マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝:長い道のり - William Cavaglieri (白単トークン) vs. Bram Snepvangers (ボロス奇襲隊)

準々決勝:長い道のり - William Cavaglieri (白単トークン) vs. Bram Snepvangers (ボロス奇襲隊)

Tim Willoughby (訳: YONEMURA "Pao" Kaoru)


:ウィリアム・キャバグリエリ(白単トークン) vs ブラム・スネップヴァンガース(ボロス奇襲隊)

 2009年世界選手権ローマ大会のトップ8に座り、過去3回プロツアーのトップ8に入賞したことがあるブラム・スネップヴァンガースはプロツアーのトップ8に帰ってきたことを実感していた。一番最近の入賞は2006年の神戸で、ブラムは殿堂の議題に何度も上っていた。同じオランダ人のフランク・カーステンやカミエル・コーネリセンとともに今年殿堂入りすることは叶わなかったが、世界選手権で優勝することは、彼の輝かしいプロツアー・キャリアに、プロツアー・サンデーに伝説の男カイ・ブッディを下した、という以外にもさらなる輝点を加えることになる。
 ブラムの対角に座るウィリアム・キャバグリエリが使うデッキは、土曜日に聞いたところによれば、赤白デッキをメタったものだという。まさにブラムが使っているデッキが的になっているのだ。白単トークン・デッキはキャバグリエリ自身の手によるもので、イタリア選手権を制した《魂魄流/Torrent of Souls》[SHM]トークン・デッキ、ハノーバーで好成績を収めたジャンド・トークン・デッキに次ぐトークン・デッキの最新作だ。

Game 1

ウィリアム・キャバグリエリはイタリアが自国。
ブラム・スネップヴァンガースはプロツアーが自陣。

 先手のキャバグリエリは、《平地》が1枚しかない状態でスタート。ブラムの方は第1ターンから《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]を呼び出していく。キャバグリエリの《白騎士/White Knight》[M10]では《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]を止めきれず、第2ターンには《乾燥台地/Arid Mesa》[ZEN]を使って4点のダメージを刻み込む。
 《魂の管理人/Soul Warden》[M10]と《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》[ALA]がキャバグリエリの援軍に駆けつけ、ライフを回復させながら先制攻撃の壁を作り上げる。《白騎士/White Knight》[M10]が飛び込んで、ライフはそれぞれ17点になった。
 ブラムは2点の攻撃の後、《コーの空漁師/Kor Skyfisher》[ZEN]で《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]を戻したが、キャバグリエリのライフはまったく変動しない。クリーチャーが2体出て来ているので、《魂の管理人/Soul Warden》[M10]が回復させてしまうのだ。キャバグリエリは《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]を唱えてターンを返し、ブラムが《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]を使って《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]2体を探してくるのを見ていた。先制攻撃クリーチャーによる壁を越えるには、《コーの空漁師/Kor Skyfisher》[ZEN]による空爆しかない。
 キャバグリエリの《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]は安定に2点削っていく。ブラムは少し考え、直前に探してきたカードを両方とも唱え、そして土地をプレイして猫の群れを強化すると、《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》[ZEN]をキッカーつきで唱えた。《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]以外の全クリーチャーをレッドゾーンに送り込む。《魂の管理人/Soul Warden》[M10]で回復しているとはいえキャバグリエリのライフは20点、14点のダメージはあまりに大きい。キャバグリエリは《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]1体を騎士2体でブロックし、《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》[ZEN]と《魂の管理人/Soul Warden》[M10]を相討ちにして9点のダメージを受ける。残りは11点。
 ブラムに初日スタンダードを6-0で駆け抜けさせた超アグロな赤白上陸ウィニーを相手にした多くのデッキがそうだったように、キャバグリエリは押し込まれていた。
 ブラムは2体目の《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]を唱え、「俺にも1枚くれよ!」と笑いながら言うキャバグリエリに対し、《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]と《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》[ZEN]を探してきた。
 ブラムのターンの終わりに、キャバグリエリは《ガーゴイルの城/Gargoyle Castle》[M10]からガーゴイル・トークンを解き放つ。彼のターン、2体目の《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》[ALA]を呼び出すも、土地を生け贄にしていたにも関わらず、その能力を使うには至らなかった。
 「よしよし」キャバグリエリはブラムの出した《湿地の干潟/Marsh Flats》[ZEN]を見て考えた。オランダのプレイヤーは素早く《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]3体をレッドゾーンに送り込む。
 キャバグリエリが《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]を3体の騎士で、ガーゴイル・トークンと《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]でもう1体をブロックすると、2人ともがフェッチ土地を割って《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]を強化していく。この戦闘で勝利したのはブラムのほうだった。3体でブロックしていたところに《稲妻/Lightning Bolt》[M10]をたたき込んで均衡を崩すと、残された2体の騎士は巨大猫の餌食になってしまった。

