マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 4:三田村 和弥(千葉) vs. Antoine Ruel(フランス)

Round 4:三田村 和弥(千葉) vs. Antoine Ruel(フランス)

By Daisuke Kawasaki

 正義のプレインズウォーカー軍団を操る「魔界番長」三田村 和弥(千葉)。先ほどのRound 3では悪のエルドラージ軍団に敗れたものの、彼は世界でも数少ないレベル8プレイヤーのひとり。こんな所で終わる器ではない。

 そんな三田村の前にあらわれたのは、フランスの殿堂入りプレイヤーAntoine Ruel(フランス)だ。

 このAntoine、ファミリーネームからもわかるように、Round 2でフィーチャーしたOlivierの実兄である。つまりは、兄弟揃って、これまでに23人しかいないマジック殿堂入りを果たしているわけで、これが「世界最強の兄弟」と呼ばれる所以であろう。

 席に着くなり、「オレのデッキは勝っても負けても5分」と5分KO発言をするAntoine。

 戦いのゴングが鳴らされる。

Game 1

 先手の三田村はマリガンの後に、《セジーリの隠れ家/Sejiri Refuge》をセット。対して、Antoineは《鼓動の追跡者/Pulse Tracker》をキャスト。吸血鬼だ!

 淡々と土地を並べる三田村に対して、2ターン目にも《恐血鬼/Bloodghast》を盤面に追加するAntoine。3ターン目にはさらに1体を追加する。

 ここでタップアウトでの《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》をキャストし、ライフを守りつつ、手札を充実させる事を目指す三田村。

 三田村のもくろみ通り、《鼓動の追跡者/Pulse Tracker》と《恐血鬼/Bloodghast》の1体は《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》へと攻撃。これでライフが12になった三田村をさらにせめるべく、 《吸血鬼の裂断者/Vampire Lacerator》がキャストされる。

 三田村は渋々《審判の日/Day of Judgment》をキャストするが、すでにフェッチランドをセットしていたAntoine。三田村のターンエンドにこれで土地をもってくることで《恐血鬼/Bloodghast》の上陸が達成され、なおも三田村への攻撃は止まらない。

 これでライフが8になった三田村に対して、Antoineは3体目の《恐血鬼/Bloodghast》と《吸血鬼の裂断者/Vampire Lacerator》を盤面に追加し、三田村のライフを次のターンに削れる目算を立てる。

 これを《審判の日/Day of Judgment》で再び流す三田村。三田村はライフは10を切っているので、Antoineが土地を引けば、また速攻で《恐血鬼/Bloodghast》が殴ってきてしまう。

 しかしAntoineの手札に土地は無し。

 幸運にも《カラストリアの貴人/Kalastria Highborn》の追加のみでこのターンを済ませることに成功した三田村は《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》を盤面に追加し、Antoineの山札トップを確認する。

 これで土地を引かせずにうまく時間を稼げれば......と考えた三田村だったが、《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》がそれを許さない。《カラストリアの貴人/Kalastria Highborn》のアタックと、《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》が墓地に行ったことによる効果で三田村のライフは4。

 一縷の希望を託し、《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》をキャストした三田村ではあったが、ここで《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》が登場し、真実だけでなく、スフィンクスまでも失わせる。

 このターンにAntoineが土地を引いていたこともあり、三田村は《カラストリアの貴人/Kalastria Highborn》と《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》のツープラトンを前にマットに沈む。

Antoine 1-0 三田村

Game 2

 後手Antoineの《墓所王の探索/Quest for the Gravelord》がファーストアクション。だが、三田村は《広がりゆく海/Spreading Seas》で《沼/Swamp》を《島/Island》にし、マナ事故を狙う。

 この《島/Island》になった《沼/Swamp》を《腐敗したゼンディコン/Corrupted Zendikon》でクリーチャーにするAntoineなのだが......こんどは《未達への旅/Journey to Nowhere》で完全に土地を破壊される。

 なにかしらのクロックが必要なAntoineは《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》をキッカー無しでキャスト。これに対して三田村は《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》をキャストし、手札を充実させる。

 ここで《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》をキャストするAntoineなのだが、《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》を《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》にアタックさせるだけで終える。

 三田村は《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》をキャストし、自身へのアタックを求める。このプロレスラーさながらの受けの美学は《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》による搦め手でいなされ、《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》が《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》にアタック。そして、《カラストリアの貴人/Kalastria Highborn》がキャストされ《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》《カラストリアの貴人/Kalastria Highborn》のタッグが再び結成される。

 だが、この時点でも土地が《沼/Swamp》2枚で止まっているAntoine。さらに1枚が《広がりゆく海/Spreading Seas》で《島/Island》に。

 《前兆の壁/Wall of Omens》《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》と並び、《吸血鬼の裂断者/Vampire Lacerator》を追加してもダメージが《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》に届かないAntoine。

 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》の忠誠度を安全域に保つためにAntoineの山札のトップを確認し続け、副次的に土地を引かせないことを目指す三田村。

 《天界の列柱/Celestial Colonnade》と《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》が攻撃しはじめ、《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》が《未達への旅/Journey to Nowhere》で消されると、Antoineは「Enough」と一言いい、《沼/Swamp》についた《広がりゆく海/Spreading Seas》を三田村に返した。

Antoine 1-1 三田村

Game 3

 先手のAntoineは1ターン目に《鼓動の追跡者/Pulse Tracker》、2ターン目に《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》と順調にクリーチャーを並べる。三田村は《未達への旅/Journey to Nowhere》で《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》を除去するが、《腐敗したゼンディコン/Corrupted Zendikon》が追加され、ダメージのクロックは止まらない。

 《前兆の壁/Wall of Omens》も《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》で対処されてしまうが、なんとか《審判の日/Day of Judgment》をキャストする。

 ここで《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》をキャストしたAntoine。これで三田村の手札から《広がりゆく海/Spreading Seas》を奪うと、《恐血鬼/Bloodghast》をキャスト。この時点で三田村のライフは8なので、《恐血鬼/Bloodghast》は速攻を持って三田村に襲いかかる。

 三田村は《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》をキャストして、アタックを強要。さらに《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》を追加して、なんとか《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》を対処しようとするAntoineだが、ここでついに《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》が登場。今度は《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》と《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》のタッグが完成してしまう。

 《前兆の壁/Wall of Omens》《コーの奉納者/Kor Sanctifiers》と追加されてしまうと、Antoineは全てのカードをひとつの束にまとめた。

三田村 「(《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》と《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》を指して)チャンピオンズ!」

Antoine 1-2 三田村

前の記事: Round 3:三田村 和弥(千葉) vs. 大塚 高太郎(神奈川) | 次の記事: After Round 4:幕間にて
イベントカバレージ/プロツアー・サンファン10 一覧に戻る

イベントカバレージ