マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 7:中村 修平(大阪) vs. Josh Utter-Leyton(アメリカ)

Round 7:中村 修平(大阪) vs. Josh Utter-Leyton(アメリカ)

By Daisuke Kawasaki

 週刊連載の中では、今シーズンは不調と嘆いていた中村 修平(大阪)だが、この7回戦まで1敗と、なかなかに好調な成績で初日を折り返せそうな様子を見せている。

 いつもいつも、不調といいながらも、シーズンを通してみれば、どこかでつじつまを合わせてレベルを維持し続けてきた中村。果たして今シーズンの「プロツアートップ8無料招待券」を使うのはこの大会なのか。

Game 1

 後手のJoshがマリガン。

 先手の中村は《岸壁安息所の騎士/Knight of Cliffhaven》を2ターン目にキャストするが、これは《二股の稲妻/Forked Bolt》で除去されてしまう。だが、中村は続けて《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》を追加し、さらに《勇者のドレイク/Champion's Drake》を追加する。

 対するJoshも《探検家タクタク/Tuktuk the Explorer》でのビートを展開。地上は《探検家タクタク/Tuktuk the Explorer》に固められてしまっているようなものなので、中村も《マキンディのグリフィン/Makindi Griffin》を利用し、飛行でのビートをもくろむ。

 この《マキンディのグリフィン/Makindi Griffin》は《死骸孵化/Corpsehatch》で除去されてしまい、Joshはさらに《戦慄の徒食者/Dread Drone》を追加することで、大量の落とし子トークンを確保する。

 中村は、《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》をレベルアップさせながら《探検家タクタク/Tuktuk the Explorer》によるビートを緩和するため、そして攻勢に回った時の為の準備として《コーの綱投げ/Kor Line-Slinger》をキャストする。

 《ウラモグの手先/Pawn of Ulamog》《葬儀甲虫/Mortician Beetle》も追加され、いよいよ厳しい盤面となった中村。なにより、土地が4枚で止まってしまっているのがかなり厳しい。《葬儀甲虫/Mortician Beetle》に《護衛の義務/Guard Duty》をエンチャントすると、黙々と《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》をレベルアップさせることしかできない。

 ここでようやく《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》のレベルが5となる。そして、こうなると、《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》は6/6という非常なサイズでビートを開始する。

 この《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》を《探検家タクタク/Tuktuk the Explorer》でブロックし、5/5ゴーレムを生み出すことに成功したJoshだったが、《逆行/Regress》でバウンスされてしまう。Joshは《死者のインプ/Cadaver Imp》で《探検家タクタク/Tuktuk the Explorer》を回収して、即キャストする。

 《睡眠発作/Narcolepsy》をサーチした《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》《カビーラの擁護者/Kabira Vindicator》と地上を固め、《死者のインプ/Cadaver Imp》を《コーの綱投げ/Kor Line-Slinger》で封じ込める中村。

 完全に膠着した場で、中村は《マキンディのグリフィン/Makindi Griffin》を戦場に送り出す。だが、これも《熱光線/Heat Ray》で対処されてしまったため、お互いに淡々と地上を固めあう。

 中村はまだ、《睡眠発作/Narcolepsy》を温存しているため、Joshは状況を突破するカードを2枚引かなければならない。1枚目の《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》に《睡眠発作/Narcolepsy》を使わせた上で、《血儀式の発動者/Bloodrite Invoker》をキャストする。

 だが、《予言のプリズム/Prophetic Prism》から赤マナを調達した中村が《炎の斬りつけ/Flame Slash》をキャスト。Joshは2体目の《ウラモグの手先/Pawn of Ulamog》、中村は《英雄の時/Time of Heroes》をキャストし、ますます地上は固まっていく。

 中村は2体目の《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》をキャストし、早速レベル5に。これを打破したのはJoshの《薄暗狩り/Gloomhunter》。これによって飛行クロックを獲得したJoshは、さらに《炎の斬りつけ/Flame Slash》で《コーの綱投げ/Kor Line-Slinger》を除去する。

 《補強された防壁/Reinforced Bulwark》で2点クロックに納めているものの、ライフの厳しい中村。だが、《ひずみの一撃/Distortion Strike》が《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》相手にキャストされると状況が一変する。《ひずみの一撃/Distortion Strike》でアンブロッカブルになった《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》は一気にJoshのライフを狙っていく。

