マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 8:渡辺 雄也(神奈川) vs. 石井 泰介(神奈川)

Round 8:渡辺 雄也(神奈川) vs. 石井 泰介(神奈川)

By Daisuke Kawasaki

 本日最終戦となるRound 8。

 ここでは、ともに2敗で初日抜けが確定しているふたりの日本人がアリーナへと招集された。

 ひとりは、渡辺 雄也(神奈川)。

 ご存じ昨年のPlayer of The Year(年間最優秀選手)であり、今、日本での最強プレイヤー候補である。津村 健志のプレイヤー紹介でも、事実上強すぎてどこに焦点をあてて評価するべきかわからないという評価を受ける程のオールラウンダープレイヤーである。

 ドラフトに関していえば週刊連載での実践編を見ていただければわかるように、非常に硬軟使い分けた幅の広いドラフトを得意としており、また、その引き出しの多さがあってこそのこの連載であるとも言えるだろう。

 今回、渡辺がドラフトしてきたデックは青黒赤の3色デックであり、彼がこの環境でもっとも愛しているクリーチャーであろう《飛び地の暗号術士/Enclave Cryptologist》を投入したコントロールよりのデックだ。

 対するのは、グランプリ・北九州チャンピオンであり、「マンモスさん」「マンモスじゃねーよ」のお約束で知られる石井 泰介(神奈川)である。

石井 「いやぁ、プロツアーでフィーチャリングされるの初めてなんだよねー」

 とキャリアの長さと、下積み時代の長さを感じさせる発言をしていたが、今や、押しも押されぬトッププロの一員であり、その力強いプレイは、「なんかひっけ」の名言とともに長く語り継がれるだろう。

 神奈川の古豪プレイヤー石井と、神奈川の超新星渡辺による神奈川最強決定戦が、このプロツアーの会場で行われようとしている。

石井 「神奈川最強っていっても、神奈川、マジで層、厚いからねぇ。けいちゃん(大塚 高太郎)とか」

Game 1

 先手の渡辺は1ターン目に《飛び地の暗号術士/Enclave Cryptologist》をキャスト、2ターン目にはレベルアップしてルーター効果を使おうともくろむが、これはスタックしての《血の復讐/Vendetta》で対処されてしまう。

 石井は《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》をキャスト。渡辺も《海門の神官/Sea Gate Oracle》で対応するが、《ジュワー島の小走り/Jwari Scuttler》《ゾフの影/Zof Shade》と追加されてしまう。

 しかし、ここでコモン最強の一角《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》をキャストする渡辺。すぐさまレベルアップし0/6にし、逆に石井が厳しい形に。

 《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》に邪魔されないクロックとして《霜風の発動者/Frostwind Invoker》を追加した石井だが、渡辺は黙々とマナを支払い《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》のレベルを4へ。次のターンに渡辺が{1}{U}支払えば、6/6になってしまうわけで、かなり厳しい状況だ。

 石井はその状況をふまえて、《ゾフの影/Zof Shade》と《霜風の発動者/Frostwind Invoker》でアタックし、渡辺が《ゾフの影/Zof Shade》をスルーしたところでマナを全て注ぎ込み、9点のダメージを与え、渡辺のライフを11にする。

 今度は渡辺が長考する。まずは、ほぼ確定行動として《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》にマナを注ぎ、レベルを5にする。そして、こんどはその《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》でアタックし、石井のライフを13に。

 石井は、小考の末に、《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》《ジュワー島の小走り/Jwari Scuttler》まで含めた 4体でアタックする。

 渡辺は《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》を《海門の神官/Sea Gate Oracle》でブロックする。ここで石井は《ジュワー島の小走り/Jwari Scuttler》をサクリファイスして《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》を3/3にし、その上で《ゾフの影/Zof Shade》へとマナを注ぎ込む。

 だが、それに対応する形で渡辺は《逆行/Regress》を《ゾフの影/Zof Shade》へ。さらに《一瞬の散漫/Fleeting Distraction》を《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》に使用して《海門の神官/Sea Gate Oracle》を生き残らせる。

 《ゾフの影/Zof Shade》を再召喚するマナが無い石井は、《睡眠発作/Narcolepsy》を《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》へと。

 2枚目の《海門の神官/Sea Gate Oracle》をキャストし、さらに《孔の歩哨/Vent Sentinel》で地上を固めた渡辺だが、石井はここで《重力の変容/Gravitational Shift》をキャストし、渡辺のライフを残り3とする。

 渡辺はここで《勇者のドレイク/Champion's Drake》を召喚。さらに《海門の神官/Sea Gate Oracle》へと《ドレイクの陰影/Drake Umbra》をエンチャントする。

