マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Standard Decktech:青緑赤:三田村 和弥(千葉)

Standard Decktech:青緑赤:三田村 和弥(千葉)

By Daisuke Kawasaki

 森の作り上げてきた青黒コントロールに続いて、日本ではあまり見ない青緑赤を持ち込んできた三田村に話を聞いてみよう。

 まずはデッキリストをご覧いただきたい。

印鑑コンパル2010
世界選手権2010 (スタンダード)
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4 《怒り狂う山峡/Raging Ravine》
3 《銅線の地溝/Copperline Gorge》
2 《ハリマーの深み/Halimar Depths》
5 《島/Island》
2 《山/Mountain》
3 《森/Forest》

-土地(27)-

4 《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》
3 《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》
3 《霜のタイタン/Frost Titan》
2 《業火のタイタン/Inferno Titan》

-クリーチャー(12)-
4 《探検/Explore》
4 《マナ漏出/Mana Leak》
1 《剥奪/Deprive》
4 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《定業/Preordain》
4 《稲妻/Lightning Bolt》

-呪文(21)-
2 《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》
3 《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
2 《否認/Negate》
4 《瞬間凍結/Flashfreeze》
3 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》

-サイドボード(15)-


 まずは、このデッキを使用した理由を聞いてみよう。

三田村 「っていうか、聞くんですか、理由を? こんなん一番僕らしいデッキじゃないですか。印鑑コンパル(《強迫的な研究/Compulsive Research》)ですよ」

 なるほど。言われてみて気がついた。確かに、三田村、いや千葉勢が愛してやまない、2マナ域でのマナ加速とドロー加速デッキの系譜のデッキなのだ。

三田村 「まぁ、僕はフェアリーみたいなタイプのデッキも好きだけど、世間的には、こういうデッキ好きそうなイメージあるでしょ?だから使った感じかな」

 このデッキでいえば、《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》《探検/Explore》が印鑑であり、《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》がコンパルだという。

三田村 「《霜のタイタン/Frost Titan》は《絶望の天使/Angel of Despair》だね」

 ちなみに、使用した理由は、千葉っぽいから、というだけでもないようだ。

三田村 「あと、このデッキの場合はポッター(Marijn Lybaert)が同意してきたからっていうのもあるんだけどね。といっても、ポッターの場合は《酸のスライム/Acidic Slime》や《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》なんかも入れて、土地破壊がメインになってるみたいだけどね」

 さて、せっかくのこのデッキ。実際の所、様々なデッキとの相性はどうなのだろうか。

三田村 「ヴァラクートは本当にきついね。どうやっても無理」

 早くも敗北宣言がでる三田村。

三田村 「といっても、このデッキはリストを見る限りは、どのデッキ相手にも弱そうに見えるけど、実際にはマナ加速からのブン周りで速攻タイタンだせば勝てちゃったりするんだよね。それがこのデッキのいいところなんだけど、ケンちゃん(津村 健志)はあんま好きじゃないみたいだね」

 なんで、津村の名前がここででてきたのか。

三田村 「なんかチェコのケンちゃん(Martin Juza)がポッターにいったのが伝わって来たんだよね、ケンちゃんが青緑赤嫌いだって。実際、mtg-jp.comの連載でも書いてたような気がするし。もしかしたらメタ的にきついって言いたいだけって話なんじゃないかな」

 まぁ、このあたりには来週あたりの津村の記事で反論してもらえれば面白いかもしれないというわけで、その他のデッキとの相性について聞いてみよう。

三田村 「青系との対決はマナ差で勝負することになるんだけど、マナ差がききやすい青白には勝ちやすい。でも(青黒は)マナ差を《強迫/Duress》で無かった事にされる上に手札が弱いときにばれて戦うのがきついんだよね」

 特にブン周りとそうじゃないときの差が出やすいのは青対決だが、ブン周りを阻害しやすいのが青黒ということなのだろうか。

三田村 「速攻相手には《業火のタイタン/Inferno Titan》をとっている分戦える。この辺のスペースはフリースペースで自由に構築できるけど、今回俺は《業火のタイタン/Inferno Titan》を採用したね」

 最後に、サイドボードの《漸増爆弾/Ratchet Bomb》と《紅蓮地獄/Pyroclasm》の枚数について。

三田村 「《漸増爆弾/Ratchet Bomb》なのは白罠(《屈折の罠/Refraction Trap》)対策だね。最近増えてるから。でも、1枚《紅蓮地獄/Pyroclasm》なのは、全く無いと思われると、相手に調子に乗った展開されるから。一応1枚はあるってみせておかないと」

 といっても、誰に見せるのか。

三田村 「トップ8になったらデッキリスト公開でしょ?」

 トップ8まで見据えた構築を持ち込んだ三田村。その成果は出すことができるのか。

前の記事: Standard Decktech:青黒コントロール:森 勝洋(東京) | 次の記事: Decklist: 併催 PTQパリ 『ミラディンの傷跡』ブースタードラフトTop8 
イベントカバレージ/世界選手権10 一覧に戻る

イベントカバレージ