マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝:井川 良彦(東京) vs. Kyle Boggemes(アメリカ)

準々決勝:井川 良彦(東京) vs. Kyle Boggemes(アメリカ)

By Naoaki Umesaki

 『プロツアー サンディエゴ』準々決勝の1テーブルは、『ジャンド』デッキ同系のマッチアップとなった。 だが、決してTop8に『ジャンド』が多く残っている訳でもなく、『ジャンド』を使用してTop8に残ったプレイヤーは3人のみである。 本大会の前は「ジャンドばかりでつまらないTop8になるのでは?」という懸念も話題になっていたが、『ワールドウェイク』によって環境に変化が生まれたのだろう。本大会のTop8は様々なデッキタイプがある面白い結果となっている。

 そんな中での、『ジャンド』同系対決。 井川は「同系対決は差が出にくくて難しいけど、対戦相手となるKyleは同系対決で非常に強力なカードである《瀝青破》をメインに採用していないし、サイドにも1枚しか採用していない。 サイド後は互角くらいだと思うけど、メインボード戦は有利だと思うので、第1ゲームをしっかり取りたい」と語ってくれた。

 さて、どのような勝負になるのか?

Game 1

jpg

 後攻でのスタートとなった井川、《野蛮な地》《怒り狂う山峡》《山》《朽ちゆくヒル》《荒廃稲妻》《血編み髪のエルフ》×2枚といった内容の初手をキープして、"プロツアーサンデー"のゲームを開始した。

 3ターン目、4ターン目と連続で《芽吹くトリナクス》を展開して攻めてくるKyleに対して、井川は《荒廃稲妻》(ディスカードは《稲妻》と《若き群れのドラゴン》)でKyleの手札を攻めた上で、《血編み髪のエルフ》をプレイ。 続唱では《芽吹くトリナクス》がプレイされ、押されていた盤面を一気に取り戻す。

 両者の《芽吹くトリナクス》が睨みあい膠着するような展開も予想されたのだが、Kyleはノータイムで《芽吹くトリナクス》2体でのアタックを宣言。プレイングの内容も、Kyleのアクションからも、かなり積極的に見えるアタックである。 小考の後、井川はこの2体をそれぞれ、《芽吹くトリナクス》《血編み髪のエルフ》でブロックすることを選択。 戦闘ダメージが解決され、井川に3体・Kyleに6体とお互いの戦場に《芽吹くトリナクス》による苗木トークンが並んだ。

 この戦闘終了後、Kyleは2体の《朽ちゆくヒル》を戦線に追加してこのターンを終了。先ほどのプレイングから感じてはいたが、Kyleの手札は序盤から積極的に攻めに行くような内容 だったようだ。 返しのターン、井川も2体目となる《血編み髪のエルフ》をキャスト、「続唱」で《朽ちゆくヒル》を戦線に追加した。

 お互いにクリーチャー展開が続く中盤戦、一体どちらが優位な場を作るのだろうか? 現状だと、ドローしている《芽吹くトリナクス》の枚数の差などから、Kyleが井川よりも数多くのクリーチャーをコントロールしており、攻めのプレッシャーを掛けやすそうな盤面である。

 そんなことを考えていたら、Kyleはまたもや考慮時間少なく全軍でのアタックを宣言。 井川からすると、戦線・ライフを大きく削られる厳しいアタックである。 苗木トークンは苗木トークンで、《朽ちゆくヒル》は《朽ちゆくヒル》でと、なるべく盤面での損害が少ないようにブロックを決めていく井川だが、《朽ちゆくヒル》のスーサイドな強化能力の起動を強要される形になり、更にはブロックしきれなかった《ヒル》2号・苗木トークン2体の戦闘ダメージによって9までライフが追い込まれる。

 先攻の有利と、手札の内容を活かした積極的な攻めで優勢な状況を作ってみせたKyle。続くターンには欲しかった5枚目となる土地カードを引きこみ、"爆弾"カード《包囲攻撃の司令官》を戦場に投入。 Kyleの攻めが途切れない。

 井川は戦場に《朽ちゆくヒル》を追加した上で、《終止》によって《包囲攻撃の司令官》を除去する。しかし、Kyleの戦線には《包囲攻撃の司令官》が製造した【1/1】ゴブリントークン3体を始め、《朽ちゆくヒル》・苗木トークン2体と十分な戦力が残っており、土地ゾーンは《怒り狂う山峡》も控えている。

 ようやく5枚目となる土地カードを引いてきた井川は《包囲攻撃の司令官》をキャストするのだが、Kyleが《怒り狂う山峡》のクリーチャー化能力を起動して全軍アタックの宣言を行うと、この場はどうしようも無しと、投了を宣言した。