 この戦闘を終えて残りライフ5点となったキャバグリエリは自分のターンに有効打を放てず、次のターンにブラムがさらなる《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》[ZEN]をキッカーで唱えたのを見てカードを片付けた。

スネップヴァンガース 1 - 0 キャバグリエリ

Game 2

 第2ゲーム、キャバグリエリはスネップヴァンガースの攻撃的デッキ相手にいいスタートを切った。第1ターンに《魂の管理人/Soul Warden》[M10]、ブラムは《先兵の精鋭/Elite Vanguard》[M10]。第2ターン、さらに2体の《魂の管理人/Soul Warden》[M10]を追加。ブラムが攻撃できるようになる前に、キャバグリエリのライフは既に24点となっていた。
 ブラムは攻撃してキャバグリエリのライフを削り、《噴出の稲妻/Burst Lightning》[ZEN]で《魂の管理人/Soul Warden》[M10]の1体を除去する。しかしキャバグリエリが攻撃してから《白騎士/White Knight》[M10]を出すと、彼のライフは再び20点を超えていた。
 ブラムはライフを支払って《湿地の干潟/Marsh Flats》[ZEN]を起動して《平地》を出し、《忘却の輪/Oblivion Ring》[ALA]で《魂の管理人/Soul Warden》[M10]を減らしていく。キャバグリエリは《白騎士/White Knight》[M10]で攻撃し、ブラムのライフを15点に削ると3マナ立てた状態で、土地を出さずにターンを返す。ブロック・クリーチャー不足の隙を突いて《ぐらつく峰/Teetering Peaks》[ZEN]で強化された《先兵の精鋭/Elite Vanguard》[M10]が攻撃し、キャバグリエリに4点のダメージを与える。《コーの空漁師/Kor Skyfisher》[ZEN]で《ぐらつく峰/Teetering Peaks》[ZEN]を手札に戻し、次のターンにも同じようにダメージを与えようという意志を見せた。

キャバグリエリはイタリア風ゲーム中。

 ブラムが恐れた《魂の管理人/Soul Warden》[M10]、キャバグリエリは《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]でその最後の1体を連れ出してくる。キャバグリエリのサイドボードを理解できなかったブラムだが、ここでその実体を理解した。《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]が出てこず、出てきたクリーチャーは1体だけ。

「6枚欲しいよ!」というキャバグリエリに、「ああ、俺もあるカードが6枚欲しいね」と返すスネップヴァンガース。
「でも俺のは1/1だぜ?」「俺のほうが小さい。0/1だからね」

