マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 9:藤田 剛史(大阪) vs. Mat Marr(アメリカ)

Round 9:藤田 剛史(大阪) vs. Mat Marr(アメリカ)

By Daisuke Kawasaki

R9_Rolly.jpg

 ドラフト終了時には、「次のラウンドにはドロップしてるかもしれない」と語っていたものの、2連勝で、ポッド全勝対決へとコマを進めた「殿堂プレイヤー」藤田 剛史(大阪)。対するは、ほぼ対面でドラフトしていたMat Marr(アメリカ)だ。

 藤田のデッキは、青白の金属術と見せかけて相手のリソースを枯渇させた上で、《ソリトン/Soliton》《大石弓/Heavy Arbalest》コンボで相手のライフを一気に削りきる事を目標としたコンボデッキ。

 対するMarrは、赤緑の強力なカードと、《炉の式典/Furnace Celebration》のシステムを中心としたデッキ。《ソリトン/Soliton》《大石弓/Heavy Arbalest》の弱点とも言える《金屑化/Turn to Slag》を擁するデックだけに、そのカードがどう働くかが勝負の焦点となりそうだ。

Game 1

 先手の藤田がオールランドマリガン。

 そして、次の6枚では、ノーランドマリガンと不運なスタートの藤田。

 続く5枚には少し苦い顔をしつつも、大きく頷いてゲームがスタートする。

 互いに2ターン目に《銅のマイア/Copper Myr》を並べあう展開。藤田は3ターン目に《オーリオックの太陽追い/Auriok Sunchaser》を召喚するが残された手札はすでに2枚と金属術の達成に不安が残る展開。

 一方で、Marrは、さらに《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb》《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr》と展開し、横に並べる戦いを仕掛けていく。

 藤田は《調和者隊の盾/Accorder's Shield》を追加して《オーリオックの太陽追い/Auriok Sunchaser》に装備させるが、《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr》が邪魔で攻撃にいけない。返すMarrの《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr》の攻撃を通すが、Marrが追加した《ゴーレムの職工/Golem Artisan》を見て「......強い」と一言。

 Marrはさらに《転倒の磁石/Tumble Magnet》を設置し、そのうえで《地平線の呪文爆弾/Horizon Spellbomb》で白マナを確保してアドバンテージを稼ぎつつ軍勢をそろえていく。

 ここで藤田は《ソリトン/Soliton》をドロー。手札でくすぶっていた《ルーメングリッドのドレイク/Lumengrid Drake》の金属術の条件を満たしつつ、《大石弓/Heavy Arbalest》への期待を残す。

 続くターンに《大石弓/Heavy Arbalest》を引き当てた藤田だったが、1ターンの差でコンボ達成ならなかった。

藤田 「うーん、やっぱマリガンが効いたな......」

Marr 1-0 藤田

Game 2

R9_Marr.jpg

 Marrが1ターン目に《地平線の呪文爆弾/Horizon Spellbomb》、そして2ターン目に《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr》という展開。それに対して先手の藤田は2ターン目にキャストした《銀のマイア/Silver Myr》でアタックし、《ニューロックの模造品/Neurok Replica》を追加するという動きで対抗する。

 だが、Marrは《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》を置き、藤田の攻勢を緩めさせる。対して藤田は《銅のマイア/Copper Myr》を追加するのみ。こうして攻めにくくなった藤田に対してMarrは《エズーリの大部隊/Ezuri's Brigade》を召喚。すでに金属術を達成しているため、8/8トランプルという化け物に対処しなければいけなくなってしまう。

 藤田は《ソリトン/Soliton》をドロー。これを召喚し、コンボ完成に一縷の望みをかける。Marrは8/8でアタックした上で《ゴーレムの職工/Golem Artisan》をプレイする。

 早くも追い詰められた形の藤田。だが、ここで《大石弓/Heavy Arbalest》をトップデック。これを《ニューロックの模造品/Neurok Replica》の能力のマナを残しつつ設置してターンを終了する。

