マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

日本勢のエクステンデッドデッキ選択

日本勢のエクステンデッドデッキ選択

By Daisuke Kawasaki

 いよいよ世界選手権予選ラウンドの最終日。

 本日のレギュレーションはエクステンデッド。

 日本勢の使用するデックをみてみよう。

氏名 Standard Deck Designer 初日点数 Result Result Extended Deck Designer 合計点数
三原槙仁 ジャンド 三原槙仁 15 3 9 《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》 三原槙仁 27
北山雅也 ジャンド
12 6 9 フェアリー 高橋優太 27
石村信太朗 白単タッチ青 石村信太朗 15 6 6 バーン 彌永淳也・齋藤友晴 27
齋藤友晴 ジャンド 齋藤友晴 18 6 3 Zoo 齋藤友晴 27
八十岡翔太 ジャンド 八十岡翔太 15 9 3 ヤソコン 八十岡翔太 27
坂井秀兆 ジャンド 逢坂有祐 15 3 6 Zoo 齋藤友晴 24
行弘賢 バント 行弘賢 12 6 6 《超起源》 行弘賢 24
清水直樹 青緑エルドラージ 清水直樹 9 9 6 イオグランデ 清水直樹 24
高橋優太 エスパー 高橋優太 12 0 9 フェアリー 高橋優太 21
渡辺雄也 ジャンド 三田村和弥 9 3 9 発掘 渡辺雄也 21
梅咲直瑛 白ジャンド 梅咲直瑛 6 6 9 Zoo 齋藤友晴 21
中野圭貴 ジャンド 中野圭貴 9 6 6 Zoo 齋藤友晴 21
浅原晃 緑単エルドラージ 佐々木直人 9 6 6 カラクリ 佐々木直人 21
池田剛 緑白黒エルドラージ 藤田修+津村健志 6 9 6 Zoo 池田剛 21
塩田有真 ジャンド 渡辺雄也 12 6 3 《超起源》 中山貴嗣 21
小室修 ジャンド 大澤拓也 12 6 3 Zoo 齋藤友晴 21
藤田修 緑白黒エルドラージ 藤田修+津村健志 9 9 3 Zoo 齋藤友晴 21
坂口尚紀 《紅蓮術士の昇天》 坂口尚紀 12 0 6 発掘 植田勝也 18
中山貴嗣 バント 中山貴嗣 6 6 6 《超起源》 中山貴嗣 18
三田村和弥 ジャンド 三田村和弥 12 3 3 《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》 三原槙仁 18
中村肇 ジャンド ネットデック 12 3 3 Zoo 中村修平 18
中村修平 ジャンド 渡辺雄也 9 6 3 発掘 渡辺雄也 18
栗原伸豪 《紅蓮術士の昇天》 栗原伸豪 6 9 3 Drop
18
彌永淳也 エスパー
9 3 3 バーン 彌永淳也・齋藤友晴 15
中島主税 緑白黒エルドラージ 藤田修+津村健志 6 6 3 白黒《空の遺跡、エメリア》 湯浅謙太郎 15
白石知巳 バント 白石知巳 6 6 3 《集団意識》 白石知巳 15
植田勝也 ジャンド 岩崎祐輔 12 3 0 発掘 岩崎裕輔 15
谷口雄亮 バント ヤス 6 0 6 Zoo Brian Kiber(Copy) 12
大塚高太郎 《紅蓮術士の昇天》 栗原伸豪 6 0 6 Drop
12
山本明聖 ジャンド 山本明聖 9 3 0 発掘 渡辺雄也 12

 一目見て気がつくのが、『齋藤 友晴』というクレジットの多さだ。

 もはやデッキビルダー『齋藤 友晴』はトップブランドであり、日本勢も20%にあたる6名が齋藤作のZooを使用している。また、海外勢でも2名ほど使用プレイヤーがいる様子だ。

 また、『渡辺 雄也』による発掘も代表チームのチームメイトである中村 修平と山本 明聖にシェアされている。渡辺ブランドに拘らなければ、発掘もZooに負けない人気を誇っている。ちなみに、清水のデックの部分には「イオグランデ」と書かれているが、PTオースティントップ8入賞時とおなじく、発掘デックである。

 レベルアップに向けて負けられない戦いを強いられる三田村 和弥は、日本人首位の三原 槙仁からシェアされた《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》デックを使用。他にも、石村・彌永のバーン、北山・高橋のフェアリー、のように、ペアでシェアされている例は数組ある。

 また、「カラクリ」浅原 晃・「ヤソコン」八十岡 翔太のようにデック名だけでは予想がつかないものをはじめ、比較的バラエティーに富んだ選択がされている印象があるのが、今回のエクステンデッドだ。

 これらのデックについては、時間の許す限り、エクステンデッドデックテックとしてお伝えしていきたい。

 なお、惜しくも三日目を迎える前にドロップすることとなってしまった栗原 伸豪と大塚 高太郎はというと...

栗原 「僕と言えば、ツーヘッドに決まってるじゃないですか」

 というわけで、サイドイベントのツーヘッドジャイアントに参加する予定のようだ。

 こちらも続報があればお伝えしていきたい。

前の記事: 日本勢二日目総括 | 次の記事: 日本代表チームの足跡:三日目
イベントカバレージ/世界選手権09 一覧に戻る

イベントカバレージ