井川 0-1 Lyle

■井川のサイドボーディング


【In】

2《精神腐敗/Mind Rot》
4《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》
1《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》

【Out】

2《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》
1《稲妻/Lightning Bolt》
3《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
1《終止/Terminate》

■Kyleのサイドボーディング


【In】

4《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》
2《大貂皮鹿/Great Sable Stag》
1《瀝青破/Bituminous Blast》
1《精神腐敗/Mind Rot》

【Out】

2《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》
3《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
1《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》
2《終止/Terminate》

 『ジャンド』同系対決でサイドボーディングを行う際、《稲妻》と《大渦の脈動》をどういったバランスでサイドアウトするのかは難しいところだが、「今回の対戦相手はサイドボードに《大貂皮鹿》を採用している」「軽いスペルだと動きやすく、そこが非常に重要」という理由から井川は《稲妻/Lightning Bolt》を優先してメインボードに残した。

Game 2

jpg

 井川は、《怒り狂う山峡》《山》《瀝青破》《芽吹くトリナクス》《ゴブリンの廃墟飛ばし》《新緑の地下墓地》×2枚という内容の初手をキープ。 Kyleは1マリガンで、6枚の手札をキープしてのゲームスタート。

 お互い、第3ターン目に《芽吹くトリナクス》をキャストするゲームの立ち上がり。 第1ゲームとは違い、《芽吹くトリナクス》が睨みあう展開となると、お互いに相手のリソースを消耗させる攻防が始まった。 まず、先攻の井川が《ゴブリンの廃墟飛ばし》でKyleの《竜髑髏の山頂》を破壊すると、返しのターンにKyleが《荒廃稲妻》で井川の手札を攻める(ディスカードは《山》2枚)。 井川は《精神腐敗》と続け、Kyleの手札からは《包囲攻撃の司令官》と《稲妻》が墓地へと送り込まれる。

 お互いに消耗し、《芽吹くトリナクス》も睨みあっているため、アクション数の少ないゆったりとした感じの中盤戦になるかと思われたのだが、Kyleがキャストした《血編み髪のエルフ》が「続唱」で盤面に2枚目となる《芽吹くトリナクス》を呼び、盤面が一気にKyle有利なものへと傾くことでゲームが動き出した。

 このgoodな「続唱」を確認したKyleは、《芽吹くトリナクス》1号でアタック。 井川はこれを《芽吹くトリナクス》でブロックして防ぐ。

 井川も、Kyleのターンのドローステップに《瀝青破》をキャストして《芽吹くトリナクス》2号を除去するのだが、「続唱」が井川にもたらしたのは《ゴブリンの廃墟飛ばし》。マナが余っておらずキッカーコストも払えないので、ただの【2/1】。 Kyleの「続唱」とは違い、何とも寂しい感じである。

 次のターンでも、井川はKyleのドローステップでKyleのクリーチャーに《瀝青破》を打ち、「続唱」チャンスにチャレンジ。 今回の結果は、《稲妻》がプレイされ、《血編み髪のエルフ》を打ち落とすという及第点の内容。

 井川としては、《瀝青破》の連打で盤面はある程度何とかなったかというところだったのだろうが、メインステップに入り、Kyleがプレイした《血編み髪のエルフ》が「続唱」で《大貂皮鹿》を呼びガックリ。 井川の口からも、思わず「ちょっと、強すぎない?」と弱音が出てしまう。

 そして、「続唱」でプレイされたカードの質の差が、盤面の優劣をハッキリとしたものにさせてゆき、井川のライフも段々と削られてゆく。

 井川も《ゴブリンの廃墟飛ばし》などで相手を阻害したりして反撃のチャンスを狙うのだが、最終的に、Kyleは《稲妻》を井川に打ち込んだ上での全軍アタックで井川のライフを削りきった。

井川 0-2 Kyle

 第2ゲームで井川が投了を宣言した瞬間、Kyleから井川に勢いよくシェイクハンドを求める手が差し伸べられた。

 プロツアーのTop8決勝ラウンドは3本先取の5本勝負なのだが、どうやらKyleはスイスラウンドと同じく2本先取と勘違いしていたようだ。

 井川が「Top8は3本だよ」と教えてあげると、「ごめんなさい」とKyle。 一瞬、気まずいな空気になりかけるのだが、

Kyle 「スイスラウンドでLSVに当たった?」

井川 「当たらなかったです」

Kyle 「僕も。 当たったら、間違いなく踏みつぶされてたね。お互い、LSVに踏みつぶされずTop8に残れて良かったね!」

井川 「うん、ラッキーだったねー」

 ...といった感じで、この『PTサンディエゴ』でスイスラウンド16回戦全勝というワールドレコードを作ってみせたLSVの話題で盛り上がり、微妙だった空気を払拭。

 井川の英語は上手ではないが、Kyleも分かりやすいように簡単な単語を使って会話をしてくれており、短いコミュニケーションではあったが、マジック大好きな人が世界中から集まる『プロツアー』というイベントの良さを垣間見た。

