マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 12:渡辺 雄也(神奈川) vs. Slowomir Jabs(ポーランド)

Round 12:渡辺 雄也(神奈川) vs. Slowomir Jabs(ポーランド)

By Daisuke Kawasaki

 第1ドラフトでは不調気味だった渡辺だったが、第2ドラフトではその持ち前のドラフティングスキルを遺憾なく発揮し、見事な赤単デックを構築した渡辺 雄也(神奈川)。

渡辺 「今年は僕がお荷物ポジションになっているんで...」

 とはいうものの、いまや、PoYレース2位のふたりが個人戦で好調を維持している以上、渡辺としては国別対抗戦での上乗せポイントはマックスを目指したい。

 幸い、現状、塩田・中村の助けもあって、日本チームはプレイオフを十分に狙える順位にいるものの、渡辺としても昨年の色々な事も鑑みて、ある程度は自分の力もチームの勝利に貢献させたいというのもまた人情というものだろう。

 そんな渡辺の思いが届いてか、第2ドラフトでは2連勝中の渡辺雄也。

 3連勝をかけての最終戦を戦う。

Game 1

 Jabsのキャストした《板金鎧の土百足/Plated Geopede》を渡辺が《噴出の稲妻/Burst Lightning》で除去し、《刃牙の猪/Bladetusk Boar》《タクタクの唸り屋/Tuktuk Grunts》と並べていく。

 Jabsも《コーの装具役/Kor Outfitter》《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》と展開するのだが、肝心の赤いクリーチャーを引けないため、威嚇の《刃牙の猪/Bladetusk Boar》を止める事ができない。

 渡辺は追加の《刃牙の猪/Bladetusk Boar》《破滅的なミノタウルス/Ruinous Minotaur》と展開する。この《破滅的なミノタウルス/Ruinous Minotaur》こそ《ゴブリンの戦化粧/Goblin War Paint》をエンチャントした《コーの装具役/Kor Outfitter》で相打ったのだが、《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》を《松明投げ/Torch Slinger》で焼かれてしまい、Jabsに残された道はマナフラッド気味の土地を片付けることだけだった。

渡辺 1-0 Jabs

Game 2

 先手のJabsは1ターン目《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》から2ターン目《コーの装具役/Kor Outfitter》という展開。対して、渡辺も2ターン目に《板金鎧の土百足/Plated Geopede》をキャストする。

 《コーの奉納者/Kor Sanctifiers》と戦線を拡大するJabsに対して渡辺は《破滅的なミノタウルス/Ruinous Minotaur》を追加するのだが、これは《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》でタップされてしまう。

 《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》をキャストしつつ《噴出の稲妻/Burst Lightning》を構え、なんとかライフを守ろうとする渡辺だったが、《風をまとう突撃/Windborne Charge》のキャストの前には小さく頷いて土地を片付けた。

渡辺 1-1 Jabs

 ここまではこのゼンディカーの環境でよく見かける普通の「片方がブン回った」デュエル。

 だが、Game 3で、渡辺がPoY候補たる所以を、その一片ながらも見せつけられることとなる。

Game 3

 《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》スタートのJabsに対して、渡辺は《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》をキャスト。Jabsは《コーの装具役/Kor Outfitter》をキャストしてターンを返す。

 手札にもう一枚《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》をもつ渡辺だったが、クロックが大きくなりすぎるのを防ぐ為に《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》をキャストするか長考。結果、《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》をキャストする。

 渡辺の不安は半分的中し《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》には《ゴブリンの戦化粧/Goblin War Paint》がエンチャントされてしまう。渡辺は、《刃牙の猪/Bladetusk Boar》をキャストしてターンを返す。

 Jabsは2体でアタック。渡辺のライフは6。Jabsは《コーの空漁師/Kor Skyfisher》で土地を戻し、さらに《高地の狂戦士/Highland Berserker》を追加する。

 渡辺は気合いを入れてドローをすると、念願の《山/Mountain》。ここで《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》のクエスト条件を満たす。だが、しかし、このターンに勝負を決めようとするプランは、相手のプレイミス期待への依存度が高すぎる上に、相手がミスしなかった場合は負けに即つながるというリスクの高いものである。

 渡辺は《刃牙の猪/Bladetusk Boar》を追加してターンを返す。。

 返して、Jabsは《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》で《刃牙の猪/Bladetusk Boar》をタップして、上陸を満たしつつアタック。《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》2枚の7/1トークンを使い全力で渡辺がブロックした結果、盤面には、Jabsが《コーの空漁師/Kor Skyfisher》《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》、渡辺がアンタップしない《刃牙の猪/Bladetusk Boar》をコントロールしている形になる。

 ここで、自身のマッチを終えた中村 修平が渡辺の盤面を見て、筆者に質問する。

中村 「これ、3本目ですよね?」

川崎 「そうですよ」

中村 「......終わったか...」

 中村はあきらめて、ニヤニヤしながらどこかへ行ってしまった。

 ライフ4点の渡辺に対してキャストされたのは《風をまとう突撃/Windborne Charge》。飛行クリーチャーを持たない渡辺は、このカードによる攻撃を防ぐことができない。Jabsは、カードを提示し、渡辺へと投了を促す。

 しかし、ここで、渡辺は、Jabsへとカードを見せてもらえるように要求する。そしてテキストを確認すると、《風をまとう突撃/Windborne Charge》は2体の対象がいないとダメだと渡辺は指摘する。

 渡辺は《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》を盤面にさらに追加。なかなか2体目のクリーチャーを引けないJabsは《刃牙の猪/Bladetusk Boar》の攻撃を受け続ける。

 土地を並べ続けたJabsが、ついに2体目のクリーチャーである《コーの奉納者/Kor Sanctifiers》をキャスト、そして《風をまとう突撃/Windborne Charge》を満を持してキャストする。

 だが、渡辺はここに間に合う形で《噴出の稲妻/Burst Lightning》をドローしていたのだ。

 もはや、この最終奥義が空振りに終わったJabsに、渡辺の猛攻をとどめる術は無かった。

渡辺 2-1 Jabs

 奇跡のような逆転勝利。この逆転劇は、2006年日本選手権決勝での森 勝洋の逆転劇に匹敵するぐらいの、少なくとも、The Finals2006決勝で、渡辺に森が逆転した時のゲームに匹敵するぐらいのゲームであったように思われた。2006年から2009年の間には、3年もの時間があったのだ。

 ゲームが終了した時に、観戦していた日本人プレイヤーたちは口々にこういった。

 さすが、渡辺だ、と。

前の記事: 2nd Draft:Drafting with Watanabe Yuya | 次の記事: Round 12: Brandon Scheel(アメリカ) vs. 中野 圭貴(大阪)
イベントカバレージ/世界選手権09 一覧に戻る

イベントカバレージ