 Marrは、《エズーリの大部隊/Ezuri's Brigade》と《ゴーレムの職工/Golem Artisan》、そして《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr》で総攻撃を仕掛けるが、藤田は《ゴーレムの職工/Golem Artisan》を《ソリトン/Soliton》《銀のマイア/Silver Myr》《ニューロックの模造品/Neurok Replica》の3体でブロックする。

 ここでMarrは《ゴーレムの職工/Golem Artisan》を+1/+1して《ソリトン/Soliton》を除去しようと試みたのだが......藤田の手札には《魂の受け流し/Soul Parry》が。

 これで《エズーリの大部隊/Ezuri's Brigade》のダメージをしのぎつつ《ゴーレムの職工/Golem Artisan》を一方的に除去するというトリックプレイを見せ、続くターンについに《ソリトン/Soliton》《大石弓/Heavy Arbalest》の強力コンボを完成させる。

 この《大石弓/Heavy Arbalest》が火を吹くかに見えたが、Marrは《金屑化/Turn to Slag》を使用して、この《ソリトン/Soliton》コンボを阻止する。藤田はありったけの青マナで《エズーリの大部隊/Ezuri's Brigade》とMarr本体を狙撃。これによってライフレースは、藤田が4、Marrが14となる。

 そして、藤田の残り少ないライフを削りきるべく《連射のオーガ/Barrage Ogre》が登場。対抗して藤田は《ガルマの保護者/Ghalma's Warden》を召喚し、さらに2枚目の《大石弓/Heavy Arbalest》をプレイする。

 Marrは《試作品の扉/Prototype Portal》に《銅のマイア/Copper Myr》を刻印してプレイ。毎ターン2点を飛ばせる砲台を完成させる。藤田は《銅のマイア/Copper Myr》と《ニューロックの模造品/Neurok Replica》をプレイし、藤田のターンエンドに《試作品の扉/Prototype Portal》から出てきた《銅のマイア/Copper Myr》トークンが《連射のオーガ/Barrage Ogre》の餌食となったところで《ニューロックの模造品/Neurok Replica》の能力でこれを手札に返す。

 藤田はこれで何とか時間を稼ぎ、マナマイアとセットランドで稼いだマナで《大石弓/Heavy Arbalest》を付け替えて連打をすることで《連射のオーガ/Barrage Ogre》を破壊する。だが、この時点でライフはすでに2。

藤田 「ミスったなぁ......(本体狙うために《エズーリの大部隊/Ezuri's Brigade》のダメージを通すのではなくて)除去っておけばよかった......」

 だが、神は藤田を見捨てていなかった。Marrが有効なクロックを引き当てられず呪文爆弾でドローをすすめている間に、2枚目の《ソリトン/Soliton》へとアクセスしたのだ。

 《選別の高座/Culling Dais》を使いカードを大量にドローするMarr。そして《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》をトップデック。これで《大石弓/Heavy Arbalest》を破壊して、なんとか即死を防いだ。

 しかし、藤田の手札には《逆刺の戦具/Barbed Battlegear》。これが《オーリオックの太陽追い/Auriok Sunchaser》に装備され、攻撃が《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》を打ち破る。Marrは《飲み込む金屑ワーム/Engulfing Slagwurm》をプレイしつつ、2枚目の《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》をキャスト。藤田も《微光角の鹿/Glimmerpoint Stag》をドローし、《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》を一時的に追放。Marrのライフを7にする。

 《飲み込む金屑ワーム/Engulfing Slagwurm》の攻撃を《銅のマイア/Copper Myr》がチャンプブロックして、Marrのライフが8に回復。そして、藤田は《ルーメングリッドのドレイク/Lumengrid Drake》で《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》をバウンスしてMarrのライフを1にする。

