2/2《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》でこの3/3クリーチャーをブロックし、北山の+2/+2パンプアップ宣言を狙いすませた《稲妻/Lightning Bolt》が突き刺さる。

 さらにHeitzmannは後続として《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》を展開し、《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》とともにアタック。《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》を召喚していた北山はこれで《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》をブロックし、もちろんHeitzmannはペイライフを宣言。北山は3体の1/1トークンを場に出すこととなった。

 ここまでの序盤の攻防は好調だったHeitzmannだが、なんとこの3マナ域で土地がピタリと止まってしまう事態に陥る。対照的にマナを伸ばす北山は《瀝青破/Bituminous Blast》で敵陣の《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》を除去しつつ、続唱で《荒廃稲妻/Blightning》をめくりだす。続くターンに《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》を召喚することになり、マナトラブルのHeitzmannはいさぎよく投了した。

北山 1-0 Heitzmann

Game 2

 嗚呼、またしても2マナで止まってしまうHeitzmann。

 北山はそこへ3ターン目《荒廃稲妻/Blightning》から4ターン目《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》という続唱ジャンドの真骨頂ともいうべき立ち上がりを見せる。ここで続唱でめくれたのは《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》だ。

 なんとか2ターン遅れで三枚目の土地である《野蛮な地/Savage Lands》をタップインするHeitzmannだが、対する北山は力強い攻撃を継続した。そう、2ターン連続での《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》で、続唱から次々と《荒廃稲妻/Blightning》や《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》をめくりだすのだ! 

 決定打となったのは、このゲーム三発目の《荒廃稲妻/Blightning》。北山の猛攻によりHeitzmannの手札とライフはズタズタにされてしまった。

 ここまでわずか10分。苦笑しながらカナダ勢は盤面を片付けるしかなかった。

北山 2-0 Heitzmann

 かくて、北山 雅也は残り二回戦を1勝1分でベストエイト進出というラインに踏みとどまったのだ!

前の記事: Round 14:森 勝洋(大阪) vs. Gabriel Nassif(フランス) | 次の記事: Round 15:Luis Scott-Vargas(アメリカ) vs. Kyle Boggemes(アメリカ)
イベントカバレージ/プロツアー・サンディエゴ10 一覧に戻る

イベントカバレージ