 ブラムはこのターン、《ぐらつく峰/Teetering Peaks》[ZEN]を使わずに《沸騰する小湖/Scalding Tarn》[ZEN]を使って《山》を探してくる。これで彼も《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]が使えるようになる。キャバグリエリがデッキから1マナクリーチャーを充分には出して来れなかったのと同じ状況だが、ブラムのほうは《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]を2枚公開して見せた。
 キャバグリエリは次のターン、《魂の管理人/Soul Warden》[M10]を出して合計2体にすると、《未達への旅/Journey to Nowhere》[ZEN]で《コーの空漁師/Kor Skyfisher》[ZEN]を片付ける。4体で攻撃して、ライフを21点から14点に一気に削った。ブラムは《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]2体、さらに《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》[ZEN]をキッカーつきでプレイ。キャバグリエリのライフは27点になり、攻撃を強化できる《ぐらつく峰/Teetering Peaks》[ZEN]の存在も明らかになっている。イタリアのキャバグリエリは10点受け、《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]と《先兵の精鋭/Elite Vanguard》[M10]を《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]と《白騎士/White Knight》[M10]でブロックして除去し、先制攻撃の強烈さを見せつけた。
 ブラムの部隊がタップアウトしたところで、キャバグリエリの《魂の管理人/Soul Warden》[M10]が攻撃する。スネップヴァンガースのライフは残り12点となるが、ここでスネップヴァンガースは見事な反撃を見せる。《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》[ALA]の力で《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]が3/4飛行クリーチャーとなり、《ぐらつく峰/Teetering Peaks》[ZEN]で7/6に。この一撃でライフ総量はブラム有利に傾いた。
 キャバグリエリは《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》[ALA]に攻撃してカウンターを1個にまで減らし、2体目の《白騎士/White Knight》[M10]を呼び出す。しかしブラムは、《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]を唱えて《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]と《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》[ZEN]を持ち出し、フェッチ土地を使って両方をプレイするマナを確保した。

 戦場に大量のクリーチャーが出たことで残りライフが18点まで増えているキャバグリエリが「終わった?」と聞いた。
 ブラムは《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]に《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》[ALA]で飛行を与え、攻撃する。キャバグリエリの必死の防衛も虚しく、ダメージは合計19点。第2ゲームは終了し、第3ゲームに向かうことに。

スネップヴァンガース 2 - 0 キャバグリエリ

「はぁ。これから3連勝かよ」と言うキャバグリエリ。
 キャバグリエリは前のゲームで《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》[ALA]への攻撃をしたのが正解だったかどうか考えていたが、2人は《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》[ALA]は攻撃して正解だったと同意した。強力なプレインズウォーカーは可能なら潰しておくに限る。

Game 3

 どちらのプレイヤーも初手はなしで、第2ターンにキャバグリエリが唱えたのは《清浄の名誉/Honor of the Pure》[M10]、とはいえクリーチャーはいない。ブラムが《板金鎧の土百足/Plated Geopede》[ZEN]を出すと、キャバグリエリはすぐに反応を見せた。
「持ってたのか? 隠れてるもんだと思ってた」

 キャバグリエリはもう一枚《清浄の名誉/Honor of the Pure》[M10]を張り、ブラムのターンに3点のダメージを与える。キャバグリエリは次のプレイで、回復できる準備をする。《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]から《魂の管理人/Soul Warden》[M10]2枚を探してきたのだ。エンチャントのおかげで5/4になっている《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]なら、ブラムが土地で強化できない状態の《板金鎧の土百足/Plated Geopede》[ZEN]を追い払うには充分だ。
 キャバグリエリが《魂の管理人/Soul Warden》[M10]を唱え、さらにもう1体の《魂の管理人/Soul Warden》[M10]を唱えると、その2枚目に対応してブラムは《稲妻/Lightning Bolt》[M10]で1体目を焼こうとする。しかしそれに対応してキャバグリエリは《精霊への挑戦/Brave the Elements》[ZEN]を唱えた。その後、《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]で5点の攻撃を仕掛けたところにブラムから《流刑への道/Path to Exile》[CON]が飛んだ。
 ブラムは土地を引けず、《板金鎧の土百足/Plated Geopede》[ZEN]はその真価を発揮できない。やがて、キャバグリエリは《征服者の誓約/Conqueror's Pledge》[ZEN]を唱えるだけの土地を揃えていた。

