マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 6:大塚 高太郎(神奈川) vs. Paul Rietzl(アメリカ)

Round 6:大塚 高太郎(神奈川) vs. Paul Rietzl(アメリカ)

By Daisuke Kawasaki

 初日ドラフトでピックを見させてもらった、大塚 高太郎(神奈川)。上家の彌永 淳也(東京)の「青白レベルアップ」という予想を大きく裏切って、クリーチャーの異常に少ない、青白《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》コントロールとでもいうデックをくみ上げた。

 数少ないクリーチャーを無理矢理やりくりして勝利するという大塚のデックに対するPaul Rietzl(アメリカ)のデックは、《大群守り/Broodwarden》2枚と《オンドゥの巨人/Ondu Giant》4枚を擁する緑メインに、赤と黒の落とし子トークンを生み出すカードをタッチした比較的大振りながら強力な落とし子デックを構築している。

 《剥奪/Deprive》3枚、《解明/Lay Bare》1枚と大量のカウンターをデックに入れている大塚相手には非常に厳しく感じられるが、果たしてどのような結果となるか。

Game 1

 後手の大塚は1ターン目に《空見張りの達人/Skywatcher Adept》をキャストし、これでビートダウン。3ターン目にはレベルアップまで果たす。一方のPaulは土地が3枚で止まってしまう。

 2/2飛行でビートを位続けるわけには行かないPaulは《よろめきショック/Staggershock》をキャストするが、これは《解明/Lay Bare》でカウンターされる。

 ここで手札を確認し、《オンドゥの巨人/Ondu Giant》の存在を確認。続くターンにPaulはやっと4枚目の土地を引き、《オンドゥの巨人/Ondu Giant》をキャストし、5枚目の土地へも一気にアクセス。

 たいして、大塚も5枚目の土地をセットし、《マンモスの陰影/Mammoth Umbra》を《空見張りの達人/Skywatcher Adept》にエンチャントして、5点のアタック。これでPaulのライフは10。

 《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》を追加し、マナは確保したPaulだったのだが、大塚の《空見張りの達人/Skywatcher Adept》がレベル3になり、ライフを3にされてしまうと、族霊鎧に守られたこのマーフォークに対処する手段を持たないのだった。

大塚 1-0 Paul

Game 2

 またも1ターン目に《空見張りの達人/Skywatcher Adept》をキャストする大塚に対して、今度は1ターン目に《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》、2ターン目には一気にレベル2という好調な動きを見せるPaul。

 だが、ここに大塚必殺の《睡眠発作/Narcolepsy》が突き刺さる。

 いわゆる《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》キープで、土地が初手に2枚しかなかったPaulは、これによって深刻なマナスクリューに陥ってしまう。

 やっと、Paulが3枚目の土地を引き当てた時には、《長魚の陰影/Eel Umbra》と《マンモスの陰影/Mammoth Umbra》をエンチャントしたレベル1の《空見張りの達人/Skywatcher Adept》がアタックし、横には《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》という状況。

 続くドローが土地でなかったPaulは気持ちよく右手を差し出した。

大塚 2-0 Paul

大塚 「ちょっと噛み合いすぎて申し訳なかったくらいです。1戦目にもしも相手がメインに《よろめきショック/Staggershock》打ってたら《解明/Lay Bare》でカウンターできなくて危ないところでしたね」

 必殺技を先に出した方が負ける、とはよくいう話ではあるが、必殺の《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》《睡眠発作/Narcolepsy》連打を温存したままRound 6を勝利した大塚。

 あと1勝で二日目進出を確定できるライン。次のラウンドで、大塚は《睡眠発作/Narcolepsy》を連打するのだろうか。

前の記事: 1st Draft:曲者が曲者と呼ばれる理由 | 次の記事: Round 7:中村 修平(大阪) vs. Josh Utter-Leyton(アメリカ)
イベントカバレージ/プロツアー・サンファン10 一覧に戻る

イベントカバレージ