 だが、なんとか勝ちを求めたJoshに対して、復唱で戻ってくる《ひずみの一撃/Distortion Strike》への対応策はないのであった。


中村 1-0 Josh

Game 2

 またも2ターン目に《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》をキャストする中村。

 Joshは《薄暗狩り/Gloomhunter》《怒りの雨雲/Rage Nimbus》と2体並べてアタックしてくるが、さらに《空見張りの達人/Skywatcher Adept》を追加する。
 そして、Joshを油断させた所で《敬慕される教師/Venerated Teacher》にて一気にレベルをアップし、一気になぐりかかる。

 《マキンディのグリフィン/Makindi Griffin》による航空戦線も追加した中村だったが、一方で地上戦線を固めることができていない。
 《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》がいるものの、《ゴブリンのトンネル掘り/Goblin Tunneler》が有効に機能してしまい、Joshがゲームを取り返す。

中村 1-1 Josh

Game 3

 後手Joshの2ターン目《ルーンの苦役者/Runed Servitor》に対して、中村は《生き残りの隠し場所/Survival Cache》を3ターン目にキャスト。Game 2で辛酸をなめさせられた《ゴブリンのトンネル掘り/Goblin Tunneler》が追加されるが、まだ、ターンは早いため、《マキンディのグリフィン/Makindi Griffin》での殴り合いを選択する。

 だが、この《マキンディのグリフィン/Makindi Griffin》は《血の復讐/Vendetta》によって除去されてしまう。

 Joshが《窯の悪鬼/Kiln Fiend》、中村が《岸壁安息所の騎士/Knight of Cliffhaven》と追加したところでJoshは《怒りの雨雲/Rage Nimbus》を盤面に追加する。

 一見、盤面的にはJoshが優位に見えるが、Joshは3枚で土地が止まってしまっているため、思うように動けない。中村は《カビーラの擁護者/Kabira Vindicator》と《コーの綱投げ/Kor Line-Slinger》を追加する。

 4枚目の土地を引いたJoshは、《ルーンの苦役者/Runed Servitor》を《ゴブリンのトンネル掘り/Goblin Tunneler》でアンブロッカブルにしてダメージを与えつつ、《怒りの雨雲/Rage Nimbus》で中村の攻撃を押しとどめる策を取るが、中村は冷静に《コーの綱投げ/Kor Line-Slinger》で《窯の悪鬼/Kiln Fiend》をタップしつつ、《炎の斬りつけ/Flame Slash》で《怒りの雨雲/Rage Nimbus》を除去。《岸壁安息所の騎士/Knight of Cliffhaven》と《カビーラの擁護者/Kabira Vindicator》でアタックする。

 ここで《岸壁安息所の騎士/Knight of Cliffhaven》を《熱光線/Heat Ray》で除去したJoshだったが、中村はさらに《マキンディのグリフィン/Makindi Griffin》を追加して盤面を固めつつ、クロックを強化する。

 だが、Joshは《裏切りの本能/Traitorous Instinct》をキャスト。攻撃の突破口が開くとともに《窯の悪鬼/Kiln Fiend》のパワーが強化され、中村に11点のダメージが与えられ、残りライフ4。

 これで攻撃しにくくなった、中村。そして、そんな中村の足下を見るように《死骸孵化/Corpsehatch》で《カビーラの擁護者/Kabira Vindicator》を除去するJosh。中村にできる抵抗は《コーの綱投げ/Kor Line-Slinger》でパワーが上がる前の《窯の悪鬼/Kiln Fiend》をタップすることのみ。

 ライフが1となった中村は、 《コーの綱投げ/Kor Line-Slinger》で時間を稼ごうとするものの、容易にJoshにクロックを追加されてしまい、右手を差し出すこととなった。

中村 1-2 Josh

前の記事: Round 6:大塚 高太郎(神奈川) vs. Paul Rietzl(アメリカ) | 次の記事: Round 8:渡辺 雄也(神奈川) vs. 石井 泰介(神奈川)
イベントカバレージ/プロツアー・サンファン10 一覧に戻る

イベントカバレージ