「もしこいつに勝てたら、お前のことを誇りに思うぜ」
「ああ、確かに難しそうだ」と応えながら、ブラムは《流刑への道/Path to Exile》[CON]を《魂の管理人/Soul Warden》[M10]に打つ。《清浄の名誉/Honor of the Pure》[M10]が2枚出ている状況では、兵士トークンの総攻撃でゲームが終わってしまう。
 次のターン。「いいデッキじゃないかもしれないが、イカしてるだろ?」といいながら、キャバグリエリは総攻撃をかける。
 ブラムは賢者のように頷き、カードを片付けるのだった。

スネップヴァンガース 2 - 1 キャバグリエリ

Game 4

 次のゲームはブラムの最速で始まった。第1ターンに《ゴブリンの先達/Goblin Guide》[ZEN]が登場し、キャバグリエリを攻撃するも、キャバグリエリは土地をめくることができなかった。キャバグリエリは自分のターンに《魂の管理人/Soul Warden》[M10]を呼んだが、次の《魂の管理人/Soul Warden》[M10]が出てくる前にブロックに参加せざるを得なくなってしまう。

着々と積み上げるスネップヴァンガース

 《ゴブリンの先達/Goblin Guide》[ZEN]のおかげでスネップヴァンガースも知っていたとおり、キャバグリエリは《流刑への道/Path to Exile》[CON]を持っていた。《ゴブリンの先達/Goblin Guide》[ZEN]が攻撃してキャバグリエリに《湿地の干潟/Marsh Flats》[ZEN]を与えると、《流刑への道/Path to Exile》[CON]でその《ゴブリンの先達/Goblin Guide》[ZEN]を除去する。
 スネップヴァンガースはゆっくりと次の手を準備していくが、《魂の管理人/Soul Warden》[M10]のクロックが彼を苦しめる。その一方でキャバグリエリは《白騎士/White Knight》[M10]で防御も万全だ。ライフは17対19でキャバグリエリが優勢になっていた。
 ブラムは《湿地の干潟/Marsh Flats》[ZEN]で《平地》を出して土地5枚を揃え、《悪斬の天使/Baneslayer Angel》[M10]を呼び出す。キャバグリエリは《魂の管理人/Soul Warden》[M10]で2点回復し、2発目の《流刑への道/Path to Exile》[CON]を見せる。彼のターンに《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]を呼び、残り2体の《魂の管理人/Soul Warden》[M10]を呼び込んだ。
 2枚目の《悪斬の天使/Baneslayer Angel》[M10]がブラムのライブラリーの一番上に現れ、彼は嬉しそうにそれを戦場に送り込む。だが、キャバグリエリにはそれ以上の速度でライフを得る方法がある。《魂の管理人/Soul Warden》[M10]4体を揃え、そして《白騎士/White Knight》[M10]を唱えるとライフは33点にふくれあがった。
「攻撃するならどうぞ」冗談めかして言うキャバグリエリに、スネップヴァンガースはにっこり笑う。彼のライフは残り12点、攻撃することでレースを始めるしかない。
 ブラムは攻撃し、ライフは17対27でキャバグリエリの有利。さらに出てくるのは《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]から《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]2体。これらが戦場に出たことで、キャバグリエリのライフは再び39点に回復した!
 キャバグリエリのターン、《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]同士が相討ちになった後でキャバグリエリは《征服者の誓約/Conqueror's Pledge》[ZEN]を唱える。この6体のトークンのおかげでライフは24点回復し、合計63点。
「遠い道のりだぜ?」
 《悪斬の天使/Baneslayer Angel》[M10]が飛び、ライフは22対58に。しかしブラムに援軍は来ない。
 キャバグリエリが《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]を唱え、ブラムは《稲妻/Lightning Bolt》[M10]を《魂の管理人/Soul Warden》[M10]に。キャバグリエリは《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]2体を探してきて、スネップヴァンガースはそれに腹を立てたようだった。前のゲームでサイドアウトしたカードじゃないか、と。キャバグリエリは攻撃するかどうか考え、このターンは見送った。
