マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 13:坂井 秀兆(北海道) vs. Mango Gennaro(イタリア)

Round 13:坂井 秀兆(北海道) vs. Mango Gennaro(イタリア)

By Daisuke Kawasaki

 3敗ラインから一歩遅れる4敗ラインながら、トップ8の可能性を残す日本人のうちのひとりが地元イタリアのMango Gennaroとのマッチアップでアリーナへと招集された。

 坂井 秀兆(北海道)だ。

jpg

 スタンダードでは逢坂 有祐(北海道)の構築するデックを使用していた坂井だが、エクステンデッドでは、齋藤 友晴からシェアされたZooを使用している。このアーキタイプは本日日本勢最大人数を誇るアーキタイプである。

 一方のMangoの使用するデックはPTオースティンで一世を風靡した「DD」こと《暗黒の深部/Dark Depths》のデックである。

 《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》の能力で《暗黒の深部/Dark Depths》のカウンターを一気に取り除き、破壊されない20/20トークンをだすコンボデック。

 スピードと対応力に定評があり、海外勢に人気の高いアーキタイプだが、対応型のZooを作らせれば世界でもトップランクの齋藤 友晴が調整したZooだけに、人気のアーキタイプへの対応力がおろそかになっているとは考えがたい。

Game 1

jpg

 先手のMangoが、1ターン目に土地をセットし、2ターン目に《金属モックス/Chrome Mox》からの《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》キャスト、そして《暗黒の深部/Dark Depths》セットと、コンボを2ターン目にして完成させてしまう。

 だが、1ターン目に《貴族の教主/Noble Hierarch》をキャストしていた坂井は、まず、《稲妻/Lightning Bolt》を《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》に打ち込んで、強制的に能力を使わせた上で、《暗黒の深部/Dark Depths》から生み出されるマリッドレイジトークンへと《流刑への道/Path to Exile》を打ち込む。

 だが、ここで完璧な対応を見せ、《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》をキャストする坂井。

 だが、Margoは《交錯の混乱/Muddle the Mixture》の変成で《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》がサーチし、第2波を。

 今度はMangoにも、マナが十分にある。まずは《虚空の杯/Chalice of the Void》をX=1でキャストし、《流刑への道/Path to Exile》を封じ、そして、《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》をキャストし、《暗黒の深部/Dark Depths》をセットする。

 除去としての対応策は封じられてしまった形の坂井。《悪斬の天使/Baneslayer Angel》をキャストする。これで20/20トークンをチャンプブロックし、同時にライフを得ることで、2ターンの時間を稼ぎだす。

 そして、《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》をキャストし、《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》へと装備、フェッチランドの起動もあわせて7/7となった《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》でアタックする。

 2ターンのクロックであるMargoに対して、3ターンのクロックである坂井。見た目ではまったく間に合っていない悪あがきにしか見えない。

 だが、稼いだ時間は坂井に幸運をもたらす。

 ギリギリのターンで、坂井がトップデックしたのは、《バントの魔除け/Bant Charm》。

坂井 1-0 Margo

Game 2

jpg

 後手の坂井だったが、1ターン目に《野生のナカティル/Wild Nacatl》をキャストし、2ターン目から3/3でビートダウンスタートという立ち上がり。

 一方のMargo。2ターン目にX=1で《虚空の杯/Chalice of the Void》をキャストし、1枚目の《野生のナカティル/Wild Nacatl》こそ打ち損じたものの、後続を断ち、さらにコンボの安全性を高める。手札には複数の《交錯の混乱/Muddle the Mixture》と《女王への懇願/Beseech the Queen》とコンボをサーチするパーツが十分にある。

 だが、しかし、Margoがキャストした《女王への懇願/Beseech the Queen》が、坂井の必殺サイドボードカードである《否認/Negate》に打ち消されてしまう。

 これで、手札に《暗黒の深部/Dark Depths》を持ち込む手段が無くなったMargoはなんとか自力で《暗黒の深部/Dark Depths》を引き込まなければならない。

 坂井は後続として《タルモゴイフ/Tarmogoyf》をキャスト。《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》を経由してなんとか《滅び/Damnation》へとたどり着き、一掃したMargoだったが、坂井は2枚目の《タルモゴイフ/Tarmogoyf》をキャストする。

 Margoの残りライフは3で《タルモゴイフ/Tarmogoyf》のパワーはMargoを打ち倒すには十分だ。Margoはチャンプブロッカーとして《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》をキャストする。

 こうして悪あがきで稼いだ1ターン。今度も稼いだ時間は幸運をもたらす。

 Margoのトップデックは回答となる《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》!

 だが、坂井の手札にもこの回答となる《否認/Negate》が握られていた。

 Margoはこれを《交錯の混乱/Muddle the Mixture》でカウンターすることはできるのだが、そうすると、起動用のマナが無くなってしまうのだった。

坂井 2-0 Margo

前の記事: 日本代表チームの足跡:三日目 | 次の記事: Round 13:三原 槙仁(千葉) vs. 八十岡 翔太(東京)
イベントカバレージ/世界選手権09 一覧に戻る

イベントカバレージ