 続くターンにこの2体でアタックする渡辺。自らのキャストした《重力の変容/Gravitational Shift》に首を絞められる格好となった石井。《孔の歩哨/Vent Sentinel》によって石井のライフは12になっており、そして、渡辺のクリーチャーから与えられるダメージは、+2×2で4点追加され、ちょうど12点のダメージを喰らうことになるのだ。

 このせいで《霜風の発動者/Frostwind Invoker》でのブロックを強いられる格好となった石井。「なんかひかないかなー」と山札の上をめくるが、そこには石井の求めるものなんてなかった。

渡辺 1-0 石井

Game 2

 先手石井は1ターン目に《空見張りの達人/Skywatcher Adept》をキャストするが、またも1ターン目に《飛び地の暗号術士/Enclave Cryptologist》をキャストする渡辺に対して苦笑い。だが、《飛び地の暗号術士/Enclave Cryptologist》のレベルアップにあわせてまたも《血の復讐/Vendetta》が飛んできて、渡辺も苦笑い。

 《空見張りの達人/Skywatcher Adept》をレベルアップさせて攻撃し、さらに《ゾフの影/Zof Shade》《尊大な血王/Arrogant Bloodlord》でクロックを増やしていく石井。

 対する渡辺は《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》をキャストし、レベルを1あげたうえで、先を見越して《勇者のドレイク/Champion's Drake》をキャストする。

 だが、土地が2枚で止まってしまっては、そこには渡辺の求める先なんてなかった。

渡辺 1-1 石井

Game 3

 三度1ターン目に《飛び地の暗号術士/Enclave Cryptologist》をキャストする渡辺。またも《沼/Swamp》をセットし、対処を臭わせる石井なのだが、ついに《飛び地の暗号術士/Enclave Cryptologist》のレベルアップを許してしまう。

石井 「くそー、3回目にして通しだ......」

 続いて《海門の神官/Sea Gate Oracle》を盤面に追加しさらなる手札充実をはかる渡辺。一方の石井は、3ターン目に《薄暗狩り/Gloomhunter》をキャストする。

 《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》キャストから即レベルアップした渡辺に対して「きちー」という石井だが、一応この《ハリマーの波見張り/Halimar Wavewatch》には《睡眠発作/Narcolepsy》をエンチャントして対応する。

 さて、これまですでに4回の《飛び地の暗号術士/Enclave Cryptologist》起動を果たしているものの、いまだ赤マナにたどり着けない渡辺。ここで《飛び地の暗号術士/Enclave Cryptologist》を一気にレベル3にすると、2体目の《飛び地の暗号術士/Enclave Cryptologist》を戦場に送り込む。

 見た目のクロックは十分ながら、明らかにアドバンテージで負けている石井は、アドバンテージが響かないゲームにしたいものの、それにクロックが追いつかない。1体を《血の復讐/Vendetta》で対処するのがギリギリだ。

 一方の渡辺はやっと念願の《山/Mountain》を手に入れる。まず、《飛び地の暗号術士/Enclave Cryptologist》をレベルアップさせると、《孔の歩哨/Vent Sentinel》をキャストする。

 石井が《霜風の発動者/Frostwind Invoker》をキャストすると、渡辺も対抗するかのように《海門の神官/Sea Gate Oracle》に《ドレイクの陰影/Drake Umbra》をエンチャントする。これを見て、石井は腕組み。結果、《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》を追加する。

 渡辺は《海門の神官/Sea Gate Oracle》に《ドレイクの陰影/Drake Umbra》をエンチャントして、ターンエンド。ここで石井は《霜風の発動者/Frostwind Invoker》に《ドレイクの陰影/Drake Umbra》をエンチャントさせようとする。

 渡辺は《逆行/Regress》で《霜風の発動者/Frostwind Invoker》を手札に戻そうとするのだが、石井は《剥奪/Deprive》を叩きつける。

 だが、一方で渡辺は2枚目の《山/Mountain》を引き、2体目の《孔の歩哨/Vent Sentinel》をキャストする事で、ターンを終える。ここで渡辺のライフは16に対して、石井のライフは8。そう、《孔の歩哨/Vent Sentinel》使えば、2ターンで8点あたえられるのだ。

 事実上の1ターンクロックを突きつけられた石井。

 しかし、ここで石井は、クリーチャーをキャストし、《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》に対して、《ひずみの一撃/Distortion Strike》を使う事で、一気に渡辺のライフを削り切ったのだった。

渡辺 1-2 石井

前の記事: Round 7:中村 修平(大阪) vs. Josh Utter-Leyton(アメリカ) | 次の記事: After Round 8:長いものには巻かれろ!
イベントカバレージ/プロツアー・サンファン10 一覧に戻る

イベントカバレージ