 《悪斬の天使/Baneslayer Angel》[M10]が少しずつキャバグリエリのライフを削るものの、《魂の管理人/Soul Warden》[M10]の生み出すライフの前にはあまりに少ない。《沸騰する小湖/Scalding Tarn》[ZEN]のサポートを受けた《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]2体が一度は攻撃を防いだが、二度は上手く行かない。コー・兵士トークン2体を犠牲にして、キャバグリエリの攻撃でスネップヴァンガースのライフは残り17点になった。
 ブラムは《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》[ALA]を唱え、兵士を作り上げる。
「これを殺すのはまだ簡単だよ」キャバグリエリははっきりとそう言い、《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》[ALA]を唱えて《平地》を引っ張ってくる。さらに2枚目を唱えてから攻撃について考えを巡らせた。そして、この騎士と《魂の管理人/Soul Warden》[M10]を除く全クリーチャーで《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》[ALA]に攻撃を仕掛ける。
 今度はブラムが考える番だった。やがて、彼はブロックを諦め、《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》[ALA]を見殺しにする。キャバグリエリは《ガーゴイルの城/Gargoyle Castle》[M10]からガーゴイルを呼び出してターンを返そうとしたが、キッカーつきの《噴出の稲妻/Burst Lightning》[ZEN]がそのガーゴイルを焼き落とした。
 キャバグリエリの次の技は《清浄の名誉/Honor of the Pure》[M10]だった。ブラムが《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]でブロックするためにフェッチ土地を使うなら、攻撃クリーチャーを強化すればいい。《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》[ALA]1体は《流刑への道/Path to Exile》[CON]の餌食になったが、それでもブラムを殴り倒して残り16点となった。
 ブラムが《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》[ALA]を出し、《悪斬の天使/Baneslayer Angel》[M10]と《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]2体と肩を並べる。持ってきたのは《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]2枚。防御は充分に硬くなり、次の《悪斬の天使/Baneslayer Angel》[M10]の攻撃で残りライフは21点に回復した。
 キャバグリエリはまったく意に関しない様子だった。土地がないにも関わらず、全軍突撃を仕掛ける。
「手札は......1枚?」「ああ。でもすごいぜ」キャバグリエリの問いにブラムが答える。
 キャバグリエリが《精霊への挑戦/Brave the Elements》[ZEN]を使い、ブラムのブロックはキャバグリエリのクリーチャーを除去することができない。ブラムの残りライフは12点。この《精霊への挑戦/Brave the Elements》[ZEN]がブロック宣言前ならゲーム終了への近道だったが、彼はより安全な道を選び、ブラムの速度を落として確実に勝てるようにしたのだった。
 スネップヴァンガースは《悪斬の天使/Baneslayer Angel》[M10]を残して絶望的な攻撃を仕掛ける。キャバグリエリのライフはこれでわずか59点となる。キャバグリエリはカードを引き、安堵のため息をついた。《悪斬の天使/Baneslayer Angel》[M10]に対処できる、《未達への旅/Journey to Nowhere》[ZEN]が来てくれたのだ。未達ではなく勝利への旅が、急に近いものになる。大勢の兵士たちに守られて、ただ生き残るだけでなく相手を揉み潰す準備ができあがっていた。
 ブラムはカードをまとめ、第5ゲームの準備を始めた。

