マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

国別代表戦 Round 2:森 勝洋(東京) vs. Simon Gruenauer(オーストリア)

国別代表戦 Round 2:森 勝洋(東京) vs. Simon Gruenauer(オーストリア)

By Tomohiro Kaji

teamR2_Japan_Austria.jpg

 先ほどの試合に引き続き、日本代表の森のマッチをお送りしたい。
 現時点の国別対抗戦の順位は57カ国中、11位。是非ともこの団体戦の間に勝ち点を稼ぎたいところだ。

Game 1

 今日は一日、森の試合を追いかけてきたが、久しぶりの良い初手である《マナ漏出/Mana Leak(M11)》2枚、《予感/Foresee(M11)》、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle(ZEN)》に《霧深い雨林/Misty Rainforest(ZEN)》、《森/Forest(M11)》、《島/Island(M11)》をキープする。

 相手のSimonも、《反射池/Reflecting Pool(SHM)》や《鮮烈な湿地/Vivid Marsh(LRW)》という土地を並べるので、比較的ゆっくりしたゲームになると判断したのか、森は4マナの状態で《探検/Explore(WWK)》を唱え、ドローを進める。

 しかし、ここでマナを使った森へ《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique(MOR)》をキャスト。森はこれを《マナ漏出/Mana Leak(M11)》で対処し、逆に次ターン、《予感/Foresee(M11)》でライブラリーを掘り進もうとする。
 Simonも《マナ漏出/Mana Leak(M11)》応戦するが、森の2枚目の《マナ漏出/Mana Leak(M11)》で打ち消されてしまう。
 ここで占術した4枚から《虹色の前兆/Prismatic Omen(SHM)》を見つけた森は、Simonが《前兆の壁/Wall of Omens(ROE)》経由でカードを引いている間に《風景の変容/Scapeshift(MOR)》とのコンボを決めた。

森 1-0 Simon

Game 2

 ゲーム開始時に《神聖の力線/Leyline of Sanctity(M11)》を場に出すところからGame 2は始まった。

 森が《定業/Preordain(M11)》、《不屈の自然/Rampant Growth(M10)》と繋げると、Simonはその隙に《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique(MOR)》をキャストする。

 そこで公開されたカードには《風景の変容/Scapeshift(MOR)》や《マナ漏出/Mana Leak(M11)》などがあったが、確実に2対1を取る《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage(EVE)》も含まれていた為に、これを除外した。

 青緑ではパーマネントに触れにくい森は、ダメージクロックが3点の状態を我慢し、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle(ZEN)》の誘発圏の土地5枚目がある状態で《虹色の前兆/Prismatic Omen(SHM)》を唱えると、もちろんSimonも、土地を置くだけでクロックを処理されては困るので、《エスパーの魔除け/Esper Charm(ALA)》を使いこれを破壊した。

 クロックの減速が叶わないならばと、コンボの下準備に森は《謎めいた命令/Cryptic Command(LRW)》を《神聖の力線/Leyline of Sanctity(M11)》へキャストするが、Simonはこれも《否認/Negate(MOR)》する。再度引いた《虹色の前兆/Prismatic Omen(SHM)》も、2枚目の《エスパーの魔除け/Esper Charm(ALA)》で破壊されるが、《霧深い雨林/Misty Rainforest(ZEN)》のフェッチ起動を使って3/1飛行を仕留めることに成功した。

 もちろん、Simonもこれでは終わらず、残り9ライフの森に対して《天界の列柱/Celestial Colonnade(WWK)》でアタックを続ける。

 これで森のライフは5に減るものの、《予感/Foresee(M11)》から3枚目の《虹色の前兆/Prismatic Omen(SHM)》を見つけ出し、《霧深い雨林/Misty Rainforest(ZEN)》と《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle(ZEN)》2枚で再度アタックしてきた《天界の列柱/Celestial Colonnade(WWK)》を破壊した。

 これでクロックをさばききり、盤面をコントロールした森は、《大貂皮鹿/Great Sable Stag(M10)》2枚を一度にアタッカーとして用意し、さらに《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage(EVE)》を加えた。ここでSimonは投了となった。

森 2-0 Simon

前の記事: 国別代表戦 Round 1:田籠 渉(奈良) vs. Eivind Nitter(ノルウェー) | 次の記事: 国別代表戦 Round 2:池田 剛(福岡) vs. Christia Gawrilowicz(オーストリア)
イベントカバレージ/世界選手権10 一覧に戻る

イベントカバレージ