 筆者も、紙っぺらみたいにペラペラの英語力で海外のプロツアーに参加したことがあるのだが、外人さんは英語があまり出来ない相手なら今回の例のように簡単な英単語だけで会話をしてくれるし、様々な国の人と『マジック』という大好きな趣味を共有して盛り上がれるって凄く楽しいことだと思うので、マジック好きなら是非ともプロツアーを目指してみて欲しいと思う。

 さて、話をゲームに戻そう。 ゲームカウントは0-2。 井川は、対戦相手から間違ってシェイクハンドを求められてしまうくらいに追い込まれている。 1ゲームでも負けたら、マッチの敗北。 マッチで勝利するには、ここから3ゲーム連勝するしかない。

■井川のサイドボーディング

【In】

1《稲妻/Lightning Bolt》

【Out】

1《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》

Kyleはサイドボード変更なし。

 井川は、第2ゲームでKyleが《大貂皮鹿》をサイドインしていることを確認して、《大貂皮鹿》を除去できる《稲妻》の4枚目をメインに戻した。

Game 3

 再び、井川の先攻。《森》《山》《竜髑髏の山頂》《野蛮な地》《新緑の地下墓地》《ゴブリンの廃墟飛ばし》《包囲攻撃の司令官》という内容の初手をキープ。 Kyleはまたもや1マリガンでのスタートとなってしまった。

 ゲームが動き出したのは第3ターン、井川が《芽吹くトリナクス》、Kyleは《大貂皮鹿》を展開して、 井川がキッカー込みの《ゴブリンの廃墟飛ばし》と続ける。 Kyleの戦場に出ている特殊地形は《野蛮な地》《怒り狂う山峡》の2枚。 この中から、井川は《野蛮な地》の破壊を選択した。

詳しくは後述するが、結果的にこの《ゴブリンの廃墟飛ばし》の選択が疑問手だったようだ。

 Kyleは3ターン目に続いて《大貂皮鹿》2号、 井川が《包囲攻撃の司令官》とクリーチャーを展開。今の盤面は、井川有利でゲームが進んでいるように見える。 井川は、Kyleの《大貂皮鹿》2体でのアタックも、そのうち1体を【1/1】ゴブリントークンと《ゴブリンの廃墟飛ばし》で討ち取る。

 しかし、Kyleの手札も中々に充実しているようで、 《芽吹くトリナクス》キャスト+《稲妻》で井川の《包囲攻撃の司令官》を除去と抵抗。 ターンを返された井川は、Kyleの手札が2枚であることを確認して、《荒廃稲妻/Blightning》を叩き込み、Kyleの手札をゼロとするのだが。

 次のターンにKyleがトップデッキしたカードは、《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》!!

 「続唱」でプレイされたのは、余りマナが無いのでキッカーを払えない《ゴブリンの廃墟飛ばし》と悲しい感じだが、井川のライフを削りにいくために全軍アタックに行く状況の場なので、地味に「速攻」能力が偉い。トップデッキといい、試合にKyleのライブラリーが噛み合っている。 このKyleの全軍アタックによって、井川のライフは9へ。

 Kyleは、次のターンも《精神腐敗》と今の状況に合っているカードをドローしてみせる。 井川の手札がゼロになり、墓地に《森》と《荒廃稲妻》が落ちる。 先ほどまでは井川が有利だったように感じていたのだが、完全に巻き返されてしまった。

 残りライフに余裕の無い井川。 対処が難しい《芽吹くトリナクス》の攻撃に対しては、《包囲攻撃の司令官》で製造したゴブリントークンでチャンプブロックを行うことによってKyleの攻めを一時的に凌ぐのだが、状況を打開できるようなカードのドローに恵まれない。 そんな厳しい展開だが、助かっているのが、Kyleの土地が4枚で止まっている点。 Kyleは《怒り狂う山峡》をコントロールしているので、5枚目の土地をセットされると更に厳しくなる。 5枚目の土地をセットしたら、《包囲攻撃の司令官》が手札やライブラリーからプレイされる可能性だってある。

 苦しい状況だが、まだ井川にチャンスはある。 Kyleが5枚目の土地にたどり着く前に状況を挽回できれば、あるいは!?