 ここまでに《試作品の扉/Prototype Portal》が《銅のマイア/Copper Myr》トークンを生み出し続けていたため、1体でもブロッカーを除去されてしまうと、ライフを守りきれなくなってしまう藤田。逆に、このターンをしのげば、2体の飛行クリーチャーがMarrのライフを削りきる。

 互いが祈るMarrのドローは......《森/Forest》。二転三転するゲームを藤田が制した。

Marr 「This is Magic!」

藤田 「いやぁ、やっぱおもろいね、ドラフトは!」

Marr 1-1 藤田

Game 3

 Marrは2ターン目に《銅のマイア/Copper Myr》、そして3ターン目に《ゲスの玉座/Throne of Geth》をプレイする。対して、藤田も2ターン目に《オーリオックの太陽追い/Auriok Sunchaser》3ターン目に《ニューロックの模造品/Neurok Replica》という展開。

 だが、ここでMarrは《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》で《ニューロックの模造品/Neurok Replica》を破壊する。

 藤田は《闇滑りのドレイク/Darkslick Drake》《ガルマの保護者/Ghalma's Warden》とタフネスの高いクリーチャーを連打して《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》のダメージを防ぐのだが、後続を引き当てられない。対してMarrは《転倒の磁石/Tumble Magnet》を設置した上で《飲み込む金屑ワーム/Engulfing Slagwurm》を戦場に投入する。

 藤田は《銀のマイア/Silver Myr》と《大石弓/Heavy Arbalest》をプレイ。さらに残り6ライフになるまで《飲み込む金屑ワーム/Engulfing Slagwurm》のダメージを耐えたところで《分散/Disperse》で《飲み込む金屑ワーム/Engulfing Slagwurm》を手札に返す。だが、Marrは《炉の式典/Furnace Celebration》を盤面に投入している。

 Marrは藤田の《闇滑りのドレイク/Darkslick Drake》の攻撃を押しとどめるために《転倒の磁石/Tumble Magnet》のカウンターを消費しつつ《飲み込む金屑ワーム/Engulfing Slagwurm》を追加で投入する。

 藤田は《大石弓/Heavy Arbalest》を《銀のマイア/Silver Myr》に装備させるだけでターンを返す。Marrは藤田のターンエンドに、まず《ゲスの玉座/Throne of Geth》をサクリファイスして《転倒の磁石/Tumble Magnet》のカウンターを増やし、そして《闇滑りのドレイク/Darkslick Drake》をタップ。さらに、自身のターンに《銀のマイア/Silver Myr》へと《金屑化/Turn to Slag》をプレイするのだが、藤田はこれをカウンターする。

 Marrは、《選別の高座/Culling Dais》をプレイし《オキシダの屑鉄溶かし/Oxidda Scrapmelter》を生け贄にささげ、《炉の式典/Furnace Celebration》の能力で《銀のマイア/Silver Myr》を除去する。そして、《転倒の磁石/Tumble Magnet》の最後のカウンターを使い切り、《ガルマの保護者/Ghalma's Warden》をタップして、ブロッカーをすべて除去した上での《飲み込む金屑ワーム/Engulfing Slagwurm》でのアタック。

 藤田の手札は《魂の受け流し/Soul Parry》!

 これによってピンチを耐えきり、手札の《ルーメングリッドのドレイク/Lumengrid Drake》の金属術を達成するために必要なアーティファクトか《ソリトン/Soliton》を引けば逆転が可能になった藤田。

 だが、ここで土地を引き続けてしまうのも、マジック。

藤田 「まぁ、でも、今日で一番楽しいマッチだったよ!」

Marr 2-1 藤田

前の記事: Round 8:森 勝洋(東京) vs. 井川 良彦(東京) | 次の記事: Round 9:渡辺 雄也(神奈川) vs. Michal Hebky(チェコ)
イベントカバレージ/世界選手権10 一覧に戻る

イベントカバレージ