マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 14:大塚 高太郎(神奈川) vs. Josh Utter-Leyton(アメリカ)

Round 14:大塚 高太郎(神奈川) vs. Josh Utter-Leyton(アメリカ)

By Daisuke Kawasaki

 プロツアー・サンファンも残すところあと3ラウンド。

 今までのプロツアーの結果を見る限り、トップ8への進出ラインは、4敗でオポーネントマッチパーセンテージ勝負となるため、3敗1分はほぼ確定のラインとなる。

 つまり、14ラウンド終了時点で2敗であれば、残り2戦をIDで抜けられるということだ。

 日本勢が苦戦を強いられている中、ただひとりこのラウンドで「勝てば(ほぼ)抜け確定」のラインで戦うのが、「曲者」大塚 高太郎(神奈川)だ。

 オリジナルチューンの緑白エルドラージを使い、大塚はこのラウンドを勝利して日本勢トップ8を確定させる事はできるのか。

Game 1

 先手のJoshが2ターン目に《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》をキャストするのに対して、大塚は2ターン目に《前兆の壁/Wall of Omens》をキャストする。

 ここでJoshはフェッチランドの力を借りて、早くも《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》の召喚に成功。さらに、2枚目のフェッチランドをセットしてこの時点で《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》と《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》のコンボを完成させる。

 土地がまだ2枚しか無い大塚に対して、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》の能力使用後に明らかにされたライブラリートップが《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》。

 大塚が土地だけをセットしたターンの返しに、Joshは《探検/Explore》まで使って、土地を7枚まで並べ、《前兆の壁/Wall of Omens》を《炎の斬りつけ/Flame Slash》で除去し、《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》と《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》の2体でアタックする。

 大塚のキャストした《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》も1枚目のセットランドにあわせて《噴出の稲妻/Burst Lightning》で除去と用意万端のJoshは、《全ては塵/All Is Dust》を警戒して《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》を温存したまま、《怒り狂う山峡/Raging Ravine》でのビートダウンを開始する。

 《草茂る胸壁/Overgrown Battlement》のキャストであがく大塚だったが、ターンエンドに本体へと《噴出の稲妻/Burst Lightning》をキャストされ、《草茂る胸壁/Overgrown Battlement》を《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》の能力でバウンスされてしまうと、もはやライフは残っていないのだった。

Josh 1-0 大塚

Game 2

 先手大塚は2ターン目に《草茂る胸壁/Overgrown Battlement》をキャストしてマナ加速し、対するJoshも《探検/Explore》でマナを加速する。

 ここで大塚は、X=2の《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》をキャストしたことで、このマナの軍拡戦争で一歩リードするのだが、Joshも負けじと《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》をだし、なおかつ山札のトップから土地をセットと、食らいつく。

 大塚は《古きものの活性/Ancient Stirrings》をキャストし、手札を充実させると、続くターンに《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》をキャストすることを求めて土地をセットする。

 帰ってきたターンでももりもりと土地をセットし、《探検/Explore》を使った事でJoshの土地は8枚に。そして、キッカー込みの《カビのシャンブラー/Mold Shambler》で大塚の《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》を破壊し、ついにマナ量で逆転を果たす。

 これで大きく予定の崩れた大塚は、なにもせずにターンを返すが、《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》を《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》で破壊され、さらに厳しい状況に追い込まれてしまう。

 《草茂る胸壁/Overgrown Battlement》が《炎の斬りつけ/Flame Slash》で除去され、《怒り狂う山峡/Raging Ravine》に《地盤の際/Tectonic Edge》を撃たざるを得なくなってしまったため、マナが完全にひからびた大塚は、Joshへと手をさしだした。

Josh 2-0 大塚

前の記事: Round 13:Paulo Vitor Da Rosa(ブラジル) vs. Lucas Blohon(チェコ) | 次の記事: Round 15:Paulo Vitor Da Rosa(ブラジル) vs. 井川 良彦(東京)
イベントカバレージ/プロツアー・サンファン10 一覧に戻る

イベントカバレージ