 ここで井川がドローしたのは《荒廃稲妻》。 プレイすると、Kyleの手札から《包囲攻撃の司令官》が落ちる。助かった。 しかし、次のターンにKyleは5枚目の土地となる《野蛮な地/Savage Lands》をドローする。「タップイン」の土地カードなので、このターンに《怒り狂う山峡》は殴ってこれないが、次のターンからは殴りかかってくる。

 絶対絶命。そう思われた井川だが、なんと《若き群れのドラゴン》をトップデッキ。 場には【4/4】ドラゴンが2体登場し、Kyleの軍政がアタックできない状態となる。

 しかし、Kyleの剛腕っぷりは止まることを知らず、ここで《芽吹くトリナクス》をトップデッキ。 次のターンには2体の《芽吹くトリナクス》と《怒り狂う山峡》でアタックを仕掛ける。 井川は《稲妻》で《怒り狂う山峡》は除去、2体の《芽吹くトリナクス》は2体の【4/4】ドラゴンでそれぞれブロックしてダメージを防ぐのだが、死んだ2体の《芽吹くトリナクス》が6体の【1/1】苗木トークンを生む。

 ここまで、Kyleの攻撃を何とか最小限のダメージで凌いできた井川だが、残るライフは3。 苗木6体のkyle軍に対して、井川の軍勢はドラゴン2体。 井川は、次のドローを確認すると、Kyleの次のアタックに対して生き残る術がないことを確認すると、無念の投了となった。

井川 0-3 Kyle

 Top8の試合が行われている撮影エリアを出ると、今のゲームで自分にミスプレイが無かったか、井川は友人達を交えて反省会を始めた。 その内容とは、主に第3ゲームの4ターン目に《ゴブリンの廃墟飛ばし》をキャストした時、相手の戦場に出ている《野蛮な地》と《怒り狂う山峡》のどちらを壊すかの2択を間違ったのではないかという点だ。

 実際のゲームでは井川は、「相手のデッキに黒マナが出る土地カードが少なめだったので色事故を狙った」「《怒り狂う山峡》が活躍するようなゲーム展開にならないのでは」という考えから《野蛮な地》の方を破壊したのだが、結果的にゲームは《怒り狂う山峡》が活きるようなゲーム展開となってしまった。 その反省会の内容を総合して簡単にまとめると、『ジャンド』の同系対決はお互いのリソースを削りあう消耗戦になることが多いから、《怒り狂う山峡》を破壊したほうが良かったということである。 観戦をしていた自分としては、井川がミスを暇もなく、相手がトップデッキ連発で井川有利の場をひっくり返して勝利を収めたという印象だったのだが、そんな勝負でも自分がミスをしていないか振り返ろうとする熱心な姿勢は非常に印象的だった。

 また、勝負が終わった後、井川は紳士的に握手でKyleの勝利を称えていたが、Kyleがテーブルから離れると、本音がこぼれたのも印象的だった。

井川 「悔しい。 悔しくなかったら、ここまでマジックを続けていない。」

 「初の海外旅行は、マジックのプロツアーで行きたい」と公言して、ここ4・5年は積極的にプレミアイベントに参加している井川。 前日ラストチャンスを突破して、初めてのプロツアー参加となった『プロツアー横浜07』から、約3年。 目標としていたプロツアーの舞台は、再び立つのに3年も掛かった。

 『プロツアー』という舞台を目指し、真剣に取り組んでいるのにプロツアーの権利を獲得することが出来ない時間が長く、苦悩した時期もあったと思う。 今回の参加権利を獲得した予選大会の決勝戦で勝った瞬間も、嬉しさのあまりその場で号泣していた。 それ程に、思いは深く、真剣に取り組んでいるのだと思う。

 なりたい自分になる。 超えるのに苦労した壁を超え、「初めての海外旅行はプロツアーで」という夢を叶えた井川は、勢いそのままに若干2回目のプロツアー参加でTop8進出を果たした。

 ひとつ夢を叶えたことで、次の夢も生まれた。

井川 「日常が忙しいので、出場することの出来ないプロツアー・グランプリもあると思います。ただ、次の『プロツアー サンファン』も何とか都合をつけて出たいと思いますし、全てのプロツアーに招待されるプロレベルを獲得出来ることを目標に今年のシーズンを頑張っていきたいなと思っています。」

Kyle Boggemes defeats Yoshihiko Ikawa 3-0 and advances to the Semifinals!

前の記事: 準々決勝:Daniel Grafensteiner(ドイツ) vs. Craig Wescoe(アメリカ) | 次の記事: 準決勝:Craig Wescoe(アメリカ) vs. Kyle Boggemes(アメリカ)
イベントカバレージ/プロツアー・サンディエゴ10 一覧に戻る

イベントカバレージ