マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Top 8 Draft:大塚 高太郎の雑感

Top 8 Draft:大塚 高太郎の雑感

By Daisuke Kawasaki

 決勝3回戦を戦い抜くリミテッドデックが完成した。

 ここで、注目したいのは、もちろんトップ8に唯一残った日本人である大塚 高太郎(神奈川)だ。

 とはいえ、決勝ドラフトの様子は、ドラフトビュワーによって詳細に公開されている。
 そこで、ここでは、詳細なピック譜ではなく、ドラフト前、そしてドラフト終了後、準々決勝を前にした大塚の雑感をお伝えしたい。


■ドラフト前


 まず、ピックしたいアーキタイプについてはこう語った。

大塚 「いつも通りですけど、青をやりたいですね。青に、除去用に1色足す感じのドラフトがいいです」

 大塚といえば、大量の《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》をピックし、二日間のドラフトを全勝でくぐり抜けたことも、記憶に新しい。果たして、今回も《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》をピックするのか?

大塚 「《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》を必ずピックしたいっていうわけではないですね。青白なら《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》が欲しいですが、白とくみわせなきゃいけないわけではないので」

 つまり、青とくみあわせれば何色でもいいということか?

大塚 「青緑だけはキツイです。青緑なら、かならず除去をタッチしますね。青か緑に除去色を組み合わせるのがこの環境ではいいみたいですね」

 青系でいけない場合は緑系でいくという意味だろうか?

大塚 「モリカツや、大澤は黒緑もプッシュしますけど、僕はできれば青をやりたいですね」

 というわけで、青系をかなり意識したドラフトになりそうだ。

大塚 高太郎のピック(ドラフトビュワー)


■ドラフト後


●1パック目の初手について

大塚 「1パック目の初手は《マンモスの陰影/Mammoth Umbra》でしたね。やっぱりちょっと《族霊導きの鹿羚羊/Totem-Guide Hartebeest》を意識していたところはあります」

●1パック目雑感

大塚 「1番のポイントは、遅い順目で《死者のインプ/Cadaver Imp》が流れてきたことですね。この時に、もしかしたら黒は流れているんじゃないかと思ったんですけど......他にピックしたいカード(《海門の神官/Sea Gate Oracle》)があったんでスルーしたんですけど」

●2パック目の初手について

大塚 「《黒死病の悪魔/Pestilence Demon》です。これは流してしまっても厳しいですし、ピックしました」

●2パック目雑感

大塚 「黒いカードはいっぱいあったんで、黒に行こうとすればいけたんですが、除去みたいな明確に黒に行けというカードが出てこなかったので、なかなか踏み切れなかったのが失敗でした。ここで黒にいっておけば良かったんですけど......」

●3パック目の初手について

大塚 「ここで、《カラストリアの血の長、ドラーナ/Drana, Kalastria Bloodchief》です。2パック目で黒にいっておけばもっとうまく活用できてましたし、《ニルカーナの亡霊/Nirkana Revenant》も使えてましたね」

●今日は朝からドラーナを引きそうと栗原にいっていたそうですが?

大塚 「そうですね。いっていました。でも、1パック目でひいてほしかったです」

●ドラフト全体の感想

大塚 「青黒にしていれば《黒死病の悪魔/Pestilence Demon》と《カラストリアの血の長、ドラーナ/Drana, Kalastria Bloodchief》《ニルカーナの亡霊/Nirkana Revenant》を使えていたので非常にもったいないです。あと、初手で《ひずみの一撃/Distortion Strike》をピックしていれば、赤青の《ひずみの一撃/Distortion Strike》《窯の悪鬼/Kiln Fiend》デッキのパーツがすごく流れていたので、すごく強いデッキになっていたかもしれません。それがたぶん、一番の正解でしょう。決め打ちすぎてできませんでしたが」

 デッキの完成度について、「2-1か1-2するくらいのデッキ」と答えた大塚だが、この決勝ラウンドでは、2-1はともかく、1-2なんて成績は存在しない。

 是非とも3-0を目指していただこう。

前の記事: Draft Viewer: Top 8 Draft | 次の記事: 準々決勝: Noah Swartz(アメリカ) vs. Jeremy Neeman(オーストラリア)
イベントカバレージ/プロツアー・サンファン10 一覧に戻る

イベントカバレージ