スネップヴァンガース 2 - 2 キャバグリエリ

Game 5

手札を見せるキャバグリエリ

 最後の勝負に、ブラムはスタンダードでもっとも攻撃的なデッキでの先手となる。マリガンをしたキャバグリエリは、ブラムの最初のターンに出てきた《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]ににらみ付けられることになる。第1ターンに何も出さなかったキャバグリエリは、《ぐらつく峰/Teetering Peaks》[ZEN]の力を借りた《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]から4点のダメージを受けた。
 《清浄の名誉/Honor of the Pure》[M10]があるのでキャバグリエリが出したクリーチャーは強化されるのだが、前のゲームでも、彼は《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]に酷く殴られていた。フェッチ土地で攻撃がまたも強化される。今回は、キッカーつきの《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》[ZEN]が登場して7点のダメージになった。キャバグリエリが最初のクリーチャー《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》[ALA]を出し、《平地》を探してきた時には、既に残りライフは9点になっていた。
 ブラムは先制攻撃つきの騎士を注意深く監視しながら、《沸騰する小湖/Scalding Tarn》[ZEN]をプレイし、《山》を探してくる。これで彼の《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]は4/5となり、《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》[ALA]を警戒する必要はなくなった。《コーの空漁師/Kor Skyfisher》[ZEN]で《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》[ZEN]を戻し、再びキッカーを払って《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》[ZEN]を唱える。
 窮地に追い込まれたキャバグリエリは、《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]をブロックし、《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》[ZEN]を《天界の粛清/Celestial Purge》[M10]で排除したものの、残りライフは6点。《忘却の輪/Oblivion Ring》[ALA]で《コーの空漁師/Kor Skyfisher》[ZEN]を片付けたが、フェッチ土地で強化された《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》[ZEN]が4点のダメージを与えてくる。
 ブラムは火力呪文満載の手札を公開し、それでゲームは終わりを告げた。

 ブラム・スネップヴァンガースがウィリアム・キャバグリエリを3-2で破り、準決勝進出!

William Cavaglieri - Mono-white Tokens
2009 World Championships, Standard
4 《乾燥台地/Arid Mesa》
2 《ガーゴイルの城/Gargoyle Castle》
4 《湿地の干潟/Marsh Flats》
14 《平地/Plains》

-土地(24)-


2 《エメリアの天使/Emeria Angel》
4 《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
4 《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》
2 《魂の管理人/Soul Warden》
4 《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》
2 《白騎士/White Knight》

-クリーチャー(18)-
2 《精霊への挑戦/Brave the Elements》
4 《征服者の誓約/Conqueror's Pledge》
4 《清浄の名誉/Honor of the Pure》
1 《軍部政変/Martial Coup》
3 《忘却の輪/Oblivion Ring》
4 《流刑への道/Path to Exile》

-呪文(18)-
1 《精霊への挑戦/Brave the Elements》
2 《天界の粛清/Celestial Purge》
4 《真心の光を放つ者/Devout Lightcaster》
2 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
1 《未達への旅/Journey to Nowhere》
3 《光輝王の昇天/Luminarch Ascension》
2 《魂の管理人/Soul Warden》

-サイドボード(15)-
Bram Snepvangers - Boros Bushwhacker
2009 World Championships, Standard
4 《乾燥台地/Arid Mesa》
4 《湿地の干潟/Marsh Flats》
4 《山/Mountain》
6 《平地/Plains》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《ぐらつく峰/Teetering Peaks》

-土地(24)-


3 《先兵の精鋭/Elite Vanguard》
2 《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》
4 《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
3 《コーの空漁師/Kor Skyfisher》
4 《板金鎧の土百足/Plated Geopede》
4 《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》
4 《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》

-クリーチャー(24)-
2 《噴出の稲妻/Burst Lightning》
2 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《流刑への道/Path to Exile》

-呪文(12)-
2 《悪斬の天使/Baneslayer Angel》
1 《噴出の稲妻/Burst Lightning》
1 《天界の粛清/Celestial Purge》
1 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
3 《危害のあり方/Harm's Way》
2 《未達への旅/Journey to Nowhere》
3 《魔力のとげ/Manabarbs》
2 《忘却の輪/Oblivion Ring》

-サイドボード(15)-

前の記事: Extended Dechtech:齋藤 友晴:Hyper Zoo | 次の記事: 決勝戦:Andre Coimbra(ポルトガル) vs. David Reitbauer(オーストリア)
イベントカバレージ/世界選手権09 一覧に戻る

イベントカバレージ